日马富士公平

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日馬富士 公平
Harumafuji 2011 Sep.JPG
本名 达瓦尼马·拜马道尔吉 (Даваанямын Бямбадорж)
ᠳᠠᠸᠠᠨᠢᠮ᠎ᠠ ᠶᠢᠨ
ᠢᠮᠪᠠᠳᠣᠷᠵᠢ

安馬公平
出生 (1984-04-14) 1984年4月14日(33歲)
Flag of the People's Republic of Mongolia (1940-1992).svg 蒙古人民共和国烏蘭巴托
職業摔角生涯
身高 186 cm(6英尺1英寸)
體重 137公斤(302英磅)
所屬團體 伊势滨部屋(原安治川部屋)
運動經歷 相撲
主要頭銜 第70代橫綱
日語寫法
日語原文 日馬富士 公平
假名 はるまふじ こうへい
平文式罗马字 Harumafuji Kōhei

日马富士公平(1984年4月14日,曾用日本名安马公平,蒙古原名:达瓦尼马·拜马道尔吉Даваанямын Бямбадорж,拉丁转写:Davaanyamyn Byambadorj),蒙古国乌兰巴托人,日本国相扑选手。他于2001年出道,2004年入幕。虽然其体重相对较轻,但以其技术见长,曾十度获得三赏。2008年11月,晋升为大关,成为第七位外籍大关力士。2009年至2012年间,共获得四次优胜,其中于2012年在七月、九月场所连续两次获全胜优胜。2012年9月26日,無條件晋升横纲,成为第70代横纲,也是连续第三位出生于蒙古的横纲。[1][2]

他在2014年入讀法政大學的政策研究科,是第一位有大學學歷的橫綱。

在2017年10月26日,他在鳥取縣一個蒙古國力士酒宴上涉嫌用啤酒瓶打傷另一位蒙古國力士貴乃岩義司日语貴ノ岩義司(因不滿對方的態度),令對方腦震盪並頭部骨折,需治療兩周,在下一次季賽降回十兩級別(日馬富士亦在第二天比賽後休場)。他部屋的教練(親方)伊勢乃濱向日本相撲協會的官員承認這一事件,日馬富士告訴媒體,他真誠為惹事道歉。日本相撲協會宣布他們將對事件進行調查,但都不會在比賽結束前公佈任何裁決或處罰。

2017年11月九州場所賽事的第二天結束後,在東京的橫綱審議委員會召開會議,同意對日馬富士實施“極其嚴厲的懲罰”。這種懲罰可能包括停賽,建議引退或被相撲協會解僱。委員會沒有採取任何正式行動,表示將等到危機管理小組的調查工作完成才有下一步行動。

11月29日在福岡縣太宰府市宣佈引退,他沒有詳細說明這件事情,但補充說:“我聽說他缺乏禮貌和文明,我認為作為一名高級力士有責任來糾正和教導他,但是我做得太過分了。 他也否認自己當時醉酒。

战绩[编辑]

生涯战绩[编辑]

  • 生涯战绩:542胜337败12休(70场所)
  • 幕内战绩:427胜226败12休(47场所)
  • 大关战绩:214胜105败11休(22场所)

优胜[编辑]

  • 幕内优胜:8回(2009年5月场所、2011年7月场所、2012年7月场所、2012年9月场所)
  • 十两优胜:1回(2004年9月场所)
  • 三段目优胜:1回(2002年3月场所)
  • 序之口优胜:1回(2001年3月场所)

三赏、金星[编辑]

  • 三赏:10回
    • 殊勋赏:4回(2007年9月场所、2007年11月场所、2008年1月场所、2008年9月场所)
    • 敢斗赏:1回(2006年9月场所)
    • 技能赏:5回(2005年3月场所、2006年3月场所、2008年5月场所、2008年7月场所、2008年11月场所)
  • 金星:1个

各場所成績[编辑]

                               

日马富士公平
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
(前相撲) 西 序之口 #29
優勝
7–0
東 序二段 #22
5–2
 
西 三段目 #88
5–2
 
東 三段目 #53
4–3
 
東 三段目 #42
4–3
 
2002年
(平成14年)
西 三段目 #28
4–3
 
西 三段目 #14
優勝
7–0
西 幕下 #15
2–5
 
西 幕下 #27
2–5
 
東 幕下 #46
5–2
 
西 幕下 #26
2–5
 
2003年
(平成15年)
東 幕下 #46
4–3
 
東 幕下 #38
5–2
 
東 幕下 #23
5–2
 
東 幕下 #11
5–2
 
東 幕下 #7
6–1
 
東 幕下 #1
3–4
 
2004年
(平成16年)
西 幕下 #2
4–3
 
東 十兩 #12
10–5
 
東 十兩 #7
6–9
 
東 十兩 #9
9–6
 
東 十兩 #4
優勝
11–4
西 前頭 #14
8–7
 
2005年
(平成17年)
東 前頭 #13
8–6–1[註 1]
 
