河田烈

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
河田烈

河田烈(1883年9月24日-1963年9月27日),日本財政官僚,曾任大藏大臣。

出生於東京府,1934年任岡田内閣内閣書記官長、同年被敕選為貴族院議員。1940年(昭和15年)擔任第2次近衛内閣之大藏大臣。

二戰期間未參政、1941年(昭和16年)任東亞海運社長、1944年(昭和19年)任台灣拓殖社長、1945年(昭和20年)就任大成火災海上社長、戰後被公職追放日语公職追放

追放解除後的1952年(昭和27年)來到台灣,代表日本政府與中華民國簽署中日和約


榮譽[编辑]

出典[编辑]

  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考・関連文献[编辑]

  • 『CD現代日本人名録 物故者編』1901-2000」
  • 『河田烈自叙伝』「河田烈自叙伝」刊行会、1965年。
官衔
前任:
櫻内幸雄
日本 大藏大臣
第42代:1940年 - 1941年
繼任:
小倉正恒
前任:
小林一三
日本 商工大臣
(臨時代理)1940年
繼任:
豊田貞次郎
前任:
堀切善次郎
日本 内閣書記官長
第34代:1934年
繼任:
吉田茂
前任:
黒田英雄
日本 大蔵次官
1929年 - 1931年
繼任:
黒田英雄