2019冠狀病毒病日本行政應對

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

2019冠狀病毒病日本行政應對(日语:2019年コロナウイルス感染症の流行に対する日本の行政の対応2019ねんコロナウイルスかんせんしょう の りゅうこう に たいする にほん の ぎょうせい の たいおう),介紹日本針對新型冠狀病毒感染症(COVID-19)疫情行政應對措施等。

政府[编辑]

因應中國武漢市爆發新型冠狀病毒疫情並擴散日本政府有以下應對。

国土交通省觀光廳透過日本觀光振興協会,向訪日旅客介紹武漢肺炎諮詢熱線(JR大分站)。

政府經濟對策[编辑]

政府在2020年預算通過後,2度透過補充預算支援經濟。

第1次補充預算[编辑]

4月30日,第1次補充預算案通過。除執政党外,立憲、国民、日本維新会、共產、社民等党派亦投票贊成,令和新選組則投票反對[1]。一般会計支出總額為25兆6914億日圓,是歷史上支出最多的補充預算[1][2]。當中包括向所有国民一律派發10万日圓的特別定額給付金等。

當局並考慮透過折扣券,由国家承擔消費者外出食飯及旅行時支付的部分費用,並考慮對高齡者設定更高的補助率,進一步促進消費[3]

4月7日,政府發出緊急事態宣言,並決定推出相當於108兆日圓的緊急經濟對策。4月20日,內閣會議重新敲定經濟對策方案,加入10万日圓派發政策,總額擴大至相當於117兆日圓[4]。方案中包含2019年12月通過的經濟對策中未執行部分(19.8兆日圓),以及暫緩徵收税費、社会保險費(26兆日圓)[5]。被問及經濟對策中直接有用的真水日语真水 (経済用語)部分金額有多少,菅官房長官回答稱「知道真水沒有明確定義,不過(方案的)財政支出有39兆日圓」[6]

国民民主党代表玉木雄一郎批評,政府的經濟政策「像是用膨鬆劑膨鬆出來的經濟對策」[7]上武大学日语上武大学經濟学教授田中秀臣日语田中秀臣認為,應對方案中「維持日本經濟生命線的直接有用部分,不到所需金額的一半」[8]自民党議員聯盟日语議員連盟「日本未来思考學習会」得到50多名年輕議員贊同後,向總理大臣官邸及党本部建議實行「0消費税」「投入相當於30兆日圓的直接有用部份」等政策,議員聯盟代表安藤裕日语安藤裕 (政治家)公開批評當局,認為政府應對「打分的話,100分滿分得10分」,「只能提出這種經濟對策是沒有資格做執政党」[9]。安藤稱,他向党幹部的某議員進言「若無損失補償、毛利補償,會有公司倒閉」,獲回覆「這都撐不過去的公司就讓他倒閉」[10]。在自由民主党政務調查会上,有年輕議員主張「應發放停業補償」,不過在場人士大部分均認為「不勞動者不得食日语働かざる者食うべからず」,支持新自由主義自我責任論,幾乎無人贊同提議[11]

第1次補充預算案執行時有較大延遲,與美国等海外國家比較亦不算快[12]

派發10万日圓[编辑]

4月16日,內閣總理大臣安倍晋三表示考慮向每位国民一律派發10万日圓,作為經濟對策的一環,改變原先的「向收入減少的家庭派發30万日圓」政策,令補充預算案尚未提交至国会就要修改[13]。4月17日,安倍首相在記者会上致歉,稱「因我自己的責任,令到大家混乱,願意由衷道歉」[14]北海道東川町在政策通過前先行發放現金[15]

持續化給付金[编辑]

持續化給付金的業務以769億日圓委託給「服務設計推進協議會日语サービスデザイン推進協議会」後,協議會又以749億日圓委託給電通處理[16]。在野党質疑,再委託令中間的處理費用增加是有問題[16]。電通及後以645億日圓,將業務外判至5間集團企業[17]

6月1日,在野党議員訪問「服務設計推進協議會日语サービスデザイン推進協議会」,無人應答[18]。在野党質疑協議会是否為空殼公司[19]。除服務設計推進協議会外,參加招標的公司還有Deloitte Tohmatsu Financial Advisory,在野党要求公開Deloitte的投標金額,被政府拒絕[19][20]

第2次補充予算[编辑]

5月27日,政府內閣會議敲定第2次補充預算案。約117兆日圓的總額中,「真水」部分為計入国費等的33兆日圓[12]

6月12日,第2次補充預算通過。除自民党、公明党外,立憲民主党、国民民主党等組成的在野党共同会派亦投票贊成[21]。一般会計支出總額為31兆9114億日圓,是歷史上支出最多的補充予算[21]

預算的預備費有10兆日圓,亦是史上最多[22]。由於預備費多到史無前例,執政及在野党中均出現質疑聲音[23]。不僅在野党人士質疑,有自民党議員亦表示擔心,認為「違反財政民主主義」[23][24]

緊急事態宣言[编辑]

