川島真

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

川島真(1968年4月20日)是一名日本歷史學者、政治學者,專門研究亞洲政治外交史。

先後畢業於筑波大學附屬駒場中學校・高等學校東京外国語大学外国語学部中国語学科,其後在東京大学大学院人文科学研究科(東洋史)修讀碩士,1997年同人文社会系研究科博士課程單位取得滿期退学。其後擔任日本學術振興會特別研究員、1998年3月北海道大学法学部助教授、2006年10月東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻(国際関係史)助教授、翌年4月准教授。2015年4月、同教授。2000年9月憑著「中華民国前期外交史研究」取得文學博士(東京大学)。

著書[编辑]

單著[编辑]

共著[编辑]

編著[编辑]

  • 『中国の外交――自己認識と課題』(山川出版社、2007年)
  • 『近代中国をめぐる国際政治』(中央公論新社、2014年)
  • 『シリーズ 日本の安全保障5 チャイナ・リスク』(岩波書店、2015年)

共編著[编辑]

  • 許雪姫監修・許丙許伯埏著・蔡啓恆・川島真日本語編集)『許丙・許伯埏回想録』(臺北・中央研究院近代史研究所、中央研究院近代史研究所史料叢刊31、1996年)
  • 横山宏章久保亨)『周辺から見た20世紀中国――日・韓・台・港・中の対話』(中国書店、2002年)
  • 貴志俊彦孫安石)『戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2006年)
  • 甘懐真貴志俊彦)『東亜視域中的国籍、移民與認同』』(台湾大学出版中心、2006年)
  • 別枝行夫諏訪一幸)『日華外交史・日台関係史』(北海道大学公共政策大学院、公共政策を読む 第一集、2006年)
  • 青山瑠妙)『中国外交(史)研究への視座』』(北海道大学公共政策大学院、公共政策を読む 第二集、2006年)
  • 服部龍二)『東アジア国際政治史』(名古屋大学出版会、2007年)
  • (貴志俊彦)『資料で読む世界の8月15日』(山川出版社、2008年)
  • 劉傑)『1945年の歴史認識――〈終戦〉をめぐる日中対話の試み』(東京大学出版会、2009年)
    • 中国語版『1945年的歴史認識―圍繞“終戦”的中日対話嘗試』(社会科学文献出版社、2010年)
  • 岡本隆司)『中国近代外交の胎動』(東京大学出版会、2009年)
  • 和田春樹後藤乾一木畑洋一山室信一趙景達中野聡)『岩波講座 東アジア近現代史』(10巻+別巻、岩波書店、2010年-2011年)
  • 松永正義陳翠蓮)『跨域青年学者 台湾史研究 第四集』(国立政治大学台湾史研究所、2011年)
  • 三澤真美恵佐藤卓己)『電波・電影・電視—現代東アジアの連鎖するメディア』(青弓社、2012年)
  • (劉傑)『対立と共存の歴史認識――日中関係150年』(東京大学出版会、2013年)
    • 中国語版『対立与共存的歴史認識―日中関係150年』(社会科学文献出版社、2015年)
  • 陳翠蓮星名宏)『跨域青年学者 台湾史研究 第五集』(国立政治大学台湾史研究所、2013年)
  • 貴志俊彦孫安石)『増補改訂 戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2015年)
  • 家近亮子)『東アジアの政治社会と国際関係』(放送大学教育振興会、放送大学教材、2016年)

共譯著[编辑]