眾議院議員總選舉

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

眾議院議員總選舉(日语:衆議院議員総選挙しゅうぎいんぎいんそうせんきょ shūgiin giin sōsenkyo */?)是日本國政選舉的一部份,為改選眾議院所有議席的選舉,因而以「總選舉英语General election」稱之。

現行憲法下的選舉[编辑]

選舉權[编辑]

選舉方式[编辑]

小選舉區[编辑]

目前共有289個地方選區。

比例代表區[编辑]

目前共有176個席位,分成11個選區。

經費[编辑]

每次選舉,都會花費約700億日圓[1]

歷屆選舉一覽表[编辑]

屆數 內閣 投票日 禮拜 投票率 議席 做滿任期定解散/日 最大黨 席數/百分比 備考
   
01回 山縣1 07/01_1890年(明治23年)7月1日 02/火曜 93.91% 300 立憲自由党 130 43.33% 議院内閣制度導入。初の衆議院議員総選挙
02回 松方1 02/15_1892年(明治25年)2月15日 01/月曜 91.59% 解散/1891年(明治24年)12月25日 立憲自由党 094 31.33%
03回 伊藤2 03/01_1894年(明治27年)3月1日 05/金曜 88.76% 解散/1893年(明治26年)12月30日 立憲自由党 120 40.00%
04回 伊藤2 09/01_1894年(明治27年)9月1日 06/土曜 84.84% 解散/1894年(明治27年)6月2日 立憲自由党 107 35.66%
05回 伊藤3 03/15_1898年(明治31年)3月15日 02/火曜 87.50% 解散/1897年(明治30年)12月25日 立憲自由党 105 35.00% 進歩党が104議席で第2党
06回 大隈1 08/10_1898年(明治31年)8月10日 03/水曜 79.91% 解散/1898年(明治31年)6月10日 憲政本党 124 41.33%
07回 桂1 08/10_1902年(明治35年)8月10日 07/日曜 88.39% 376 任期満了/1902年(明治35年)8月10日 立憲政友会 191 50.79% 秘密投票を導入
08回 桂1 03/01_1903年(明治36年)3月1日 07/日曜 86.17% 解散/1902年(明治35年)12月28日 立憲政友会 175 46.54%
09回 桂1 03/01_1904年(明治37年)3月1日 02/火曜 86.06% 379 解散/1903年(明治36年)12月11日 立憲政友会 133 35.09%
第10回 西園寺1 05/15_1908年(明治41年)5月15日 05/金曜 85.29% 任期満了/1908年(明治41年)3月1日 立憲政友会 187 49.34%
第11回 西園寺2 05/15_1912年(明治45年)5月15日 03/水曜 89.58% 381 任期満了/1912年(明治45年)5月15日 立憲政友会 209 54.85%
第12回 大隈2 03/25_1915年(大正4年)3月25日 04/木曜 92.13% 解散/1914年(大正3年)12月25日 立憲同志会 153 40.15%
第13回 寺内 04/20_1917年(大正6年)4月20日 05/金曜 91.92% 解散/1917年(大正6年)1月25日 立憲政友会 165 43.30%
第14回 05/10_1920年(大正9年)5月10日 01/月曜 86.73% 464 解散/1920年(大正9年)2月26日 立憲政友会 278 59.91%
第15回 清浦 05/10_1924年(大正13年)5月10日 06/土曜 91.18% 解散/1924年(大正13年)1月31日 憲政会 151 32.54%
第16回 田中義一 02/20_1928年(昭和3年)2月20日 05/金曜 80.36% 466 解散/1928年(昭和3年)1月21日 立憲政友会 218 46.78% 男子普通選挙開始。立憲民政党が216議席で第2党
第17回 濱口 02/20_1930年(昭和5年)2月20日 04/木曜 83.34% 解散/1930年(昭和5年)1月21日 立憲民政党 273 58.58%
第18回 犬養 02/20_1932年(昭和7年)2月20日 06/土曜 81.68% 解散/1932年(昭和7年)1月21日 立憲政友会 301 64.59%
第19回 岡田 02/20_1936年(昭和11年)2月20日 04/木曜 78.65% 解散/1936年(昭和11年)1月21日 立憲民政党 205 43.99%
第20回 04/30_1937年(昭和12年)4月30日 05/金曜 73.31% 解散/1937年(昭和12年)3月31日 立憲民政党 179 38.41% 食い逃げ解散。立憲政友会が175議席で第2党
第21回 東條 04/30_1942年(昭和17年)4月30日 04/木曜 83.16% 任期満了/1942年(昭和17年)4月30日 大政翼賛会 381 81.75% 翼賛選挙特例として任期を1年延長した上での任期満了
第22回 幣原 04/10_1946年(昭和21年)4月10日 03/水曜 72.08% 解散/1945年(昭和20年)12月18日 日本自由党 141 30.25% 男女普通選挙開始
第23回 吉田1 04/25_1947年(昭和22年)4月25日 05/金曜 67.95% 解散/1947年(昭和22年)3月31日 日本社会党 143 30.68% 旧憲法下最後の総選挙。片山内閣成立
第24回 吉田2 01/23_1949年(昭和24年)1月23日 07/日曜 74.04% 解散/1948年(昭和23年)12月23日 民主自由党 264 56.65% 新憲法下最初の総選挙。馴れ合い解散