東京都為防疫情擴大,建議在家工作
  • 2020年3月30日,對於坊間流傳,政府會因應疫情,於4月1日發出緊急事態宣言自由民主黨總裁安倍晉三在自民党役員会上否認傳言,指「完全沒有這種事,必須注意這些虛假訊息及假新聞」。安倍並提及「有虛假訊息流傳,說後天會發出緊急事態宣言,甚至頒布戒嚴令」。官房長官菅義偉被問及會否對東京都發出緊急事態宣言時,稱「現在還能勉強維持。有關緊急事態宣言,需要綜合多方面的專業意見,慎重判断」[25]
  • 3月31日,東京都知事小池百合子與安倍晉三在總理大臣官邸会談,討論防疫政策。小池知事會見傳媒時,指「緊急事態宣言是由国家決定,需要由国家判断」[26]
  • 4月8日,依修例後的新型流行性感冒對策特別措置法,於7日對東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡等7個都府縣發出的「緊急事態宣言」在官報公示,正式生效。東京都等地開始避免外出,百貨公司陸續暫停營業,商業地區人烟稀少。宣言於5月6日前有效,為期1個月[27]
  • 4月17日,當局擔心感染逐漸由都市區擴散至地方,於16日發出全国緊急事態宣言。確診個案較少地區的民眾對此看法不一,有人認為「為何有我們縣」,有人則認為「為控制疫情,是有必要」。至於7日起列入宣言的7個都府縣,就和每日確診個案增長程度相似,医療体制受壓的北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都等6個道府縣,共13個都道府縣一起成為「特定警戒都道府縣」。當中,北海道已於2月28日及4月12日,愛知縣已於4月10日自行發出緊急事態宣言。4月20日,不屬於「特定警戒都道府縣」的沖繩縣亦自行發出縣的緊急事態宣言[28]
  • 4月25日,政府內部傾向認為,難以於5月6日全面解除因應疫情發出的緊急事態宣言,不少聲音指「特定警戒都道府縣」疫情未見受控,「難以考慮解除」。政府將於5月初做出最後決定。菅官房長官稱「状況時時刻刻都在變化。會諮詢專家意見,再決定是否延長」[29]
  • 5月1日,安倍首相從經濟再生相西村康稔處聽取專家会議結果,表示將延長全国的緊急事態宣言多大約1個月。4日將做出正式決定,召開記者会,請求国民合作。首相對傳媒表示,將「圍繞現在的緊急事態宣言體系大約延長1個月」的方針做決定[30]
  • 5月4日,安倍首相決定,將所有都道府縣的緊急事態宣言延長至5月31日。考慮到長期自我約束造成的影響,準備在疫情不嚴重的地方放寬限制,逐步重開社会經濟活動。預計在14日前分析各地的確診個案数及医療提供体制等情況,爭取在緊急事態到期前解除宣言[31]
  • 5月14日,政府向「基本性對處方針等諮問委員会」提出方案,準備解除包括茨城、石川、岐阜、愛知、福岡等5個特定警戒都道府縣在內,共39縣的緊急事態宣言,委員会認為方案妥当。當中,發生集體感染的愛媛縣是「有条件解除」。剩下北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫等8個都道府縣的宣言31日到期,留待21日判断可否解除。[32]
  • 5月19日,大阪、京都、兵庫的最近1星期新增個案数(每10万人口0.5人以下)已達到緊急事態宣言解除基準。在緊急事態宣言仍生效的8個都道府縣,17日前1星期的數字分別是大阪府0.31人,京都府0.23人,兵庫縣0.11人[33]
  • 5月20日,全国知事会提出緊急提議,請求政府判断是否解除緊急事態宣言時,考慮首都圈及關西圈的一体性。由於這些地方社会經濟關聯較強,若分都道府縣解除,疫情可能因人員流動再次擴大。政府準備於21日決定,宣言生效的8個都道府縣可否解除。經濟再生大臣西村表示,「東京及3縣的關東圈,大阪、兵庫、京都的關西圈需要整体判断,這是基本」[34]
  • 5月21日,安倍首相決定,解除因病毒疫情,對大阪、兵庫、京都3府縣發出的緊急事態宣言。北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川等5都道縣是否解除,則留待25日判断,稱「若可能,希望不到31日即解除」[35]
  • 5月24日,大阪、兵庫、京都等關西3府縣迎來緊急事態宣言解除後首個周末,商業設施及景區重現人潮。在大阪市第七藝術劇場日语第七芸術劇場」,電影愛好者在入口測量体温,並隔位就坐。大阪市的「WHITY UMEDA日语ホワイティうめだ」有約180間店鋪營業,神戶市的唐人街南京町亦有約半数店鋪營業。3府縣以外亦有不少人在周末外出[36]
  • 5月24日,政府將於25日判断,緊急事態宣言仍生效的東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道可否解除宣言。經濟再生大臣西村表示,東京都24日新增個案為14宗,北海道為15宗,「維持減少傾向」,期待能正式解除。厚生勞動大臣加藤稱,「状況改善,医療壓力大幅減少,將聽取專家意見,判断是否解除」。宣言的解除需考慮「感染状況」、「医療提供体制」、「病毒檢測」等監視体制,綜合判断[37]
  • 5月25日,政府決定,解除北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川等5個都道縣的緊急事態宣言。公布決定時,安倍首相首先表示,內閣會議將敲定緊急經濟對策中的第2次補充預算案(總額約100兆日圓),及後宣布提前解除宣言,稱「僅僅1個半月,疫情已近平息」,不需等到宣言月尾到期。至於北海道及神奈川縣並未滿足解除基準中,「最近1星期新增個案每10万人口0.5人以下」的目標,安倍就稱,是考慮到医療提供体制等因素,「綜合判断」後決定解除[38]。WHO及後將日本的應對評為「成功」[39]

特定警戒都道府縣[编辑]

  • 2020年5月3日,政府準備在4日延長緊急事態宣言的同時,於疫情嚴峻的「特定警戒都道府縣」外重開有防疫措施的社会經濟活動。政府將依據4日的基本性對處方針等諮問委員会評估報告,更改政策範圍。防疫措施基本方針包括「緊急事態宣言需要国民齊心,在所有都道府縣防止疫情擴散」,「特定警戒都道府縣需要繼續限制外出」,「特定警戒都道府縣外將更兼顧維持社会經濟活動,事實上容許人数較少的活動」,「按行業種類及設施製作防疫指引」[40]

厚生勞動省、檢疫所[编辑]

  • 国立保健医療科学院提供暫住場所[41]
  • 2020年2月13日,厚生勞動省宣布,若郵輪「鑽石公主号」上的乘客住在無窗房及無法開關窗戶的房間,或是有基礎疾病,可在接受病毒檢測呈陰性後提出下船,轉移至政府提供的住宿設施生活;這政策從80歲以上的高齡乘客開始實施[42]
  • 2月14日,厚生勞動省宣布,21日起實施「衛生環境激變對策特別借貸制度」,面向受新型冠狀病毒感染症影響的飲食店日语飲食店經營者、喫茶店經營者及旅館業經營者[43]
  • 2月17日,厚生勞動省發布「新型冠狀病毒感染症相關諮詢及就診標準」[44]
  • 3月22日,厚生勞動省發布「新型冠狀病毒感染症相關諮詢及就診標準」的解說文件[45]
  • 5月8日,厚生勞動省宣布,修訂「新型冠狀病毒感染症相關諮詢及就診標準」。在記者会上,厚生勞動大臣加藤勝信稱「這只是就診參考,卻被誤解為就診基準」[46]

国立感染症研究所[编辑]

  • 2020年4月28日公布,「現在在日本流行的病毒,有較大機會是3月末從欧美傳入的第二波。(國內)未發現鑽石公主號的病毒株,中国來的第一波此前亦已受控」[47]

防衛省、自衛隊[编辑]

2020年1月31日〜3月16日的自主派遣(第1次)[编辑]

考慮到新型冠狀病毒感染症對策是「無暇等待都道府縣知事等發出請求」,防衛省自衛隊決定以自衛隊法第83条第2項但書規定的災害派遣(自主派遣)日语災害派遣#災害派遣の種類形式前往救災[48][49]。此次支援活動共有4900人次參加,當中約2700人次負責支援「鑽石公主號」,約2200人次負責支援回国者[50]。最大的活動有150名陸上自衛官、約50名預備自衛官及2艘艦船參與[51]。出動部隊主要有陸上總隊日语陸上総隊司令部下的對特殊武器衛生隊日语対特殊武器衛生隊東部方面衛生隊日语東部方面衛生隊第1後方支援聯隊日语第1後方支援連隊[52]自衛隊中央醫院日语自衛隊中央病院亦有派遣医官、看護官、藥劑官等人員[50]關東補給處日语陸上自衛隊関東補給処用賀支處日语用賀駐屯地參與物資支援[53]

