加藤陽子

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

加藤陽子(1960年10月)是一名日本歷史學家,東京大學教授,專攻日本近現代史。出身於埼玉縣大宮市,大學院期間曾經被伊藤隆指導,並且經常和福田和也舉辦對談的座談會。

簡歷[编辑]

著書[编辑]

單著[编辑]

  • 『模索する1930年代――日米関係と陸軍中堅層』山川出版社、1993年,新装版2012年
  • 『徴兵制と近代日本――1868-1945』吉川弘文館、1996年
  • 『戦争の日本近現代史――東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで』講談社現代新書、2002年
  • 『戦争の論理――日露戦争から太平洋戦争まで』勁草書房、2005年
  • 『戦争を読む』勁草書房、2007年
  • 『シリーズ日本近現代史(5)満州事変から日中戦争へ』岩波新書、2007年
  • 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』朝日出版社、2009年(第9回小林秀雄賞受賞),新潮文庫2016年 解説:橋本治 胡適日本切腹中国介錯論を紹介している。
  • NHK さかのぼり日本史(2)――昭和 とめられなかった戦争』NHK出版、2011年
  • 『天皇の歴史 08巻 昭和天皇と戦争の世紀』講談社、2011年
  • 『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』朝日出版社 2016年 

共著[编辑]

共編著[编辑]

譯書[编辑]