日马富士公平

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日馬富士 公平
擂臺名 日馬富士公平
本名 安馬公平
出生日期 1984年04月14日 (1984-04-14)(30歲)
 蒙古国烏蘭巴托
運動經歷 相撲
主要頭銜 第70代橫綱
日語寫法
日語原文 日馬富士 公平
假名 はるまふじ こうへい
平文式罗马字 Harumafuji Kōhei

日马富士公平(1984年4月14日,曾用日本名安马公平,蒙古原名:达瓦尼马·拜马道尔吉,Даваанямын Бямбадорж,拉丁转写:Davaanyamyn Byambadorj),蒙古国乌兰巴托人,日本相扑选手。他于2001年出道,2004年入幕。虽然其体重相对较轻,但以其技术见长,曾十度获得三赏。2008年11月,晋升为大关,成为第七位外籍大关力士。2009年至2012年间,共获得四次优胜,其中于2012年在七月、九月场所连续两次获全胜优胜。2012年9月26日,被推举晋升为横纲,成为第70代横纲,也是连续第三位出生于蒙古的横纲。[1][2]

战绩[编辑]

生涯战绩[编辑]

  • 生涯战绩:542胜337败12休(70场所)
  • 幕内战绩:427胜226败12休(47场所)
  • 大关战绩:214胜105败11休(22场所)

优胜[编辑]

  • 幕内优胜:4回(2009年5月场所、2011年7月场所、2012年7月场所、2012年9月场所)
  • 十两优胜:1回(2004年9月场所)
  • 三段目优胜:1回(2002年3月场所)
  • 序之口优胜:1回(2001年3月场所)

三赏、金星[编辑]

  • 三赏:10回
    • 殊勋赏:4回(2007年9月场所、2007年11月场所、2008年1月场所、2008年9月场所)
    • 敢斗赏:1回(2006年9月场所)
    • 技能赏:5回(2005年3月场所、2006年3月场所、2008年5月场所、2008年7月场所、2008年11月场所)
  • 金星:1个

                                

日马富士公平
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
(前相撲) 西 序之口 #29
7–0
 
東 序二段 #22
5–2
 
西 三段目 #88
5–2
 
東 三段目 #53
4–3
 
東 三段目 #42
4–3
 
2002年
(平成14年)
西 三段目 #28
4–3
 
西 三段目 #14
7–0
 
西 幕下 #15
2–5
 
西 幕下 #27
2–5
 
東 幕下 #46
5–2
 
西 幕下 #26
2–5
 
2003年
(平成15年)
東 幕下 #46
4–3
 
東 幕下 #38
5–2
 
東 幕下 #23
5–2
 
東 幕下 #11
5–2
 
東 幕下 #7
6–1
 
東 幕下 #1
3–4
 
2004年
(平成16年)
西 幕下 #2
4–3
 
東 十兩 #12
10–5
 
東 十兩 #7
6–9
 
東 十兩 #9
9–6
 
東 十兩 #4
11–4
 
西 前頭 #14
8–7
 
2005年
(平成17年)
東 前頭 #13
8–6–1[basho 1]
 
西 前頭 #11
9–6
東 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #5
7–8
 
2006年
(平成18年)
東 前頭 #6
9–6
東 前頭 #2
8–7
西 小結
4–11
 
東 前頭 #4
6–9
 
東 前頭 #6
11–4
東 前頭 #1
6–9
 
2007年
(平成19年)
東 前頭 #4
10–5
 
東 小結
8–7
 
西 關脅
8–7
 
西 關脅
7–8
 
西 小結
10–5
東 小結
10–5
2008年
(平成20年)
西 關脅
9–6
東 關脅
8–7
 
東 關脅
9–6
東 關脅
10–5
東 關脅
12–3
東 關脅
13–2[3]
2009年
(平成21年)
東 大關 #3
8–7
 
西 大關 #2
10–5
 
西 大關 #1
14–1[3]
 
東 大關 #1
9–6
 
東 大關 #2
9–6
 
東 大關 #2
9–6
 
2010年
(平成22年)
西 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
9–6
 
西 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
8–7
 
東 大關 #2
0–4–11[basho 2]
 
2011年
(平成23年)
西 大關 #2
8–7
 
假赛丑闻
比赛取消
西 大關 #2
10–5
 
西 大關 #1
14–1
 
東 大關 #1
8–7
 
西 大關 #1
8–7
 
2012年
(平成24年)
西 大關 #2
11–4
 
西 大關 #1
11–4
 
東 大關 #1
8–7
 
西 大關 #2
15–0
 
東 大關 #1
15–0
 
x
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)
  1. ^ 臀部膿瘍と診断され、切開手術により途中休場
  2. ^ 前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)損傷および右肩亜脱臼により全治3週間の安静加療が必要と診断され途中休場

参考文献[编辑]

  1. ^ Mongolian Harumafuji promoted to yokozuna. Japan Today. 26 September 2012 [26 September 2012]. 
  2. ^ Sumo: Mongolian ozeki Harumafuji promoted to yokozuna. The Mainichi. 26 September 2012 [26 September 2012]. 
  3. ^ 3.0 3.1 白鵬と優勝決定戦

外部连接[编辑]