宇澤弘文

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
宇澤弘文
宇沢 弘文(うざわ ひろふみ)
出生 1928年7月21日
大日本帝國鳥取縣米子市
逝世 2014年9月18日(2014-09-18)(86歲)
日本東京都
国籍  日本
研究領域 数理经济学
机构 史丹佛大學
加州大學柏克萊分校
芝加哥大學
東京大學
中央大學 (日本)
同志社大學
母校 東京大學
史丹佛大學
東北大學 (日本)
学术顾问 Nobel prize medal.svg肯尼斯·约瑟夫·阿罗
著名學生 Nobel prize medal.svg约瑟夫·斯蒂格利茨
清瀧信宏
知名于 Uzawa two-sector growth model
Uzawa condition
著名獎項 文化功勞者(1983年)
日本学士院会員(1989年)
美國國家科學院客員会員(1995年)
文化勲章(1997年)
計量經濟學會Fellow
日語寫法
日語原文 宇沢 弘文
假名 うざわ ひろふみ
平文式罗马字 Uzawa Hirofumi

宇澤弘文(日语:宇沢 弘文うざわ ひろふみ Uzawa Hirofumi ?,1927年7月21日-2014年9月18日),是世界知名经济学家,專長为數理經濟學,曾任東京大学名誉教授。文化勲章表彰。贈從三位

宇澤教授被譽為「日本理論經濟學之父」,身後名列《日本經濟新聞》專欄「與諾貝爾經濟學獎擦肩的巨匠」[1]

生平[编辑]

東京大學理學部畢業,經濟學博士(日本東北大學)。歷經統計數學研究所日语統計数理研究所、壽險公司的工作之後,論文得到美國史丹佛大學教授肯尼斯·约瑟夫·阿罗(1972年諾貝爾經濟學獎得主)的認可,1956年赴美擔任研究助手,陸續於史丹佛、加州大學柏克萊分校從事工作。1964年擔任芝加哥大學經濟學教授,當時年僅36歲[2]約瑟夫·史迪格里茲(2001年諾貝爾經濟學獎得主)是他的學生。

1968年返日,擔任東京大學副教授,一年後升為教授,1989年退休。東大任教時期,清瀧信宏是他的學生。在歸國四十年期間,一直擔任日本政策投資銀行日语日本政策投資銀行的顧問。

1991年,參與隅谷調查團,協助調停成田機場問題

2011年東日本大地震的十天後(3月21日)一度中風,之後恢復健康[3]

2014年9月18日,因為肺炎在東京家中去世。

貢獻[编辑]

宇澤弘文成名於意思決策論、兩部門成長模型(Uzawa two-sector growth model)、不均衡動学理論(Uzawa condition)。門生涵蓋許多經濟學家,諸如淺子和美日语浅子和美吉川洋日语吉川洋小川喜弘日语小川喜弘清瀧信宏松島齊日语松島斉宮川努日语宮川努小島寛之日语小島寛之以及2001年诺贝尔经济学奖得主约瑟夫·斯蒂格利茨

中華民國總統李登輝就讀康乃爾大學時所撰寫的博士論文,使用了宇澤的兩部門成長模型。

榮譽[编辑]

著作[编辑]

