备中松山藩

维基百科,自由的百科全书
(重定向自高梁藩
跳到导航 跳到搜索
松山城御根小屋正門(現・冈山县立高梁高等学校

备中松山藩(日语:備中松山藩びっちゅうまつやまはん Bitchū-Matsuyama han */?)是備中国冈山县)部分領有的藩。藩厅设置于松山城高梁市)。明治維新後改名为高梁藩(たかはしはん)。

略史[编辑]

明治4年(1871年),依照废藩置县成为高梁县。以後历经深津县小田县最终编入冈山县

歴代藩主[编辑]

備中代官 (1600年 - 1616年)

小堀家[编辑]

外様、1万4460石

  1. 正次(まさつぐ)
  2. 政一(まさかず)

池田家[编辑]

外様 6万5千石 (1617年 - 1641年)

  1. 長幸(ながよし)〔从五位下・備中守〕
  2. 長常(ながつね)〔从五位下・出雲守〕

水谷家[编辑]

外様 5万石 (1642年 - 1693年)

  1. 勝隆(かつたか)〔从五位下・伊勢守〕
  2. 勝宗(かつむね)〔从五位下・左京亮〕
  3. 勝美(かつよし)〔从五位下・出羽守〕

安藤家[编辑]

譜代 6万5千石 (1695年 - 1711年)

  1. 重博(しげひろ)〔从五位下・対馬守〕
  2. 信友(のぶとも)〔从四位下・対馬守〕

石川家[编辑]

譜代 6万石 (1711年 - 1744年)

  1. 総慶(ふさよし)〔从五位下・主殿頭〕

板倉家[编辑]

譜代 5万石→2万石 (1744年 - 1871年)

  1. 勝澄(かつずみ)〔从五位下・周防守〕
  2. 勝武(かつたけ)〔从五位下・美濃守〕
  3. 勝从(かつより)〔从五位下・隠岐守〕
  4. 勝政(かつまさ)〔从五位下・周防守〕
  5. 勝晙(かつあき)〔从五位下・周防守〕
  6. 勝職(かつつね)〔从五位下・周防守〕
  7. 勝静(かつきよ)〔正四位・伊賀守 老中〕
  8. 勝弼(かつすけ)〔从五位〕 2万石に減封(明治2年记载)

幕末の領地[编辑]

参考文献[编辑]

前任:
備中国
行政区変遷
1600年 - 1871年
(松山藩→高梁藩→高梁县)
继任:
深津县