上野千鹤子

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日语写法
日语原文 上野 千鶴子
假名 うえの ちづこ
平文式罗马字 Ueno Chizuko
东京大学演讲的上野千鹤子

上野千鹤子(1948年7月12日),日本社会学家。出生于富山县中新川郡上市町,在京都大学社会学科毕业。上野是日本著名研究女性解放理论的女性主义者,在1980年代的日本学术界打出名堂,与浅田彰今村仁司栗本慎一郎岸田秀等学者齐名。同时亦任东京大学社会学教授。

思想[编辑]

上野吸收建构主义社会学文化人类学符号学的批判方法,对“马克思女性主义”加以反省,并对日本固有传统及社会条件对妇女造成的不平等加以批判:例如在家务方面“日本传统女性……必须承担起家中所有杂事的负担,也会失去所有的空闲时间。”至于照顾者的角色方面,日本女性不只得照顾自己的父母的双亲,也要照顾婆家的双亲,若兼要抚养小孩,丈夫却因大部分日本公司都要求长时数工作,她的观察是“别指望另一半会帮什么忙。”

除了家庭的层面,上野亦在《近代家庭的形成和终结》一书中追溯了日本的忠孝观念,并分析自明治维新始,统治者运用儒家文化,把父系家庭的孝道伦理,结合了对天皇的效忠,在法律及教育建制层向全国散布,她指其实当时日本只有武士家庭具有完整的父系家庭,大部分家庭都有母系继承等非正统父系传统,故此对大部分平民来说,忠孝根本不能两全。

上野的另一本著作《赋国家主义以社会性别》自1998年由日本青土社出版后,引起了社会的强烈反响,三四年间就重印了十次。该书的第一部分“国民国家与社会性别”剖析了战时由国家引导的大众动员和女性政策、女性国民化的过程,分析日本当代女性史家在日本女性史转型的过程中,对于近代史上的女性主义理念、战争责任的问题发生了怎样的变化。第二部分探讨慰安妇问题,把慰安妇问题看做“我们正在继续袒护的犯罪”。第三部分“记忆的政治学”论述了其贯穿全书的一个主题:“女性主义能否超越国家主义?”她坚信女性主义应该超越国境。

上野教授与台湾学者亦有学术交流,1993年5月李昂东京大学文学部的邀请演讲,与上野千鹤子教授作了一次对谈,后来李昂又在杂志《世界》上第二次与上野教授对谈,2004年中国期刊《读书》第8期中““主义”与性别”一文亦记录了李小江与上野就中日两国的女性问题及女性研究等话题进行的对话。

上野的著述丰富,有《裙子底下的剧场》、《性感女孩大研究》、《近代家庭的形成和终结》、《女人的快乐》、《寻找自己的游戏》、《女人游戏》、《资本制与家父长制》、《高龄化社会:四十岁开始探讨老年》、《上野千鹤子対谈集》、《赋国家主义以社会性别》及与小仓千加子合著《女性主义》等。

著作[编辑]

単著[编辑]

