送假名

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
日語寫法
日語原文 送り仮名
假名 おくりがな
平文式罗马字 okurigana

送假名(日语:送り仮名おくりがな okurigana),是指一個日语辭彙之中,汉字后面跟隨(即所謂「送」)的假名,用来指示前面汉字的词性或读音。

實例[编辑]

 以底線標示的假名即為送假名(単語別に分かち書きしてある)

   昨日 わたし は お祭 に 行 まし た。

   たくさん の 人 で 身動 が でき ない ほど

   甚 混雑し て い まし た。

通則[编辑]

昭和48年的内閣告示中(昭和56年一部改定)[1]提出了送假名的基準。

  • 用言 - 一般來說用言如果使用漢字表示,後面應該有送假名。原則上,活用語尾以送假名表記,然而形容詞形容動詞之送假名有規則如下。
    • 形容詞 - 終止形「しい」以結束的形容詞,送假名從「し」開始。
      例:楽しい。
    • 形容動詞 - 語幹以「か」「やか」「らか」結束的形容動詞,送假名分別從「か」「やか」「らか」開始。
      例:静かだ、華やかだ、清らかだ。 
  • 副詞連體詞接續詞 - 以最後音節為送假名。
    例:甚だ、全く。
  • 名詞 - 一般不用送假名。
  • 派生語 - 參考原本的詞彙標註送假名,使漢字負擔的訓讀在各詞彙間皆相同。例:動く・動かす(「す」做為活用語尾)・動き(名詞)

送假名的例外與容許[编辑]

根據上述的内閣告示,有部分的詞彙不遵守通則,例如:

  • 明るい - 原則通りであれば「明い」となるし、派生語の原則を適用すれば「明かるい」(←明ける)となる。
  • 少ない - 原則通りであれば「少い」となるが、この送りがなで打消表現を書くと「少くない」となって、これが却って「すくない」とも読まれる可能性がある。
  • 幸せ・幸い - 名詞は送りがなを付けないのが原則だが、読みを区別するために送りがなを付ける。(語源的にも「仕合はせ」「さきはひ」で活用語からの派生語である。)
  • 又 - 副詞は最後の音節を送りがなにするのが原則だが、送らない。

他にも上記のような事情から、原則の例外を挙げている。

また、許容として、誤読のおそれの少ない語の送りがなを省く(例「封切り」→「封切」、「申し込み」→「申込み」)ことや、誤読を防ぐために多めに送りがなを付ける(例 「行う」→「行なう」〔原則通りの表記「行って」が「いって」とも読みうる〕)ことが認められる語や例も挙げている。


送假名的效果[编辑]

送りがなの効果として、読みを区別し、誤読を防ぐという点が挙げられる。先述の「幸せ・幸い」や「全く・全て」などがある。常用漢字表の表外字の例だが、「禿げ頭」「禿び筆」と送りがなを付けることで、「はげ(あたま)」と「ちび(ふで)」と、「禿」の訓読みの区別ができ、さらに「禿頭(トクトウ)」「禿筆(トクヒツ)」という同じ表記の漢語とも区別することができる。

先述の内閣告示では、「うしろ」は「後ろ」と「ろ」を送ることを例外で示しているが、これも誤読防止のためである。しかし「あと」と「のち」は送りがなを付けないことにしているため、この二者(さらに音読みの「ゴ」も含めると三者)は文脈等から判断することになる。

  • 「その後ろ」/「その後(そのあと、そののち、そのご)」

日语动词的送假名可以指示動詞的詞性,並指示動詞的發音。例如:

  • 上がる(あ-がる,agaru
不及物動詞,往前、準備好、完成之意。通過之後的送假名,讀者可以判斷「上」唸作「」(a)。
  • 上る(のぼ-る,noboru
及物動詞,攀上、上升之意。「上」唸作「のぼ」(nobo
  • 下さる(くだ-さる,kudasaru
謙遜語,給我之意。「下」唸作「くだ」(kuda
  • 下がる(さ-がる,sagaru
不及物動詞,落下、退出、衰弱之意。「下」唸作「」(sa
  • 下りる(お-りる,oriru
及物動詞,(自某地)下来、下降之意。「下」唸作「」(o


書寫習慣[编辑]

あぶない」非規範的寫法「危い」,通行寫法為「危ない」。

日語使用者書寫送假名的方法或許有不同。這尤其常見於動詞連用形(ます形masu形)接駁名詞的複合名詞,或者由動詞連用形加動詞組成的複合動詞。日本文部科學省已經規範了這類詞的寫法,一般原則是寫出送假名。例如「暮れ方」(くれかたkurekata,生活方式)一詞,由「暮れ」這個連用形動詞,加「」而成,「」本是「暮れ」的送假名,不過,有時寫法也可以省略,寫成「暮方」,但仍然讀作くれかた

不過,由於約定俗成的關係,有些詞語的送假名會被省略,例如:

  • 受付:本作「受け付け」(うけつけuketsuke,接待)
  • 引渡:本作「引き渡し」(ひきわたしhikiwatashi,引渡)
  • 申込:本作「申し込み」(もうしこみmōshikomi,申請)
  • 入口:本作「入り口」(いりぐちiriguchi,入口)

在複合語中,送假名則應該省略,例如:「申込用紙」不應寫作「申し込み用紙」。

文部科學省也指明有個別辭彙要省略送假名(但讀音不省略,送假名的讀音此時移到漢字內)。例如:

  • :本作「話し」(はなしhanashi,說話)
  • :本作「光り」(ひかりhikari,光)
  • 物語:本作「物語り」(ものがたりmonogatari,故事)
  • ^ 送り仮名の付け方. 文化庁・国語施策情報. [2013-04-03].