深作欣二

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日语写法
日语原文 深作 欣二
假名 ふかさく きんじ
平文式罗马字 Fukasaku Kinji

深作欣二(1930年7月3日-2003年1月12日), 日本电影导演、编剧; 和山田洋次篠田正浩大岛渚同属二战后第二代导演,电影个人风格强烈,皆是作者派导演, 尤擅长动作电影及日本极道(黑社会)描述;是日本电影史上至今拍摄商业电影数量最多导演, 多次被电影旬报观众票选为“最受欢迎的导演”,也是日本近代电影史的重要人物。

生平[编辑]

“因为当时日本面临二次大战战败悲剧,父母就教我要为国捐躯,但是没有人告诉十五岁的我为什么要这样牺牲生命。” “因为青少年犯罪率太高,才想“以暴制暴”,让年轻人抗拒成人世界的堕落与腐败(才拍此片),因为人生只有爱才能走下去。”


导演作品[编辑]

风来坊探侦 系列-(1961年)

风来坊探侦 赤い谷の惨剧

风来坊探侦 岬を渡る黒い风

ファンキーハットの快男児 系列(1961年)

ファンキーハットの快男児

ファンキーハットの快男児 二千万円の腕

白昼の无赖汉 (1961年)

夸り高き挑戦(1962年)

ギャング対Gメン (1962年)

ギャング同盟 (1963年)

ジャコ万と铁 (1964年)

狼と豚と人间(1964年)

胁迫 (おどし) (1966年)

颜役 (1965年)

カミカゼ野郎 真昼の决斗 (1966年)

北海の暴れ竜 (1966年)

解散式 (1967年)

博徒解散式 (1968年)

黒蜥蜴 (1968年)

恐喝こそわが人生 (1968年)

宇宙大作戦 ガンマー第3号(1968年)

黒蔷薇の馆 (1969年)

日本暴力団 组长 (1969年)


血染の代纹 (1970年)

君が若者なら (1970年)

トラ・トラ・トラ! (1970年)

博徒外人部队 (1971年)

军旗はためく下に (1972年)

现代やくざ 人斩り与太 (1972年)

人斩り与太 狂犬三兄弟 (1972年)

仁义なき戦い 系列(东映)

仁义なき戦い (1973年)

仁义なき戦い 広岛死闘篇 (1973年)

仁义なき戦い 代理戦争 (1973年)

仁义なき戦い 顶上作戦 (1974年)

仁义なき戦い 完结篇 (1974年)

仁义なき戦い 総集篇 (1980年)


新仁义なき戦い 系列(东映)

新仁义なき戦い (1974年)

新仁义なき戦い 组长の首 (1975年)

新仁义なき戦い 组长最后の日 (1976年)


仁义の墓场 (1975年、东映)

県警対组织暴力 (1975年、东映)

资金源强夺 (1975年、东映)

暴走パニック 大激突 (1976年、东映)

やくざの墓场 くちなしの花 (1976年、东映)

北陆代理戦争 (1977年、东映)

ドーベルマン刑事 (1977年、东映)

柳生一族の阴谋 (1978年、东映)

宇宙からのメッセージ (1978年、东映)

赤穂城断绝 (1978年、东映)


复活の日 (1980年、角川春树事务所)

青春の门 (1981年、东映)

魔界転生 (1981年、东映)

道顿堀川 (1982年、松竹)

蒲田行进曲 (1982年、松竹)

人生剧场 (1983年、东映)

里见八犬伝 (1983年、角川春树事务所)

上海バンスキング (1984年、松竹)

火宅の人 (1986年、东映)

必杀4 恨みはらします (1987年、松竹)

华の乱 (1988年、东映)


いつかギラギラする日 (1992年、松竹第一兴行)

四谷怪谈 忠臣蔵外伝(1994年、松竹)

おもちゃ (1999年、东映)


Battle Royale 大逃杀 系列

バトル・ロワイアル (2000年、制作委员会)

バトル・ロワイアル【特别篇】 (2001年、制作委员会)

バトル・ロワイアルII 镇魂歌 (2003年、东映)