河野防衛大臣在任務中下達大臣命令,要求「自衛隊不能出現確診個案」[54][50]。除按厚生勞動省標準穿戴口罩、手套及罩衣外,自衛隊還自行決定穿戴防護服日语化学防護服[50],手套亦改為戴2層,並用膠紙封上與防護服的間隙[55]。郵輪方面曾以「令乘客不安」為由,請求不要穿防護服,但隊員並未理會[50]。此次災害派遣行動中,自衛隊員沒有出現確診個案,其他省廳及相關機關則有處理郵輪疫情的人確診[50]。3月16日,對「鑽石公主號」等的支援任務完成,防衛大臣下令結束災害派遣[56][50]

主要活動内容
  • 2月15日,租用民間郵輪「Silver Queen日语シルバークイーン (3代)」,派遣至橫濱港,用作活動隊員的後方支援據点[57]。19日,作業隊員加強防疫措施[58]。3月1日,結束在大黑埠頭日语大黒ふ頭的活動。
  • 3月8日,結束在外界的活動,改為在自衛隊醫院等地處理確診個案[59]
  • 3月12日,向外界提供陸上自衛隊保存的約35万個口罩,由保管地用賀駐屯地日语用賀駐屯地發送[53]
  • 3月16日,河野防衛大臣下令結束災害派遣活動[50]。自衛隊醫院繼續接收患者,若自治体有請求,自衛隊將再次提供支援[50]

2020年3月28日〜2020年5月31日的自主派遣(第2次)[编辑]

考慮到需緊急加強邊境措施,防止新型冠狀病毒感染症傳入,「無暇等待都道府縣知事等發出請求」,為進行「新型冠狀病毒感染症邊境對策強化相關救援活動」,防衛大臣再次對自衛隊下達災害派遣(自主派遣)日语災害派遣#災害派遣の種類命令[60]

活動内容方面,主要包括在成田国際機場等地採集病毒檢測樣本,以及將個案送至臨時休息設施,支援其生活[60]

4月6日起,在自衛隊支援下,提供防衛省共濟組合運營的「Hotel Grand Hill市谷」,用作臨時休息地[61][61]

在疫情逐漸受控後,2020年5月31日19時00分,此次自主派遣結束[62]。若都道府縣知事另有請求,將再次出動協助。

都道府縣知事因社區感染發出請求後的災害派遣[编辑]

以下是都道府縣知事等發出的新型冠狀病毒相關災害派遣請求。此處僅列出都道府縣知事對自衛隊發出的正式災害派遣請求,以自衛隊公布為准,不包括接受都道府縣「委託」進行的活動。截至2020年7月5日15時15分,共有27名都道府縣知事發出過災害派遣請求,請求次數39次。

都道府縣知事等發出的新型冠狀病毒相關災害派遣請求(截至7月5日15:15)
請求來自 請求時間 請求發往 請求、活動内容 收隊請求 備註、來源
北海道知事 鈴木直道 4月17日10時10分 陸自北部方面總監 生活支援等 4月24日 [63]
4月28日12時00分 教育支援 4月29日 [64]
5月08日08時30分 5月08日 即日收隊[65]
岩手縣知事 達增拓也 6月01日10時30分0 陸自東北方面總監 教育支援 6月05日 [66]
宮城縣知事 村井嘉浩日语村井嘉浩 4月03日19時00分 PCR檢測支援 4月06日 [67]
4月12日15時00分 4月15日 [68]
4月20日10時00分 陸自第6師團長 PCR檢測用帳篷搭建等 5月01日 [69]
福島縣知事 内堀雅雄日语内堀雅雄 4月22日10時00分 生活支援、職員教育 4月28日 [70]
群馬縣知事 山本一太 4月30日18時00分 陸自第12旅團長 教育支援 5月02日 [71]
茨城縣知事 大井川和彦日语大井川和彦 4月27日10時30分 陸自第1師團長 輸送支援、職員教育 4月28日 [72]
埼玉縣知事 大野元裕日语大野元裕 4月13日16時20分 宿泊支援等 4月20日 [73]
神奈川縣知事 黑岩祐治日语黒岩祐治 4月17日13時00分 生活支援 4月24日 [74]
千葉縣知事 森田健作 4月17日11時05分 生活支援 4月27日 [75]
東京都知事 小池百合子 4月06日17時00分 陽性患者的生活支援 4月13日 [76]
石川縣知事 谷本正憲日语谷本正憲 4月27日11時00分 陸自第10師團長 教育支援、輸送支援 5月03日 [77]
6月16日10時00分 教育支援 6月17日 [78]
岐阜縣知事 古田肇 5月13日14時00分 教育支援 5月14日 [79]
5月19日14時20分 5月20日 [80]
5月21日15時20分 5月22日 [81]
請求時間不明 6月11日 [82]
三重縣知事 鈴木英敬日语鈴木英敬 4月28日15時00分 教育支援 4月30日 [83]
滋賀縣知事 三日月大造日语三日月大造 4月27日17時00分 陸自第3師團長 教育支援 5月03日 [84][85]
奈良縣知事 荒井正吾日语荒井正吾 4月22日14時00分 職員教育 4月22日15時00分 即日收隊[86]
大阪府知事 吉村洋文 4月23日09時00分 職員教育 4月23日 [87]
兵庫縣知事 井戶敏三 4月13日09時00分 生活支援 4月19日 [88]
鳥取縣知事 平井伸治 6月09日10時00分 陸自第13旅團長 職員教育 6月12日 [89]
島根縣知事 丸山達也日语丸山達也 5月01日16時00分 職員教育 5月07日 [90]
香川縣知事 濱田惠造日语浜田恵造 4月20日12時00分 陸自第14旅團長 職員教育 4月24日 [91]
高知縣知事 濱田省司日语浜田省司 4月10日17時00分 陽性患者的生活支援 4月16日 [92]
福岡縣知事 小川洋日语小川洋 4月17日18時00分 陸自第4師團長 患者輸送等 4月27日 [93]
佐賀縣知事 山口祥義日语山口祥義 4月23日10時40分 陸自西部方面總監 職員教育 4月25日 [94]
長崎縣知事 中村法道日语中村法道 4月03日14時46分 海自第22航空群司令日语第22航空群 急患搬送 (活動完成) 壹岐機場→大村航空基地 間[95]
4月22日20時00分 陸自第4師團長 檢体採取支援 4月25日,更改内容 [96]
4月25日13時00分 医療支援 5月10日 [97]
4月27日17時00分 CT診断車派遣 5月14日 [98]
熊本縣知事 蒲島郁夫 4月23日10時45分 陸自第8師團長 職員教育 4月24日 [99]
5月25日10時24分 教育支援 5月29日 [100]
鹿兒島縣知事 三反園訓日语三反園訓 7月04日21時05分 陸自第12普通科連隊長日语第12普通科連隊 教育支援 7月05日 [101]
沖繩縣知事 玉城丹尼 4月2日15時30分 陸自第15旅團長 職員教育、患者輸送 4月30日 [102]