單人著作
  • 『自動車の社会的費用』(岩波書店岩波新書], 1974年)
  • 『近代経済学の再検討――批判的展望』(岩波書店[岩波新書], 1977年)
  • 『ケインズ「一般理論」を読む』(岩波書店, 1984年)
  • 『近代経済学の転換』(岩波書店, 1986年)
  • 『経済動学の理論』(東京大学出版会, 1986年)
  • 『現代を問う』(東京大学出版会, 1986年)
  • 『現代日本経済批判』(岩波書店, 1987年)
  • 『現代経済学への反省――対談集』(岩波書店, 1987年)
  • 『公共経済学を求めて』(岩波書店, 1987年)
  • Preference, Production, and Capital: Selected Papers of Hirofumi Uzawa, (Cambridge University Press, 1988).
  • Optimality, Equilibrium, and Growth: Selected Papers of Hirofumi Uzawa, (University of Tokyo Press, 1988).
  • 『経済学の考え方』(岩波書店[岩波新書], 1989年)
  • 『学問の自由と経済学の危機』(かもがわ出版, 1989年)
  • 『「豊かな社会」の貧しさ』(岩波書店, 1989年)
  • 『経済解析――基礎篇』(岩波書店, 1990年)
  • 『「成田」とは何か――戦後日本の悲劇』(岩波書店[岩波新書], 1992年)
  • 『二十世紀を超えて』(岩波書店, 1993年)
  • 『地球温暖化の経済学』(岩波書店, 1995年)
  • 『地球温暖化を考える』(岩波書店[岩波新書], 1995年)
  • 『経済に人間らしさを――社会的共通資本と共同セクター』(かもがわ出版, 1998年)
  • 『日本の教育を考える』(岩波書店[岩波新書], 1998年)
  • 『算数から数学へ』(岩波書店, 1998年)
  • 『方程式を解く――代数』(岩波書店, 1998年)
  • 『図形を考える――幾何』(岩波書店, 1999年)
  • 『代数で幾何を解く――解析幾何』(岩波書店, 1999年)
  • 『ゆたかな国をつくる――官僚専権を超えて』(岩波書店, 1999年)
  • 『社会的共通資本』(岩波書店[岩波新書], 2000年)
  • 『ヴェブレン』(岩波書店, 2000年)
  • 『図形を変換する――線形代数』(岩波書店, 2000年)
  • 『関数をしらべる――微分法』(岩波書店, 2001年)
  • 『微分法を応用する――解析』(岩波書店, 2001年)
  • Economic Theory and Global Warming, (Cambridge University Press, 2003).
  • 『経済学と人間の心』(東洋経済新報社, 2003年)
  • 『経済解析――展開篇』(岩波書店, 2003年)
  • Economic Analysis of Social Common Capital, (Cambridge University Press, 2005).
  • 『経済学は人びとを幸福にできるか』(東洋経済新報社, 2013年)
共同著作
  • Studies in Linear and Non-Linear Programming, with Kenneth J. Arrow and Leonid Hurwicz, (Stanford University Press, 1958).
  • (稲田献一)『現代経済学(5)経済発展と変動』(岩波書店, 1972年)
  • (宮本憲一石川経夫内橋克人佐和隆光)『社会の現実と経済学――21世紀に向けて考える』(岩波書店, 1994年)
  • (内橋克人)『始まっている未来――新しい経済学は可能か』(岩波書店, 2009年)
編著
  • 『講座21世紀へ向けての医学と医療(4)医療の経済学的分析』(日本評論社, 1987年)
  • 『日本経済――蓄積と成長の軌跡』(東京大学出版会, 1989年)
  • 『日本企業のダイナミズム』(東京大学出版会, 1991年)
  • 『三里塚アンソロジー』(岩波書店, 1992年)
共同編著
  • (竹内啓伊藤誠石井寛治)『経済学と現代』(東京大学出版会, 1974年)
  • (鬼塚雄丞)『国際金融の理論――変動相場制と経済政策』(東京大学出版会, 1983年)
  • (篠原一)『世紀末の選択――ポスト臨調の流れを追う』(総合労働研究所, 1986年)
  • (河合隼雄藤沢令夫渡辺慧)『岩波講座転換期における人間(全11巻)』(岩波書店, 1989年-1990年)
  • (堀内行蔵)『最適都市を考える』(東京大学出版会, 1992年)
  • (高木郁朗)『市場・公共・人間――社会的共通資本の政治経済学』(第一書林, 1992年)
  • (國則守生)『地球温暖化の経済分析』(東京大学出版会, 1993年)
  • (茂木愛一郎)『社会的共通資本――コモンズと都市』(東京大学出版会, 1994年)
  • (國則守生)『制度資本の経済学』(東京大学出版会, 1995年)
  • (國則守生)『地球温暖化と経済成長――日本の役割を問う』(岩波書店岩波ブックレット, 1997年)
  • (花崎正晴)『金融システムの経済学――社会的共通資本の視点から』(東京大学出版会, 2000年)
  • (田中廣滋)『地球環境政策』(中央大学出版部, 2000年)
  • (薄井充裕前田正尚)『社会的資本としての都市(1)都市のルネッサンスを求めて』(東京大学出版会, 2003年)
  • (國則守生・内山勝久)『社会的資本としての都市(2)21世紀の都市を考える』(東京大学出版会, 2003年)
  • 武田晴人)『日本の政策金融(1)高成長経済と日本開発銀行』(東京大学出版会、2009年)
  • (大熊孝)『社会的共通資本としての川』(東京大学出版会, 2010年)
  • (橘木俊詔内山勝久)『格差社会を越えて』(東京大学出版会, 2012年)
著作集
  • 『宇沢弘文著作集――新しい経済学を求めて』(岩波書店, 1994年-1995年)
    • 1巻「社会的共通資本と社会的費用」
    • 2巻「近代経済学の再検討」
    • 3巻「ケインズ『一般理論』を読む」
    • 4巻「近代経済学の転換」
    • 5巻「経済動学の理論」
    • 6巻「環境と経済」
    • 7巻「現代日本経済批判」
    • 8巻「公共経済学の構築」
    • 9巻「経済学の系譜」
    • 10巻「高度経済成長の陰影」
    • 11巻「地球温暖化の経済分析」
    • 12巻「20世紀を超えて――都市・国家・文明」
翻譯書籍
  • ジョーン・ロビンソン『異端の経済学』(日本経済新聞社, 1973年)
  • ジョーン・ロビンソン, ジョン・イートウェル『現代経済学』(岩波書店, 1976年)
  • S・ボウルズ, H・ギンタス『アメリカ資本主義と学校教育――教育改革と経済制度の矛盾』(岩波書店, 1986年-1987年)

參見[编辑]

参考来源[编辑]

外部链接[编辑]