  • ‘セクシィ・ギャルの大研究―女の読み方・読まれ方・読ませ方’ (光文社カッパ・ブックス、1982年/[岩波现代文库]、2009年)
  • ‘资本制と家事労动 ―马克思主义フェミニズムの问题构制’(海鸣社、1985年)
  • 构造主义の冒険’(劲草书房、1985年)
  • ‘女は世界を救えるか’(劲草书房、1986年)
  • ‘女という快楽’(劲草书房、1986)
  • ‘受母亲溺爱的男孩末路 ―女と男の未来’(河合ブックレット、1986年)
  • ‘<私> 探しゲーム ― 欲望私民社会论’(筑摩书房、1987年)のち文库 
  • ‘女游び’(学阳书房、1988年)
  • ‘接近遭遇 ― 上野千鹤子対谈集’(劲草书房、1988年)
  • ‘スカートの下の剧场 ― ひとはどうしてパンティにこだわるのか’(河出书房新社、1989年)のち文库
  • ‘ミッドナイト・コール’(朝日新闻社、1990年)のち文库 
  • ‘家父长制と资本制 ― マルクス主义フェミニズムの地平’(岩波书店、1990年/岩波现代文库、2009年)
  • ‘性爱论 ― 対话篇’(河出书房新社、1991年)のち文库 
  • ‘セゾンの発想 ― マ-ケットへの诉求’(リブロポート、1991年)
  • ‘うわの空 ― ドイツその日暮らし’(朝日新闻社、1992年)のち文库 
  • ‘近代家族の成立と终焉’(岩波书店、1994年)
  • ‘発情装置 ― エロスのシナリオ’(筑摩书房、1998年)
  • ‘ナショナリズムとジェンダー’(青土社、1998年)
  • ‘ラディカルに语れば… ― 上野千鹤子対谈集’(平凡社、2001年)
  • ‘上野千鹤子が文学を社会学する’(朝日新闻社、2000年)のち文库 
  • ‘家族を容れるハコ 家族を超えるハコ’(平凡社、2002年)
  • ‘差异の政治学’(岩波书店、2002年)
  • Nationalism and Gender (Melbourne: Trans Pacific Press, 2004)
  • ‘サヨナラ、学校化社会’(太郎次郎社、2002年/ちくま文库、2008年)
  • ‘国境お构いなし’(朝日新闻社、2003年/文库、2007年)
  • ‘老いる准备 ― 介护することされること’(学阳书房 2005年/朝日文库、2008年)
  • ‘生き延びるための思想 ― ジェンダー平等の罠’(岩波书店 2006年)
  • ‘おひとりさまの老后’(法研、2007年)
  • ‘男おひとりさま道’(法研、2009年)
  • The Modern Family in Japan (Melbourne: Trans Pacific Press, 2009) 
  • ‘ひとりの午后に’(日本放送出版协会、2010年) 
  • ‘女ぎらい’(纪伊国屋书店、2010年,台译:《厌女》) 

共著[编辑]

改题‘戦争文学を読む’(朝日文库、2008年)
  • (小仓千加子)‘ザ・フェミニズム’(筑摩书房、2002年/ちくま文库、2005年)
  • 辛淑玉)‘ジェンダー・フリーは止まらない!――フェミ・バッシングを超えて’(松香堂书店、2002年)
  • 中西正司)‘当事者主権’(岩波新书、2003年)
  • 行冈良治)‘论争・アンペイドワークをめぐって’(太田出版、2003年)
  • 鹤见俊辅小熊英二)‘戦争が遗したもの――鹤见俊辅に戦后世代が闻く’(新曜社、2004年)
  • 信田さよ子)‘结婚帝国女の岐れ道’(讲谈社、2004年)
  • 赵韩惠浄)‘ことばは届くか――韩日フェミニスト往复书简’(岩波书店、2004年)
  • 三浦展)‘消费社会から格差社会へ――中流団块と下流ジュニアの未来’(河出书房新社、2007年)
  • 辻井乔)‘ポスト消费社会のゆくえ’(文春新书、2008年)
  • 辻元清美)‘世代间连帯’(岩波新书、2009年)
  • 古市宪寿)‘上野先生、胜手に死なれちゃ困ります 仆らの介护不安に答えてください’(光文社新书、2011年)
  • 坂东真理子)‘女は后半からがおもしろい’(潮出版社、2011年)

编著[编辑]

  • ‘主妇论争を読む――全记录(1・2)’(劲草书房、1982年)
  • ‘色と欲’(小学馆、1996年)
  • ‘キャンパス性差别事情――ストップ・ザ・アカハラ’(三省堂、1997年)
  • ‘构筑主义とは何か’(劲草书房、2001年)
  • ‘脱アイデンティティ’(劲草书房、2005年)
  • ‘“女縁”を生きた女たち’(岩波书店[岩波现代文库]、2008年)

共编著[编辑]

翻译[编辑]

  • バーバラ・シンクレア‘アメリカ女性学入门’(劲草书房、1982年)
  • A・クーン, A・ウォルプ编‘マルクス主义フェミニズムの挑戦’(劲草书房、1984年)
  • バベット・コール ‘トンデレラ姫物语’ (ウイメンズブックストア松香堂、1995年)
  • バベット・コール ‘シンデレ王子の物语’ (ウイメンズブックストア松香堂、1995年)
  • ジェフリー・ウィークス‘セクシュアリティ’(河出书房新社、1996年)

参考[编辑]