備註[编辑]

參與邊境對策的隊員数(截至5月27日):約8,600人次

生活支援者数(截至5月27日):約16,980人次

參與職員教育的隊員数(截至5月25日):約1,300人次

教育支援實施者数(截至5月25日):1,650人次

以上來源:[103]

国家安全保障会議「緊急事態大臣会合」[编辑]

由於疫情構成国家安全保障会議設置法日语国家安全保障会議設置法規定的「重大緊急事態[註 1],自国家安全保障会議2013年設立以來,6年多從未召開過的「緊急事態大臣会合」(期間召開過「四大臣会合」及「九大臣会合」)於2020年1月31日首次召開,及後平均每星期召開1次(截至3月10日)[104]。在加強對部分疫情嚴重的国家及地區實行的外国人入境限制時,考慮到措施不僅影響日本国内,還會對外交造成重大影響,做出決定前會召開「緊急事態大臣会合」商討[105][106][107][108][109][110]

聯絡会議[编辑]

聯絡会議是安倍首相、菅官房長官、加藤厚生勞動大臣等人商討應對策略的会議,2020年1月下旬起,幾乎每日都有召開[111]。政策在提交對策本部討論前,會先在此處由相關閣僚進行實際議論[112]。當局將新型冠狀病毒指定為「歷史性緊急事態」時,指這會議並非「政府做出決策的会議」,毋須留下會議記錄[112]。對外公開的議事概要中,20〜50分的會議,討論内容只有6〜19行,完全沒有記錄安倍首相等政府高官的發言[113],被質疑會阻礙日後檢視決策過程[113]

自治体[编辑]

2020年4月7日,對埼玉縣、千葉縣、東京都、神奈川縣、大阪府、兵庫縣、福岡縣等7個都府縣發出緊急事態宣言,5月6日前有效[114][115]。4月16日,生效範圍擴至所有都道府縣[116][117]。5月4日,緊急事態宣言有效期延至5月31日[118][119]。5月14日,解除39縣的非常事態宣言,北海道、千葉縣、埼玉縣、東京都、神奈川縣、京都府、大阪府、兵庫縣等8個都道府縣除外[120]。5月21日,應實施緊急事態措施的区域改為北海道、埼玉縣、千葉縣、東京都及神奈川縣,京都府、大阪府、兵庫縣不再屬於應實施緊急事態措施的区域(「新型冠狀病毒感染症緊急事態宣言相關公示全部變更公示」同年5月21日的官報特別号外第66号)[121]。5月25日,因不再需要實施緊急事態措施,宣布緊急事態結束(「新型冠狀病毒感染症緊急事態解除宣言相關公示」同年5月25日的官報特別号外第68号)[122]

確診個案数1~10位的都道府縣[123]

北海道[编辑]

2020年2月28日,在全國疫情最嚴重的北海道鈴木直道知事發出「新型冠狀病毒緊急事態宣言」,呼籲避免外出[124]。3月19日解除宣言,及後疫情反彈,4月再次發出「北海道、札幌市緊急共同宣言」[125]

青森縣[编辑]

2020年4月30日,青森縣教育委員会決定,5月7日起縣立学校復課[126]

栃木縣[编辑]

栃木縣遊技業協同組合呼籲栃木縣,不要請求波子機店停業[127]

埼玉縣[编辑]

2020年4月24日,大野元裕日语大野元裕知事承認埼玉縣内有2名診断為輕症的患者在家等待期間死亡,縣需要負上責任,表示將改變方針,不再容許無基礎疾病的輕症者及無症状者在家療養[128]

千葉縣[编辑]

東京都[编辑]

在避免外出請求下,2020年4月5日周日午間人流稀少的丸之內仲通日语丸の内仲通り

2020年3月25日,東京都新增41宗確診個案,比前一日17宗增加一倍以上,亦創下單日新增數新高。小池百合子知事召開緊急記者会,認為正面臨「感染是否爆發的重大局面」,「再這樣下去,會引致封城(都市封鎖)」[129]。3月27日,因應確診個案急增,東京都知事小池百合子表示「感染是否爆發的重要分水嶺」已來臨,呼籲周末及晚間避免外出,同時呼籲不要去上野公園井之頭公園代代木公園砧公園等82處都立公園或河邊聚会或賞花,部分公園路徑亦已關閉[130][131]

因應4月7日的緊急事態宣言,小池知事於同日發声明請求避免外出,及後與担当大臣西村康稔會面,4月10日公布設施停業請求的具體内容[132]

東京警報[编辑]

東京都表示,東京警報可「將都内疫情明確告知各位都民,呼籲提高警戒」[133],透過及時發出警戒資訊,防止疫情再次擴大[134]。東京警報只是都發出的警戒呼籲,不會限制都民生活[134]

由於东京都新增确诊人数有所反弹,疫情可能從夜間繁華地段及醫院蔓延,6月2日晚東京都发出“东京警报”[135]彩虹大橋東京都廳點上紅色燈光[136]。記者佐佐木俊尚日语佐々木俊尚在電台節目稱,「不清楚何為東京警報,於是用搜尋引擎搜尋,發現沒有網站或新聞介紹應該如何應對」,認為東京警報不夠簡明易懂[137]Diamond社日语ダイヤモンド社以「鮮紅的彩虹大橋人群聚集 新基準被批評難以理解」、「停業請求基準與警報無關 發出才10日就輕易廢止」等小標題,批評東京警報的問題[138]

警報發出10日後,东京都一周的平均单日新增病例低于20例,6月11日晚,东京都解除了“东京警报”[139],并决定从次日零时起进入放松限制的第三阶段[140]。6月12日,小池都知事宣布結束東京警報及分階段停業請求安排[141]。15日,決定重新審視警報發出基準[142]。警報解除後2星期(6月12〜25日),總共錄得500宗確診個案,是此前2星期(5月29〜6月11日)總計252宗個案的幾乎2倍[143]。東京都擔心經濟活動會再次停止,對再次發出警報姿態慎重[139]

東京都COVID-19對策網站[编辑]

神奈川縣[编辑]

2020年4月19日,神奈川縣向傳媒公開酒店「APA Hotel&Resort橫濱Bay Tower」内部情況,將於20日起接收輕症患者[144]

5月1日,對不聽從停業請求的波子機店發出停業指示[145]

富山縣[编辑]

石川縣[编辑]

2020年3月末,石川縣知事谷本正憲日语谷本正憲對東京都民稱「歡迎無症状者來訪」,4月10日改變態度,指「必須盡力防止人員進入石川縣」[146]

