谷崎潤一郎獎

维基百科,自由的百科全书
(重定向自谷崎潤一郎賞
跳到导航 跳到搜索
谷崎潤一郎獎
授予对象 文學獎
国家或地区 日本
主办单位 中央公論社
首次颁发 1965年
日語寫法
日語原文 谷崎潤一郎賞
假名 たにざきじゅんいちろうしょう
平文式罗马字 Tanizaki Jun'ichirō Shō

谷崎潤一郎獎是1965年中央公論社(今 中央公論新社)為了慶祝創社80週年所設立的獎項,以作家谷崎潤一郎來命名。

此獎每年頒發一次,得獎作品及評論會刊登在《中央公論》雜誌。得獎者會獲得鐘錶一只及100萬日圓獎金。

獲獎作品與作家一覽表[编辑]

第1回至第10回[编辑]

第11回至第20回[编辑]

第21回至第30回[编辑]

第31回至第40回[编辑]

第41回至第50回[编辑]

第51回以後[编辑]

歷代選考委員[编辑]

  • 第1回至第5回 - 伊藤整圓地文子大岡昇平武田泰淳丹羽文雄舟橋聖一三島由紀夫
  • 第6回 - 圓地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一、三島由紀夫
  • 第7回 - 圓地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第8回至第12回 - 圓地文子(第12回因病缺席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、武田泰淳(第12回因病缺席)、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第13回 - 圓地文子(因在海外旅行故缺席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、吉行淳之介
  • 第14回至第16回 - 圓地文子、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第17回至第22回 - 圓地文子(第21回因病缺席)、遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第23回至第24回 - 遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄(第23回因病缺席)、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第25回 - 大江健三郎、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第26回至第27回 - 大江健三郎、河野多恵子唐納德·基恩、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第28回至第29回 - 井上廈、河野多恵子(第29回書面參加)、唐納德·基恩、中村真一郎、丸谷才一、吉行淳之介(第28回因病缺席)
  • 第30回至第33回 - 井上廈、河野多恵子、唐納德·基恩、中村真一郎、日野啓三、丸谷才一
  • 第34回至第38回 - 池澤夏樹、井上廈、河野多恵子、筒井康隆、日野啓三、丸谷才一
  • 第39回至第41回 - 池澤夏樹、井上廈、河野多恵子、筒井康隆、丸谷才一
  • 第42回至第45回 - 池澤夏樹、井上廈、川上弘美、筒井康隆
  • 第46回起 - 池澤夏樹、川上弘美、桐野夏生、筒井康隆、堀江敏幸

另見[编辑]

參考資料[编辑]