市古貞次

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

市古貞次市古貞次,いちこ ていじ),1911年5月5日-2004年3月25日,日本山梨县甲府市人,日本文学者日语日本文学者、日本文学家。

生平[编辑]

毕业于旧制巣鴨中学校(現巣鴨中学校・高等学校日语巣鴨中学校・高等学校)、第一高等学校文科甲類。1934年,毕业于東京帝国大学文学部国文学科专业。1940年,担任教授。1973年,获得紫綬褒章受章。1976年,进入日本学士院会員

市古宙三是中国史学者。

著書[编辑]

  • 未刊中世小説解題 楽浪書院, 1942
  • 中世小説(日本文学教養講座) 至文堂, 1952
  • 中世小説の研究 東京大学出版会, 1955
  • 義経記・曽我物語 さ・え・ら書房,1959 (私たちの日本古典文学)
  • 日本文学史概説 秀英出版, 1959
  • 中世の文学 至文堂, 1966
  • 中世小説とその周辺 東京大学出版会, 1981
  • 中世文学点描 桜楓社, 1985
  • 中世文学年表 東京大学出版会, 1998

脚注[编辑]