4月13日,石川縣自行發出緊急事態宣言[147]

福井縣[编辑]

2020年4月14日,福井縣自行發出緊急事態宣言[148]

岐阜縣[编辑]

2020年4月10日,岐阜縣自行發出非常事態宣言[149]

愛知縣[编辑]

2020年4月10日,愛知縣自行發出緊急事態宣言[149]

三重縣[编辑]

2020年4月10日,三重縣自行發出感染擴大阻止緊急宣言[149]

京都府[编辑]

2020年4月10日,京都府及京都市請求加入政府的緊急事態宣言生效地區[150]。5月7日,京都市自行發布新準則,為防集團感染,與確診個案有接触的人,無論有無症状,均進行病毒檢測[151]

大阪府[编辑]

2020年3月19日,知事吉村洋文與兵庫縣知事井戶敏三共同請求民眾,若無緊急需要,不要在3月20日-22日的三天假期往返大阪兵庫兩府縣[152][註 2]

4月8日,吉村知事公布,3日至7日收集有意供輕症患者等用作住宿療養地的酒店後,共有98間機構響應,涉及202間設施,共2万1千個房間[155]。4月13日宣布,第1間酒店定為『Super Hotel大阪天然温泉』(400室)[156]

5月5日,吉村知事公布府此前設定的數項基準,包括何時解除避免外出請求及停業請求,以及再次發出請求的数值基準。由於政府及国家對策本部未有公布過数值基準相關指引,是大阪府自行提出,故又称「大阪模式」。吉村當天接受採訪時,認為這類基準本應由国家提出。同日公布的大阪模式,評估時使用以下指標[157][158]

  1. 新增確診個案中,感染路徑不明者相比上一周的增加数
  2. 新增確診個案中,感染路徑不明者人数
  3. PCR檢測陽性率
  4. 提供給重症患者的病床使用率

5月6日,經濟再生担当大臣西村康稔談及吉村知事的意見,稱「他是不是搞錯了甚麼,有很強的違和感」,「(對店鋪)發出停業請求及解除(是知事的權限),他当然有責任說明」,對意見感到不快[159]

兵庫縣[编辑]

2020年3月19日,知事井戶敏三與大阪府知事吉村洋文共同請求民眾,若無緊急需要,不要在3月20日-22日的三天假期往返大阪兵庫兩府縣[152][註 2]

5月1日,兵庫縣對不聽從停業請求的波子機店發出全国首個停業指示[160][註 3]

廣島縣[编辑]

2020年4月21日,廣島縣知事湯崎英彦日语湯崎英彦稱考慮使用分發給縣職員的10万日圓給付金[162],隨後撤回[163]

香川縣[编辑]

2020年4月14日,香川縣自行發出緊急事態宣言[164]

福岡縣[编辑]

2020年4月14日,福岡市長宣布支援措施,包括向聽從停業請求的中小企業等發放上限50万日圓的租金補助[165]

5月29日,北九州市市長北橋認為,都市「正處於第2波(疫情)正中」。同市已出現21宗確診個案,市内有2處医療機構出現感染群組(感染集團)。福岡縣知事小川表示「有很強的危機感」[166]

沖繩縣[编辑]

2020年4月20日,沖繩縣自行發出緊急事態宣言[167]

年表[编辑]

2020年[编辑]

1月[编辑]

厚勞省、防衛省另行記載。

2月[编辑]

鑽石公主號郵輪集體感染
2月1日,郵輪鑽石公主號有乘客在香港確診,郵輪在那霸港接受檢疫。2月3日,郵輪停靠在横濱港大黑埠頭日语大黒埠頭近海,接受船内檢疫,5日驗出確診個案。2月19日,船内3011人已完成檢測。21日,乘客已下船。

22日,日本災害医学会發表抗議声明,指從武漢搭包機回国的約800人、參加鑽石公主号檢疫工作的医療人員及其家人,在職場等地遭遇不公待遇及欺凌[187]
新型冠狀病毒感染症對策本部的新型冠狀病毒感染症對策專門家会議開会(2020年2月16日於總理大臣官邸
新型冠狀病毒感染症對策本部的新型冠狀病毒感染症對策專門家会議開会(2020年2月16日於總理大臣官邸

3月[编辑]

  • 3月6日,政府決定取消舉辦東日本大震災追悼式典[207]。各受災自治体舉行的追悼式亦陸續取消或延期[208]
  • 3月9日,專家会議公布見解[209],分析日本「疫情未轉向爆發,一定程度上能撐住」,並舉出集體感染(疾病叢聚)的發生3条件(1.通風不好的密閉空間,2.多人密集,3.近距離說話或發声),呼籲避開滿足這些条件的地方。座長脇田隆字日语脇田隆字表示,取消活動及停課措施需要等到19日左右才能判斷成效,在這之前需要繼續現在的應對措施[210]
  • 3月10日,疫情的政府應對措施被指定為歷史性緊急事態,政府有義務記錄会議議事錄等資料,方便將來作出檢討[211][212]
  • 3月13日,將新型冠狀病毒感染症加入新型流行性感冒等對策特別措置法規管對象的特別措置法日语措置法参議院獲執政及在野党多数贊成,通過[219]。同法列有緊急事態宣言規定,内閣總理大臣安倍晋三表示,將考慮對国民的影響,慎重判断是否發出緊急事態宣言[211][212]
  • 3月16日,防衛大臣河野太郎命令自衛隊,結束持續46日的新型冠狀病毒相關災害派遣(自主派遣)活動[48][49]。自衛隊醫院繼續接收患者,自衛隊將在自治体難以應對時再次提供支援[59]
  • 3月16日晚間,G7首腦舉行緊急電話会議。安倍總理在会後表示,將東京奧運「作為人類戰勝新型冠狀病毒的證明,完整舉辦的想法,得到G7支持」,不過会後的共同声明未有提及奧運[220]
  • 3月18日,外務省向全世界發出級別1的感染症危險資訊(提請多加注意)[221],是首次對全世界發出感染症危險資訊[222]
  • 3月19日,專家会議表示擔心疫情,指現在仍能撐住,但若某一時間患者突然爆發性增長(「Overshoot」),令医療服務無法提供,可能必須採取強硬的封鎖措施(封城、關閉店鋪、避免外出等)[224]。同時表示,現時需維持及加強
  • 疾病叢聚(患者群組)的早發現、早應對
  • 患者早診断,充實對重症者的深切治療,保證医療提供体制
  • 市民改變行動模式
這3個基本戰略,並因應各地區疫情,在徹底避開封閉空間活動及集会(同時滿足3条件的地方)等高風險情形的同時,考慮逐步放開感染風險低的活動[224]
  • 3月20日,在新型冠狀病毒感染症對策本部会議上,確認不再延長小學、初中、高中等的停課請求[225]
  • 3月26日,因應東京都内新型冠狀病毒確診個案激增,政府設置基於改正新型流行性感冒對策特別措置法的對策本部(本部長:內閣總理大臣安倍晉三),並在總理大臣官邸召開首次会議。政令第六十号修訂將新型冠狀病毒感染症定為指定感染症等的政令,允許都道府縣知事為防感染症蔓延,封鎖建築物或暫停周邊交通最多72小時[226]
  • 3月28日,安倍首相第3次召開記者会,主要内容如下[227]
    • 現在未到緊急事態宣言階段,仍能勉強維持
    • 有關新学期是否如期開学,今周召開專家会議,聽取意見
    • 經濟對策果斷大膽,實施的政策組合強大及前所未有。補充預算將在約10日後提交国会。
    • 難以用税金補償活動取消的損失
  • 同日,防衛大臣河野太郎對自衛隊下達命令,為加強邊境應對,進入第2次災害派遣(自主派遣)[60]
  • 同日,依新型流行性感冒等對策特別措置法第18条第1項規定,公示新型冠狀病毒感染症對策基本性對處方針[228]

