山田詠美

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
山田 詠美
(やまだ えいみ)
出生 山田 双葉(やまだ ふたば)
(1959-02-08) 1959年2月8日60歲)
 日本東京都板橋區中丸町
職業 小說家
語言 日語
國籍  日本
母校 明治大学日本文学
創作時期 1985年(昭和60年) -
體裁 戀愛小說青春小說随筆
代表作 『戀人才聽得見的靈魂樂』(1987年)
『垃圾』(1991年)
『動物・邏輯』(1996年)
『A2Z』(2000年)
『風味絶佳』(2005年)
獎項 文藝賞(1985年)
直木賞(1987年)
平林たい子文学賞(1989年)
女流文学賞(1991年)
泉鏡花文學賞(1996年)
讀賣文學賞(2001年)
谷崎潤一郎賞(2005年)
野間文藝賞(2012年)
配偶 クレイグ・ダグラス (已離婚)
可能涼介 (文芸評論家、劇作家)
日語寫法
日語原文 山田 詠美
假名 やまだ えいみ
平文式罗马字 Yamada Eimi

山田詠美やまだ えいみ,1959年2月8日),本名山田双葉やまだ ふたば日本知名小說家,出生於東京都板橋區,明治大學文學部日本文學科肄業。

山田詠美在日本是備受爭議的作家,因為她的作品經常帶有與性、種族以及異種婚姻等在保守的日本社會無法公開探討的主題。[1]

生平[编辑]

山田詠美二歳之前居住於東京都板橋區、之後遷居至札幌市(約3年)、加賀市(約1年2月)、磐田市(約4年)等地。小學5年級後移居栃木県鹿沼市,之後就讀栃木縣立鹿沼高等学校[2]

山田詠美之後就讀明治大学文学部日本文学科,曾加入漫画研究会。

1981年(昭和56年),山田詠美輟學、開始發表漫画作品。『シュガー・バー』(1981年けいせい出版)、『ミス・ドール』(1986年河出書房新社)、『ヨコスカフリーキー』(1986年けいせい出版)接續出版。

1985年(昭和60年)、『ベッドタイムアイズ』(河出書房新社)獲得文藝賞芥川賞候補。『ジェシーの背骨』、『蝶々の纏足』也都入圍芥川賞。

得獎紀錄[编辑]

  • 1985年以《做愛時的眼神》(ベッドタイムアイズ)獲得「文藝賞」。舊譯為《床畔時刻》。
  • 1987年以《戀人才聽得見的靈魂樂》(ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー)獲得第97屆「直木賞」。
  • 1989年以《風葬的教室》(風葬の教室)獲得「平林たい子文学賞」。
  • 1991年以《垃圾》(トラッシュ)獲得「女流文學賞」。
  • 1996年以《動物・邏輯》(アニマル・ロジック)獲得「泉鏡花文學賞」
  • 2000年以《A2Z》獲得「讀賣文學賞」。
  • 2005年以《無法隨心所欲的愛情,風味絶佳》獲得谷崎潤一郎賞[3]

著作[编辑]

