白鵬翔

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
白鵬 翔
Hakuho 2012 January.JPG
四股名 白鵬 翔
本名 芒可巴特·達瓦扎爾格勒
Мөнхбатын Даваажаргал
ᠮᠥᠩᠬᠡᠪᠠᠲᠤ ᠶᠢᠨ
ᠳᠠᠸᠠᠵᠢᠷᠭᠠᠯ
出生 (1985-03-11) 1985年3月11日(32歲)
出生地  蒙古烏蘭巴托
身高 192cm
體重 155kg
所属部屋 宮城野部屋日语宮城野部屋
成绩
最高等级 第69代橫綱(2007年5月)
终生战绩 1050胜219败58休(98场所)
幕内战绩 956胜171败58休(79场所)
冠军 幕内优胜:39回
十两优胜:1回
资料
首次登场 2001年3月
晋升幕内 2004年5月
备注
现在

白鹏翔(1985年3月11日),本名芒可巴特·达瓦扎尔格勒蒙古語Мөнхбатын Даваажаргал拉丁字母转写:Mönkhbatyn Davaajargal[1]),是所属於宫城野部屋相扑训练所的一名现役大相扑力士,第69代横纲

白鹏翔出生在蒙古国乌兰巴托市。他身高1米92,体重155公斤。他的父親Jigjidiin Mönkhbat是1968年夏季奥林匹克运动会自由式摔角的銀牌得主。

白鵬於2006年8月在台湾表演

个人生活[编辑]

2010年,白鹏翔与和田纱代子在明治神宫举行了婚礼。[2]

戰績[编辑]

截至2017年7月場所

生涯战绩[编辑]

  • 生涯战绩:1050胜219败58休(98场所)
  • 幕内战绩:956胜171败58休(79场所)
  • 横纲战绩:762胜101败37休(60场所)

在2017年7月名古屋場所第13天比賽中得到第1048勝,是歷代相撲力士中勝數最多的人。

优胜[编辑]

  • 幕内优胜:39回 (歴代第一位)
    • 2006年 5月场所
    • 2007年 3月场所、5月场所、9月场所、11月场所
    • 2008年 1月场所、7月场所、9月场所、11月场所
    • 2009年 3月场所、7月场所、11月场所
    • 2010年 3月场所、5月场所、7月场所、9月场所、11月场所
    • 2011年 1月场所、5月场所、9月场所、11月场所
    • 2012年 3月场所、11月场所
    • 2013年 3月场所、5月场所、7月场所、9月场所
    • 2014年 1月场所、5月场所、7月场所、9月场所、11月场所
    • 2015年 1月场所、3月场所、7月场所
    • 2016年 3月场所、5月场所
    • 2017年5月場所、2017年7月場所
  • 十两优胜:1回(2004年3月场所)

三赏、金星[编辑]

  • 三赏:6回
    • 殊勋赏:3回(2004年11月场所、2006年1月场所、2006年3月场所)
    • 敢斗赏:1回(2004年5月场所)
    • 技能赏:2回(2005年1月场所、2006年3月场所)
  • 金星:1个


         

白鵬翔
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
x (前相撲) 東 序之口 #16
3–4
 
東 序之口 #18
5–2
 
東 序二段 #97
5–2
 
西 序二段 #55
4–3
 
2002年
(平成14年)
東 序二段 #33
5–2
 
東 三段目 #98
6–1
 
東 三段目 #38
4–3
 
西 三段目 #23
3–4
 
西 三段目 #44
4–3
 
西 三段目 #28
4–3
 
2003年
(平成15年)
東 三段目 #16
5–2
 
西 幕下 #54
4–3
 
西 幕下 #44
5–2
 
東 幕下 #30
4–3
 
東 幕下 #23
6–1
 
東 幕下 #9
6–1
 
2004年
(平成16年)
東 十兩 #12
9–6
 
西 十兩 #8
12–3
 
東 前頭 #16
12–3
東 前頭 #8
11–4
 
東 前頭 #3
8–7
 
西 前頭 #1
12–3
2005年
(平成17年)
西 小結
11–4
西 關脅
8–7
 
東 關脅
9–6
 
東 關脅
6–3–6
 
西 前頭 #1
9–6
 
西 小結
9–6
 
2006年
(平成18年)
西 關脅
13–2
東 關脅
13–2[3]
西 大關 #3
14–1[4]
 
