曙太郎

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
曙太郎

曙太郎(1969年5月8日)原名為Chad George Haaheo Rowan[1],是一位日本相撲力士,出生於美國夏威夷州歐胡島,第64代橫綱、首位外國人橫綱。曙太郎在1988年3月初登場,2001年1月退休,已歸化取得日本籍。

所別成績[编辑]

566勝198敗181休
優勝11回、殊勲賞4回、敢闘賞2回、金星4個
曙太郎
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
1988年
(昭和63年)
x (前相撲) 東 序之口 #19
6–1
 
東 序二段 #97
5–2
 
東 序二段 #52
5–2
 
西 序二段 #15
6–1
 
1989年
(平成元年)
東 三段目 #60
5–2
 
東 三段目 #33
6–1
 
西 幕下 #55
6–1
 
東 幕下 #28
5–2
 
西 幕下 #14
5–2
 
東 幕下 #5
5–2
 
1990年
(平成2年)
東 幕下 #2
4–3
 
西 十兩 #12
8–7
 
西 十兩 #10
11–4
 
東 十兩 #3
11–4
 
東 前頭 #14
9–6
 
西 前頭 #7
9–6
1991年
(平成3年)
西 前頭 #1
8–7
東 小結
8–7
西 關脅
7–8
 
東 前頭 #1
8–7
西 小結
7–8
 
西 前頭 #1
8–7
1992年
(平成4年)
西 小結
13–2
東 關脅
8–7
 
西 關脅
13–2
東 大關 #1
休場
0–0–15[注 1]
東 張出大關
9–6[注 2]
 
西 大關 #1
14–1
 
1993年
(平成5年)
東 大關 #1
13–2
 
東 横綱
10–5
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
13–2[注 3]
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2[注 4]
 
1994年
(平成6年)
東 横綱
11–4
 
東 横綱
12–3[注 5]
 
東 横綱
10–2–3[注 6]
 
東 横綱
休場
0–0–15[注 7]
東 横綱
休場
0–0–15[注 8]
東 横綱
10–5
 
1995年
(平成7年)
西 横綱
12–3
 
西 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
7–3–5[注 9]
 
1996年
(平成8年)
西 横綱
0–3–12[注 10]
 
西 横綱
休場
0–0–15[注 11]
西 横綱
10–5
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
11–4[注 12]
 
1997年
(平成9年)
東 横綱
12–3
 
西 横綱
12–3[注 13]
 
西 横綱
13–2[注 14]
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
9–6
 
西 横綱
休場
0–0–15[注 15]
1998年
(平成10年)
西 横綱
10–5
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
10–5
 
東 横綱
11–4
 
西 横綱
10–5
 
東 横綱 #2
休場
0–0–15[注 16]
1999年
(平成11年)
東 横綱 #2
休場
0–0–15[注 17]
東 横綱 #2
休場
0–0–15[注 18]
東 横綱 #2
11–4
 
東 横綱
13–2[注 19]
 
東 横綱
2–2–11[注 20]
 
東 横綱 #2
休場
0–0–15[注 21]
2000年
(平成12年)
西 横綱 #2
11–4
 
西 横綱
12–3
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
13–2
 
西 横綱
14–1
 
2001年
(平成13年)
東 横綱
休場
0–0–15[注 22]

引退
––[注 23]
x x x x
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)
  1. ^ 右足第5中足骨骨折により全休
  2. ^ 大関角番
  3. ^ 貴ノ花(のち貴乃花)・若ノ花(のち3代・若乃花)と優勝決定戦
  4. ^ 武蔵丸と優勝決定戦
  5. ^ 貴ノ浪貴闘力と優勝決定戦
  6. ^ 左膝内側半月板損傷・右膝関節内障により12日目より途中休場
  7. ^ 両膝内側半月板断裂・左大腿骨軟骨損傷により全休
  8. ^ 先場所についで、両膝内側半月板断裂・左大腿骨軟骨損傷により全休
  9. ^ 左大腿外側四頭筋不全断裂により10日目より途中休場
  10. ^ 右膝関節内障及び水腫により3日目より途中休場
  11. ^ 先場所についで右膝関節内障及び水腫により全休
  12. ^ 3代若乃花・武蔵丸・貴ノ浪・魁皇と優勝決定戦
  13. ^ 貴乃花・武蔵丸・魁皇と優勝決定戦
  14. ^ 貴乃花と優勝決定戦
  15. ^ 左膝半月板及び左膝軟骨損傷により全休
  16. ^ 腰椎分離症・変形性脊椎症により全休
  17. ^ 先場所についで、腰椎椎間板ヘルニアにより全休
  18. ^ 3場所連続で、腰椎椎間板ヘルニアにより全休
  19. ^ 出島と優勝決定戦
  20. ^ 左大腿内転筋挫傷により4日目より途中休場
  21. ^ 先場所についで、左大腿内転筋挫傷により全休
  22. ^ 両膝変形性膝関節症により全休
  23. ^ 1月場所終了直後に引退を表明

參考[编辑]

  1. ^ Ardolino, Frank. Dawson, Dawn P, 编. Great Athletes 1 Revised. Salem Press. 2002: 23–25 [1992]. ISBN 1-58765-008-8. 

連結[编辑]