4月[编辑]

  • 4月3日,長崎縣向海上自衛隊請求災害派遣,幫助運送新型冠狀病毒患者;宮城縣向陸上自衛隊請求災害派遣,支援病毒檢測[95][67]
  • 4月6日,安倍首相表示,將於4月7日向東京都、神奈川縣、埼玉縣、千葉縣、大阪府、兵庫縣、福岡縣發出緊急事態宣言,為期1個月左右[229]。同日,東京都向陸上自衛隊請求災害派遣[76]
  • 4月7日,安倍首相依改正新型流行性感冒等對策特別措置法,向東京都、神奈川縣、埼玉縣、千葉縣、大阪府、兵庫縣、福岡縣等7個都府縣發出緊急事態宣言,4月8日至5月6日生效[230]
  • 4月9日,因應緊急事態宣言,政府決定重新安排原定於4月19日舉行的国事行為日语国事行為立皇嗣之禮日语立皇嗣の礼,不排除延期舉行[231]
  • 4月10日,高知縣向陸上自衛隊請求災害派遣[92]
  • 4月12日,宮城縣向陸上自衛隊請求災害派遣[68]
  • 4月13日,埼玉縣、兵庫縣向陸上自衛隊請求災害派遣[88][73]
  • 4月16日,安倍首相宣布,將緊急事態宣言擴大至所有都道府縣,有效期維持至5月6日不變。北海道、茨城縣、東京都、神奈川縣、埼玉縣、千葉縣、石川縣、岐阜縣、愛知縣、京都府、大阪府、兵庫府、福岡縣等13個都道府縣被指定為特定警戒都道府縣[117][232]
  • 4月17日,神奈川縣、千葉縣、北海道知事、福岡縣向陸上自衛隊請求災害派遣[75][74][63][93]
  • 4月20日,宮城縣、香川縣向陸上自衛隊請求災害派遣[91][69]
  • 4月21日決定,原定於4月尾到期的簽證效力及免簽待遇停止措施將再實行約1個月。1月時平均每日有約8万7千名外国人入境,4月底已降至每日約85人。由於發放給孕婦的布口罩出現不合格產品,厚勞省已暫停派發[233]
  • 4月22日,福島縣、奈良縣、長崎縣向陸上自衛隊請求災害派遣[86][70][96]
  • 4月23日,大阪府、佐賀縣、熊本縣、沖繩縣向陸上自衛隊請求災害派遣[87][94][99][102]
    • 23日,決定將俄羅斯等國加入封關對象,總計增至80多個国家[234]
  • 4月25日,長崎縣向陸上自衛隊請求災害派遣(更改内容)[97]
  • 4月27日,茨城縣、石川縣、滋賀縣向陸上自衛隊請求災害派遣[235][77][84]
  • 4月28日,北海道、三重縣向陸上自衛隊請求災害派遣[64][83]
  • 4月28日,安倍總理在預算委員会表示「某種意義上,精神比(經濟大蕭條)的時候還要緊張」,「是我們首次經歷的状況」[236]
  • 4月29日,長崎縣向陸上自衛隊請求災害派遣(追加請求)[98]
  • 4月30日,群馬縣向陸上自衛隊請求災害派遣[71]

5月[编辑]

  • 5月1日,專家会議召開,指發出緊急事態宣言後,「新增個案轉向穩定減少,但医療体制的壓力仍然持續」,認為放寬避免外出措施前,「只要新增個案不下降到一定水平,就必須繼續堅持限制外出」[237]。同日,島根縣向陸上自衛隊請求災害派遣[90]
  • 5月4日,政府決定將全国的緊急事態宣言延長至5月31日。
    • 內閣總理大臣安倍晉三表示,延長至31日是因為「要改善医療現場受壓的状況,需要1個月左右的時間」[238]
    • 當局未提出具体的解除基準。4日再次修訂的基本性對處方針中,指出將考慮疫情及医療提供体制等,「綜合判断」[239]
    • 當局在13個「特定警戒都道府縣」,請求盡力減少8成的人與人接触,並繼續發出避免外出及停業請求。在其他34縣則不請求減少8成接触[238]
  • 5月4日,專家会議召開。
    • 在會後的記者会上,副座長尾身茂就病毒檢測数比各国少的問題,表示「專家一致認為,應使有需要的人能夠接受檢測,現在做的還不夠。一早就討論這個問題,但進展未如理想,感到受挫」[240]
    • 專家会議公布「新生活樣式」,希望平衡防疫及經濟活動,當中針對各個生活場景提出具体建議,如購物「由1人或較少人,在非繁忙時段前往」,進餐時「避免使用大盤」等[241][242]
  • 5月8日,北海道向陸上自衛隊請求災害派遣[65]
  • 5月13日,岐阜縣向陸上自衛隊請求災害派遣[79]
  • 5月14日,除東京都、神奈川縣、千葉縣、埼玉縣、大阪府、京都府、兵庫縣、北海道外,39縣的緊急事態宣言解除[243]
  • 5月19日,岐阜縣向陸上自衛隊請求災害派遣[80]
  • 5月21日,大阪府、京都府、兵庫縣等3府縣的緊急事態宣言解除[244]。安倍總理此前發布、延長或解除緊急事態時均有見記者,不過當天就罕有地未召開記者会[245]。時事通信認為,他可能是不想被問到有關黑川弘務日语黒川弘務的問題[245]
    • 同日,岐阜縣向陸上自衛隊請求災害派遣[81]
  • 5月25日,對截至5月21日,仍未解除緊急事態宣言的5個都道縣,判断能否解除宣言[246]
  • 5月25日,熊本縣向陸上自衛隊請求災害派遣[100]
  • 5月26日,因應通信需求激增,決定向所有自治体投放共500億日圓,完善光纖網絡。在避免外出請求下,居家就業增多,計劃旨在推進高速通信基礎設施建設,所需經費列入2020年度第2次補充預算案[247]
  • 5月29日,防衛省航空自衛隊的特技飛行隊「藍色衝擊波飛行表演隊」在東京上空飛行,向包括提供治療的医療人員在內,所有參與應對新型冠狀病毒的人表達敬意及感謝之情[248][249]
  • 5月31日,防衛大臣河野太郎命令自衛隊,結束自主派遣[62]