東 大關
13–2
 
東 大關
8–7
 

休場
0–0–15
2007年
(平成19年)
西 大關 #3
10–5
 
西 大關
13–2[3]
 
東 大關
15–0
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
13–2
 
東 横綱
12–3
 
2008年
(平成20年)
東 横綱
14–1
 
東 横綱
12–3
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
15–0
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2[5]
 
2009年
(平成21年)
東 横綱
14–1[3]
 
西 横綱
15–0
 
東 横綱
14–1[5]
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
14–1[3]
 
西 横綱
15–0
 
2010年
(平成22年)
東 横綱
12–3
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
14–1[6]
 
2011年
(平成23年)
東 横綱
14–1
 
作假醜聞
比賽取消
東 横綱
13–2
 
東 横綱
12–3
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
14–1
 
2012年
(平成24年)
東 横綱
12–3
 
東 横綱
13–2[7]
 
東 横綱
10–5
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
14–1
 
2013年
(平成25年)
東 横綱
12–3
 
西 横綱
15–0
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
2014年
(平成26年)
西 横綱
14–1[7]
 
東 横綱
12–3
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
14–1
 
2015年
(平成27年)
東 横綱
15–0
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
11–4
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
0–3–12[8]
 
西 横綱
12–3
 
2016年
(平成28年)
西 横綱
12–3
 
西 横綱
14–1
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
10–5
 
西 横綱
休場
0–0–15
東 横綱 #2
11–4
 
2017年
(平成29年)
東 横綱 #2
11–4
 
東 横綱 #1
2–3–10
 
西 横綱 #2
15–0
 
東 横綱 #1
14–1
 
x x
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)

主要力士对战成绩,截至2010年1月。

普天王 8 1 旭天鵬 25 2 玉鷲 2 0
安美錦 27 4 琴欧洲 31 10 土佐豊 2 0
土佐ノ海 6 1 玉乃島 7 1 北太樹 4 0
黒海 9 2 露鵬 5 0 白馬 1 0
豪風 13 1 時天空 15 1 徳瀬川 1 0
北勝力 11 0 豊ノ島 22 2 隠岐の海 7 0
高見盛 5 1 日馬富士 23 14 若荒雄 3 0
垣添 9 1 稀勢の里 29 8 高安 2 0
出島 10 2 琴奨菊 33 3 栃乃若 2 0
栃乃洋 7 2 把瑠都 24 3 臥牙丸 4 0
雅山 23 4 鶴竜 24 2 豊響 2 1
朝赤龍 13 2 豊真将 15 0 妙義龍 5 1
栃東 8(2) 5 豪栄道 17 1 碧山 2 0
魁皇 27(1) 6(1) 海鵬 2 1 松鳳山 3 0
千代大海 21 6 若ノ鵬 3 0 魁聖 3 0
武双山 2 0 栃ノ心 14 0
琴光喜 23(1) 9 嘉風 6 0
朝青龍 13 12 栃煌山 16 1
岩木山 6 3 翔天狼 0 1
若の里 11 6 阿覧 11 0
霜鳳 2 0 春日王 1 0

参考文献[编辑]

  1. ^ 达瓦是星期一的意思,扎尔格勒是幸福之意。
  2. ^ 组图:日本横纲相扑手白鹏迎娶绝美新娘. 新民网. [2010-03-31] (中文(中国大陆)‎). 
  3. ^ 3.0 3.1 3.2 3.3 朝青龍と優勝決定戦
  4. ^ 雅山と優勝決定戦
  5. ^ 5.0 5.1 安馬(現:日馬富士)と優勝決定戦
  6. ^ 豊ノ島と優勝決定戦
  7. ^ 7.0 7.1 鶴竜と優勝決定戦
  8. ^ 因左大腿四頭筋腱炎,第3日起中途休場