第25回 吉田3 10/01_1952年(昭和27年)10月1日 03/水曜 76.43% 解散/1952年(昭和27年)8月28日 自由党 240 51.50% 抜き打ち解散
第26回 吉田4 04/19_1953年(昭和28年)4月19日 07/日曜 74.22% 解散/1953年(昭和28年)3月14日 自由党吉田派 199 42.70% バカヤロー解散
第27回 鳩山一郎1 02/27_1955年(昭和30年)2月27日 07/日曜 75.84% 467 解散/1955年(昭和30年)1月24日 日本民主党 185 39.61% 天の声解散
第28回 岸1 05/22_1958年(昭和33年)5月22日 04/木曜 76.99% 解散/1958年(昭和33年)4月25日 自由民主党 287 61.45% 話し合い解散55年体制初の総選挙
第29回 池田1 11/20_1960年(昭和35年)11月20日 07/日曜 73.51% 解散/1960年(昭和35年)10月24日 自由民主党 296 63.38%
第30回 池田2 11/21_1963年(昭和38年)11月21日 04/木曜 71.14% 解散/1963年(昭和38年)10月23日 自由民主党 283 60.59%
第31回 佐藤1 01/29_1967年(昭和42年)1月29日 07/日曜 73.99% 486 解散/1966年(昭和41年)12月27日 自由民主党 277 56.99% 黒い霧解散
第32回 佐藤2 12/27_1969年(昭和44年)12月27日 06/土曜 68.51% 解散/1969年(昭和44年)12月2日 自由民主党 288 59.25%
第33回 田中角栄1 12/10_1972年(昭和47年)12月10日 07/日曜 71.76% 491 解散/1972年(昭和47年)11月13日 自由民主党 271 55.19%
第34回 三木 12/05_1976年(昭和51年)12月5日 07/日曜 73.45% 511 任期満了/1976年(昭和51年)12月9日 自由民主党 249 48.72% ロッキード選挙。日本国憲法下で初の任期満了による衆議院議員総選挙
第35回 大平1 10/07_1979年(昭和54年)10月7日 07/日曜 68.01% 解散/1979年(昭和54年)9月7日 自由民主党 248 48.53%
第36回 大平2 06/22_1980年(昭和55年)6月22日 07/日曜 74.57% 解散/1980年(昭和55年)5月19日 自由民主党 284 55.57% ハプニング解散衆参同日選挙大平正芳首相急逝
第37回 中曽根1 12/18_1983年(昭和58年)12月18日 07/日曜 67.94% 解散/1983年(昭和58年)11月28日 自由民主党 250 48.92% 田中判決解散
第38回 中曽根2改2 07/06_1986年(昭和61年)7月6日 07/日曜 71.40% 512 解散/1986年(昭和61年)6月2日 自由民主党 300 58.59% 死んだふり解散。衆参同日選挙
第39回 海部1 02/18_1990年(平成2年)2月18日 07/日曜 73.31% 解散/1990年(平成2年)1月24日 自由民主党 275 53.71%
第40回 宮澤改 07/18_1993年(平成5年)7月18日 07/日曜 67.26% 511 解散/1993年(平成5年)6月18日 自由民主党 223 43.63% 嘘つき解散55年体制崩壊、細川内閣成立
第41回 橋本1 10/20_1996年(平成8年)10月20日 07/日曜 59.65% 500 解散/1996年(平成8年)9月27日 自由民主党 239 47.80% この回より小選挙区比例代表並立制
第42回 森1 06/25_2000年(平成12年)6月25日 07/日曜 62.49% 480 解散/2000年(平成12年)6月2日 自由民主党 233 48.54% 神の国解散。比例区の定数削減
第43回 小泉1改2 11/09_2003年(平成15年)11月9日 07/日曜 59.86% 解散/2003年(平成15年)10月10日 自由民主党 237 49.37%
第44回 小泉2改 09/11_2005年(平成17年)9月11日 07/日曜 67.51% 解散/2005年(平成17年)8月8日 自由民主党 296 61.66% 郵政解散
第45回 麻生 08/30_2009年(平成21年)8月30日 07/日曜 69.28% 解散/2009年(平成21年)7月21日 民主党 308 64.16% 民主党第1党で民社国連立政権による鳩山由紀夫内閣成立、自民党第1党から転落
第46回 野田改3 12/16_2012年(平成24年)12月16日 07/日曜 59.32% 解散/2012年(平成24年)11月16日 自由民主党 294 61.25% 近いうち解散自民党第1党で自公連立政権による第2次安倍内閣成立、民主党第1党から転落
第47回 安倍2改 12/14_2014年(平成26年)12月14日 07/日曜 52.66% 475 解散/2014年(平成26年)11月21日 自由民主党 291 61.26% アベノミクス解散
第48回 安倍3改3 10/22_2017年(平成29年)10月22日 07/日曜 53.68% 465 解散/2017年(平成29年)9月28日 自由民主党 284 61.08% 18歳選挙権導入後最初の衆議院議員総選挙

相關條目[编辑]

參考資料[编辑]

  1. ^ 総選挙事務700億円 貴重な一票忘れずに - 東京新聞・2014年11月22日付け《2017年10月14日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》

外部連結[编辑]