  • 『ベッドタイムアイズ』(1985・河出書房新社)のち文庫 
  • 指の戯れ 河出書房新社、1986 のち文庫
  • 『ジェシーの背骨』(1986・河出書房新社)のち文庫、角川文庫  
  • 蝶々の纏足 河出書房新社、1987 のち文庫 
  • ハーレムワールド 講談社、1987 のち文庫
  • 『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(1987・角川書店)のち文庫、幻冬舎文庫  
  • 熱帯安楽椅子 集英社 1987年6月 のち文庫
  • カンヴァスの柩 新潮社 1987年8月 のち文庫
  • 私は変温動物 講談社 1988年3月 のち文庫
  • ぼくはビート 角川書店 1988年8月 のち文庫、幻冬舎文庫
  • フリーク・ショウ 角川書店 1989年4月 のち文庫、幻冬舎文庫
  • 『ひざまずいて足をお舐め』(1988・新潮社)のち文庫
  • 『風葬の教室』(1988・河出書房新社)のち文庫 
  • セイフティボックス 講談社 1989年6月 のち文庫
  • 『放課後の音符』(1989・新潮社)のち文庫、角川文庫 
  • 『熱血ポンちゃん』シリーズ
    • 熱血ポンちゃんが行く! 角川書店 1990年4月 のち文庫、講談社文庫
    • 熱血ポンちゃんが行く! 2 角川書店 1992年2月 「再び熱血ポンちゃんが行く! 」講談社文庫
    • 誰がために熱血ポンちゃんは行く! 角川書店 1993年10月 のち講談社文庫
    • 嵐ケ熱血ポンちゃん! 講談社 1995年10月 のち文庫
    • 路傍の熱血ポンちゃん! 講談社 1997年5月 のち文庫
    • 熱血ポンちゃんは二度ベルを鳴らす 講談社, 1999年1月 のち文庫
    • 熱血ポンちゃんが来りて笛を吹く 講談社, 2001年1月 のち文庫
    • 日はまた熱血ポンちゃん 講談社 2002年10月 のち文庫
    • ご新規熱血ポンちゃん 新潮社 2004年11月 のち文庫
    • 熱血ポンちゃん膝栗毛 新潮社 2006年12月 のち文庫 
    • アンコ椿は熱血ポンちゃん 新潮社 2009年3月 のち文庫 
    • ライ麦畑で熱血ポンちゃん 新潮社 2011年3月
    • 熱血ポンちゃんから騒ぎ 新潮社 2013年5月
  • メイク・ミー・シック 集英社 1991年4月 のち文庫
  • 晩年の子供 講談社 1991年10月 のち文庫
  • ラビット病 新潮社 1991年12月 のち文庫
  • 『色彩の息子』(1991・新潮社)のち文庫
  • 『トラッシュ』(1991・文藝春秋)のち文庫 
  • 24・7 角川書店 1992年3月 のち幻冬舎文庫
  • 内面のノンフィクション 福武書店 1992年4月 のち文庫、文春文庫
  • 『チューイングガム』(1993・角川書店)のち文庫
  • 『ぼくは勉強ができない』(1993・新潮社)のち文庫 
  • 快楽の動詞 福武書店 1993年12月 文春文庫
  • 『120%COOOL』(1994・幻冬舎)のち文庫
  • 『アニマル・ロジック』(1996・新潮社)
    • ベッドタイムアイズ・指の戯れ・ジェシーの背骨 新潮文庫 1996年11月
    • 蝶々の纏足・風葬の教室 新潮文庫 1997年3月
  • 『4U』(1997・幻冬舎)のち文庫 
  • 『MAGNET』(1999・幻冬舎)のち文庫 
  • エイミー・セッズ 新潮社 1999年8月 のち文庫
  • エイミー・ショウズ 新潮社 1999年8月 のち文庫  
  • 『A2Z』(2000・講談社)のち文庫 
  • 姫君 文藝春秋 2001年6月 のち文庫
  • メンアットワーク 対談集 幻冬舎文庫 2001年8月
  • 『ウォッカ・ニット』 2002年7月 ソニー・ミュージックレコーズ
  • 『PAY DAY!!!』(2003・新潮社)のち文庫
  • 『風味絶佳』(2005・文藝春秋)のち文庫 
  • 『無銭優雅』(2007・幻冬舎)
  • はじめての文学 山田詠美 文藝春秋 2007年9月
  • 『学問』(2009・新潮社)
  • 『タイニー・ストーリーズ』 文藝春秋、2010 
  • 『ジェントルマン』 講談社、2011 
  • 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 幻冬舎、2013 

參見條目[编辑]


参考文献[编辑]

  1. ^ 美麗的身體物語─山田詠美. [2011-03-23]. (原始内容存档于2011-02-11). 
  2. ^ 山田詠美 愛の世界 /松田良一
  3. ^ [1]