6月[编辑]

  • 6月1日,岩手縣向陸上自衛隊請求災害派遣[66]
  • 6月9日,政府內閣會議通過決定,表示「難以準確界定何為疫情平息」[250]。此前,安倍首相曾於5月25日在記者会上稱「已基本平息今次疫情」,国民民主党岡本充功日语岡本充功及後提出質問主意書日语質問主意書,查詢「平息是指甚麼状態」[250][251]。同日,鳥取縣向陸上自衛隊請求災害派遣[89]
  • 6月11日,陸上自衛隊因應岐阜縣請求,實施災害派遣(請求時間不明)。[82]
  • 6月16日,石川縣向陸上自衛隊請求災害派遣[78]

7月[编辑]

  • 7月4日,鹿兒島縣向陸上自衛隊請求災害派遣[101]
  • 7月6日,「新型冠狀病毒感染症對策分科会」召開第1次会議,通過10日起放寬活動舉辦限制的政府提案[252]西村康稔大臣表示,疫情「與發出緊急事態宣言的4月上旬状況不同,這是共通認識」[252]
  • 7月22日,国家的觀光支援運動「Go To Travel」開始[253]。同日決定,暫緩放寬活動人数限制,入場者数上限維持5000人,直至8月末[254]。被問及「Go To Travel」開始與活動放寬暫緩是否有矛盾,菅官房長官認為「沒有矛盾」[255]

脚注[编辑]

註解[编辑]

  1. ^ 武力攻撃事態等、存立危機事態日语武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律重要影響事態日语重要影響事態国際平和共同對處事態、其他規定於自衛隊法日语自衛隊法第六章「自衛隊行動日语自衛隊の行動」的事態、其他有關国防的重要事態等外,有可能對日本安全造成重大影響的緊急事態,且難以透過普通的緊急事態應對体制適當處理的緊急事態
  2. ^ 2.0 2.1 此前兩縣出現多宗傳染路徑不明個案,厚生勞動省的集團感染對策班估算大阪府及兵庫縣3月20〜27日可能再多586人,28日〜4月3日可能再多3374人感染[153]。參與文件製作的国立保健医療科学院日语国立保健医療科学院齋藤智也指這個数值「不是最壞情況,而是若繼續如今應對措施不變,會發生的正常情況」[154]
  3. ^ 停業指示對Phoenix新在家、Phoenix摩耶店、Phoenix長田店發出。截至5月2日,這3間店鋪未理會停業指示,仍在繼續營業[161]
  4. ^ 政令及省令原定於1星期後的2月7日施行,後因世界衛生組織(WHO)於日本標準時1月31日宣布,疫情構成「國際關注的突發公共衛生事件」,當局在1月31日上午的眾議院預算委員会集中審議上表示,會將施行日提早至2月1日[172]。相關政令經內閣會議書面[173]通過,省令則由厚生勞動大臣下令修正,在同日的官報特別号外第5号公布並施行[174][175][176][177]
  5. ^ (上陸拒否)
    第五条 符合下列各号任一條件的外国人,不得入境本國。
    (略)
    十四 除上述各号規定人等外,法務大臣有足夠理由,認定有可能進行危害日本国利益或公安行為者
  6. ^ 有報道指,數字是基於都道府縣的報告數量,並不全面[190]

參考文獻[编辑]

