Talk:臺灣總督府臺北高等學校

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
台湾专题 (获评低重要度)
Taiwan NASA Terra MODIS 23791.jpg 本條目属于台湾专题范畴,该专题旨在改善中文维基百科臺灣領域类内容。如果您有意参与,请浏览专题主页、参与讨论,并完成相应的开放性任务。
 未知级未评  根据专题质量评级标准,本條目尚未接受评级
   根据专题重要度评级标准,本條目已评为低重要度
此評級可能僅依據专题质量标准所標示,歡迎提出修改、共識討論及重評。

原敬首相的內政:高等教育擴張政策[编辑]

内政については、かねてから政友会の掲げていた積極政策、すなわち、教育制度の改善、交通機関の整備、産業及び通商貿易の振興、国防の充実の4大政綱を推進した。とりわけ交通機関の整備、中でも地方の鉄道建設のためには公債を発行するなど極めて熱心であった。

また、教育政策では高等教育の拡張に力を入れた。大正7年(1918年)、原内閣の下で「高等諸学校創設及拡張計画」が、4,450万円の莫大な追加予算を伴って帝国議会に提出され可決された。その計画では官立旧制高等学校10校、官立高等工業学校6校、官立高等農業学校4校、官立高等商業学校7校、外国語学校1校、薬学専門学校1校の新設、帝国大学4学部の設置、医科大学5校の昇格、商科大学1校の昇格であり、その後この計画はほぼ実現された。これらの官立高等教育機関の大半は、地方都市に分散設置された。

また私立大学では大正9年(1920年)に大学令の厳しい要件にも関わらず、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学・法政大学・中央大学・日本大学・國學院大學・同志社大学の旧制大学への昇格が認可され、その後も多くの私立大学が昇格した。

この高等教育拡張政策は第一次世界大戦の好景気を背景とした高等教育への、求人需要、志願需要の激増に応えたものである。そして高等教育拡散は皇室への危険思想につながるとしてこれに反対した山縣有朋を説得したものであった。