西 前頭 #11
9–6
東 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #5
7–8
 
2006年
(平成18年)
東 前頭 #6
9–6
東 前頭 #2
8–7
西 小結
4–11
 
東 前頭 #4
6–9
 
東 前頭 #6
11–4
東 前頭 #1
6–9
 
2007年
(平成19年)
東 前頭 #4
10–5
 
東 小結
8–7
 
西 關脅
8–7
 
西 關脅
7–8
 
西 小結
10–5
東 小結
10–5
2008年
(平成20年)
西 關脅
9–6
東 關脅
8–7
 
東 關脅
9–6
東 關脅
10–5
東 關脅
12–3
東 關脅
13–2[註 2]
 
2009年
(平成21年)
東 大關 #3
8–7
 
西 大關 #2
10–5
 
西 大關 #1
14–1[註 2]
 
東 大關 #1
9–6
 
東 大關 #2
9–6
 
東 大關 #2
9–6
 
2010年
(平成22年)
西 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
9–6
 
西 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
8–7
 
東 大關 #2
0–4–11[註 3]
 
2011年
(平成23年)
西 大關 #2
8–7
 
假赛丑闻
比赛取消
西 大關 #2
10–5
 
西 大關 #1
14–1
 
東 大關 #1
8–7
 
西 大關 #1
8–7
 
2012年
(平成24年)
西 大關 #2
11–4
 
西 大關 #1
11–4
 
東 大關 #1
8–7
 
西 大關 #2
15–0
 
東 大關 #1
15–0
 
西 横綱
9–6
 
2013年
(平成25年)
西 横綱
15–0
 
東 横綱
9–6
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
14–1
 
2014年
(平成26年)
東 横綱
休場[註 4]
0–0–15
西 横綱
12–3
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
10–5
 
東 横綱 #2
3–2–10[註 5]
 
東 横綱 #2
11–4
 
2015年
(平成27年)
東 横綱 #2
11–4
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
1–1–13[註 6]
 
東 横綱 #2
休場[註 7]
0–0–15
東 横綱 #2
13–2
 
2016年
(平成28年)
東 横綱
12–3
 
東 横綱
9–6
 
東 横綱 #2
10–5
 
東 横綱 #2
13–2
 
東 横綱
12–3
 
東 横綱
11–4
 
2017年
(平成29年)
西 横綱
4–3–8[註 8]
 
東 横綱 #2
10–5
 
東 横綱 #2
11–4
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
11–4[註 9]
 
東 横綱
0–3–12[註 10]
 
2018年
(平成30年)

引退
––[註 11]
x x x x x
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)

註解[编辑]

  1. ^ 臀部膿瘍と診断され、切開手術により途中休場
  2. ^ 2.0 2.1 白鵬と優勝決定戦
  3. ^ 前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)損傷および右肩亜脱臼により全治3週間の安静加療が必要と診断され途中休場
  4. ^ 左足関節靱帯損傷で全治2か月の加療要すと診断され初日から全休
  5. ^ 右眼窩内壁骨折で全治1か月の加療要すと診断され、5日目から途中休場
  6. ^ 右肘外側側副靱帯損傷で全治1か月の加療要すと診断され、2日目から途中休場
  7. ^ 右変形性肘関節症・右肘内側側副靱帯損傷で全治3か月の加療要すと診断され初日から全休
  8. ^ 右ハムストリング肉離れで全治まで1か月程度の安静加療を要する見込みと診断され、7日目から途中休場
  9. ^ 豪栄道と優勝決定戦
  10. ^ 左上腕骨内側上果炎及び、左尺骨神経痛(事実上は暴力問題)により3日目から途中休場
  11. ^ 2017年11月場所後の11月29日に引退を表明

参考文献[编辑]

  1. ^ Mongolian Harumafuji promoted to yokozuna. Japan Today. 26 September 2012 [26 September 2012]. 
  2. ^ Sumo: Mongolian ozeki Harumafuji promoted to yokozuna. The Mainichi. 26 September 2012 [26 September 2012]. 

外部链接[编辑]