泽村奖

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日语写法
日语原文 沢村賞
假名 さわむらしょう
平文式罗马字 Sawamurashō

泽村奖(日语:沢村賞),是纪念日本棒球投手泽村荣治所设立的奖项,相当于美国的赛扬奖,1947年开始颁发,以表彰其在第二次世界大战期间战死之前于东京巨人队杰出的投手生涯。当时由记者投票选出,1960年则改由泽村赏评选委员投票选出。1999年的评选委员为藤田元司稻尾和久土桥正幸平松政次堀内恒夫

资格[编辑]

在1988年以前只有中央联盟的投手有资格入选,1989年以后两个联盟的投手都有资格入选。入选资格为15胜、防御率2.50、6成胜率、10完投、150三振、200投球局数、25出场(现今不需全部达成)。

历届得主[编辑]

年度 姓名 球队
1947年 别所毅彦 南海
1948年 中尾硕志 巨人
1949年 藤本英雄 巨人
1950年 真田重藏 松竹
1951年 杉下茂 名古屋
1952年 杉下茂 名古屋
1953年 大友工 巨人
1954年 杉下茂 名古屋
1955年 别所毅彦 巨人
1956年 金田正一 国铁
1957年 金田正一 国铁
1958年 金田正一 国铁
1959年 村山实 阪神
1960年 堀本律雄 巨人
1961年 权藤博 中日
1962年 小山正明 阪神
1963年 伊藤芳明 巨人
1964年 金·巴奇 名古屋
1965年 村山实 阪神
1966年 村山实 阪神
堀内恒夫 巨人
1967年 小川健太郎 中日
1968年 江夏丰 阪神
1969年 高桥一三 巨人
1970年 平松政次 大洋
1971年 从缺
1972年 堀内恒夫 巨人
1973年 高桥一三 巨人
1974年 星野仙一 中日
1975年 外木场义郎 广岛
1976年 池谷公二郎 广岛
1977年 小林繁 巨人
1978年 松冈宏 养乐多
1979年 小林繁 阪神
1980年 从缺
1981年 西本圣 巨人
1982年 北别府学 广岛
1983年 远藤一彦 大洋
1984年 从缺
1985年 小松辰雄 中日
1986年 北别府学 广岛
1987年 桑田真澄 巨人
1988年 大野丰 广岛
1989年 斋藤雅树 巨人
1990年 野茂英雄 近铁
1991年 佐佐冈真司 广岛
1992年 石井丈裕 西武
1993年 今中慎二 中日
1994年 山本昌广 中日
1995年 斋藤雅树 巨人
1996年 斋藤雅树 巨人
1997年 西口文也 西武
1998年 川崎宪次郎 养乐多
1999年 上原浩治 巨人
2000年 从缺
2001年 松坂大辅 西武
2002年 上原浩治 巨人
2003年 井川庆 阪神
齐藤和巳 大荣
2004年 川上宪伸 中日
2005年 杉内俊哉 软银
2006年 齐藤和巳 软银
2007年 达比修有 火腿
2008年 岩隈久志 乐天
2009年 涌井秀章 西武
2010年 前田健太 广岛
2011年 田中将大 乐天
2012年 摄津正 软银
2013年 田中将大 乐天
2014年 金子千寻 欧力士
2015年 前田健太 广岛
2016年 Kris Johnson 广岛
2017年 菅野智之 巨人

参考资料[编辑]

  • 日本职棒纪录年鉴