  1. ^ 1.0 1.1 新型コロナ 25兆円補正予算、成立 一律10万円、中小支援. 毎日新聞. [2020-06-16] (日语). 
  2. ^ 補正予算が成立 10万円給付などコロナ対策. 日本経済新聞 電子版. [2020-06-16] (日语). 
  3. ^ 外食・旅行消費に助成 政府、売り上げ急減で重点支援. 日本経済新聞 電子版. [2020-03-26] (日语). 
  4. ^ 10万円、来月にも給付開始 対面避け各世帯に申請書 補正予算案決定、8.9兆円増:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-04-25] (日语). 
  5. ^ 経済対策、減収世帯や中小支援に重点 現金給付、要件複雑で混乱の懸念も. 毎日新聞. [2020-04-09] (日语). 
  6. ^ 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報. 毎日新聞. [2020-04-25] (日语). 
  7. ^ 国民・玉木代表、108兆円は「膨らし粉で膨らせた経済対策」. 産経ニュース. [2020年4月9日]. 
  8. ^ 経済対策108兆円は“金額の魔術”!? 識者「真水の部分は必要額の半分にも満たない」. zakzak. [2020年4月9日]. 
  9. ^ 安倍政権のコロナ経済対策、なんと自民若手たちが「批判」を始めた…!. 現代ビジネス. [2020年4月12日]. 
  10. ^ 日本文化チャンネル桜日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」『【経済討論】緊急事態宣言・安倍政権から日本を取り戻せるか?』、2020年4月11日
  11. ^ 藤和彦日语藤和彦「【コロナ禍】政府はなぜ休業補償に消極的なのか 「働かざる者食うべからず」の歴史的背景」1/2 週刊新潮
  12. ^ 12.0 12.1 2次補正予算案、透ける規模優先 執行は進まず. 日本経済新聞 電子版. [2020-05-27] (日语). 
  13. ^ 1人10万円、土壇場の修正「首相のメンツ丸つぶれ」:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-04-19] (日语). 
  14. ^ 首相、給付金「混乱招いた」と陳謝 外出自粛の強化訴え:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-04-19] (日语). 
  15. ^ 東川町で10万円支払い開始、湧別町も1日から:北海道新聞 どうしん電子版. 北海道新聞 どうしん電子版. [2020-05-29] (日语). 
  16. ^ 16.0 16.1 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党. 毎日新聞. [2020-06-01] (日语). 
  17. ^ 経産省、異例の検査で火消しに躍起 「時間稼ぎ」と野党批判 給付金再委託巡り. 毎日新聞. [2020-06-25] (日语). 
  18. ^ 給付金法人問題 経産省は情報出し渋り、事務所は応答なし:東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-06-25] (日语). 
  19. ^ 19.0 19.1 入札額黒塗り、政府「公表しない」 持続化給付金委託問題 野党ヒアリング詳報. 毎日新聞. [2020-06-25] (日语). 
  20. ^ 経産省へ提案翌日に落札 持続化給付金事業の受託法人 公平性疑問視の声も:東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-07-04] (日语). 
  21. ^ 21.0 21.1 2次補正予算が成立 20年度の歳出、160兆円超に. 日本経済新聞 電子版. [2020-06-16] (日语). 
  22. ^ 第2次補正予算が成立 過去最大規模の31兆9114億円、予備費も10兆円. 毎日新聞. [2020-06-16] (日语). 
  23. ^ 23.0 23.1 補正予算、甘い短期査定 財政規律の抜け道に. 日本経済新聞 電子版. [2020-06-16] (日语). 
  24. ^ 8日の衆院代表質問の詳報. 日本経済新聞 電子版. [2020-06-16] (日语). 
  25. ^ 「4月1日にも緊急事態宣言」とネットに臆測、首相が否定. 読売新聞. 2020-03-30 [2020-05-25]. 
  26. ^ 小池知事「国家としての判断求められている」 東京、新たに最多78人感染. 読売新聞. 2020-03-31 [2020-05-25]. 
  27. ^ 緊急事態宣言から一夜、ビジネス街や商業地閑散 「業務によっては出勤なので感染が怖い」. 読売新聞. 2020-04-08 [2020-04-08]. 
  28. ^ 感染増 地方に危機感…全国で緊急事態宣言. 読売新聞. 2020-04-17 [2020-04-17]. 
  29. ^ 緊急事態宣言、5月6日全面解除は困難か 「特定警戒地域」の収束見えず. 読売新聞. 2020-04-25 [2020-04-25]. 
  30. ^ 緊急事態宣言「1か月程度」延長、4日に決定…首相表明. 読売新聞. 2020-05-01 [2020-05-01]. 
  31. ^ 緊急事態宣言、今月31日まで延長が決定 対象は全都道府県. 読売新聞. 2020-05-04 [2020-05-04]. 
  32. ^ 39県「緊急事態宣言」解除、諮問委が妥当と判断 愛媛県は条件付きで. 読売新聞. 2020-05-14 [2020-05-14]. 
  33. ^ 関西3府県は「宣言」解除水準 「0.5人以下」満たす. 読売新聞. 2020-05-19 [2020-05-19]. 
  34. ^ 緊急事態解除「首都圏の一体性配慮を」 知事会提言案、政府判断控え. 読売新聞. 2020-05-20 [2020-05-20]. 
  35. ^ 関西3府県の宣言解除を決定 首都圏や北海道は25日に再判断. 読売新聞. 2020-05-21 [2020-05-21]. 
  36. ^ 緊急事態解除で人波戻る 週末の大阪・兵庫・京都. 読売新聞. 2020-05-24 [2020-05-24]. 
  37. ^ 首都圏・北海道の宣言解除、25日に判断 再生相「減少傾向変わらず」. 読売新聞. 2020-05-24 [2020-05-24]. 
  38. ^ 政府、緊急事態宣言すべて解除 経済対策200兆円規模. 朝日新聞. 2020-05-25 [2020-05-25]. 
  39. ^ 共同通信. 日本の対策「成功」と評価 WHO、第2波警戒訴え | 共同通信. 共同通信. 2020-05-25 [2020-05-26] (日语). 
  40. ^ 感染防止策とり社会経済活動の再開、容認へ 特定警戒都道府県を除き. 読売新聞. 2020-05-03 [2020-05-03]. 
  41. ^ 41.0 41.1 41.2 41.3 41.4 41.5 新型コロナウイルスに関連した感染症について 関係省庁における対応状況一覧(PDF)3月6日(金)
  42. ^ 横浜港で検疫中のクルーズ船内の乗客の皆様に関する今後の対応について. www.mhlw.go.jp. 2020/02/13 [2020-02-13]. (原始内容存档于2020-02-13) (日语). 
  43. ^ 新型コロナウイルス感染症関連特別融資について. 厚生労働省. 2020年2月14日 [2020-02-14] (日语). 
  44. ^ 発熱4日以上は電話を 厚労省、新型肺炎の相談目安公表. 日本経済新聞社. 2020-02-17 [2020-04-23]. 
  45. ^ 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について (PDF). 厚生労働省. 2020-03-22 [2020-05-11]. 
  46. ^ 家賃支援や大学生支援「対策講じるべく検討」 菅官房長官会見詳報. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2020-05-08 [2020-05-11]. 
  47. ^ 新型コロナ、日本で拡大中のウイルス 欧米から流入か. TBS NEWS. 東京放送. 2020-02-28 [2020-05-11]. (原始内容存档于2020-04-28). 
  48. ^ 48.0 48.1 自衛隊が派遣終了、隊員感染ゼロ 自然災害と異なり試行錯誤. 産経新聞. 2020-3-16 [2020-3-22]. 
  49. ^ 49.0 49.1 クルーズ船支援、自衛隊感染ゼロ. 共同通信社. 2020-3-21 [2020-3-22]. 
  50. ^ 50.0 50.1 50.2 50.3 50.4 50.5 50.6 50.7 50.8 自衛隊が派遣終了、隊員感染ゼロ 自然災害と異なり試行錯誤2020-3-16産経新聞
  51. ^ 51.0 51.1 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための帰国邦人等の救援に係る災害派遣の実施について - 防衛省・自衛隊(2020年1月31日)
  52. ^ 新型コロナウイルス感染症に係る災害派遣活動2 - 陸上自衛隊 陸上総隊司令部日语陸上総隊(2020年1月25日)
  53. ^ 53.0 53.1 陸上自衛隊 東部方面隊 [@JGSDF_EA_PR]. 関東補給処用賀支処は、令和2年3月12日(木)、新型コロナウイルス対応として陸上自衛隊が保有するマスクの運び出しを行いました。今回、用賀支処から運び出された約7千箱(約35万枚)のマスクをトラック2台に積載し、指定された場所へ輸送しました。(写真は、マスクの積載及び出発している状況です。) (推文). 2020-3-12 [2020-3-16] –通过Twitter. 
  54. ^ クルーズ船支援、自衛隊感染ゼロ. 共同通信社. 2020-3-21 [2020-3-22]. 
  55. ^ 特集記事クルーズ船 自衛隊は何をした?NHK,2020年3月18日
  56. ^ 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp]. 本日、河野防衛大臣は、1月31日から実施している新型コロナウイルス感染症に係る災害派遣活動の終結を命じました。自衛隊は、引き続き、患者の受け入れを自衛隊病院等で行うとともに、自治体のみで対応が困難な状況が発生した場合には、自治体等と連携して支援を行ってまいります。#防衛省・自衛隊 (推文). 2020-3-16 [2020-3-16] –通过Twitter. 
  57. ^ 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp]. 「ダイヤモンド・プリンセス号」において活動する自衛隊員の新たな活動拠点・宿泊場所となる、民間フェリー「シルバークィーン」(客室107室)が横浜港に接岸しました。本日は隊員の受入れ準備を行い、明日(2月15日)から、隊員の宿泊場所として利用していきます。 (推文). 2020-2-14 [2020-2-16] –通过Twitter. 
  58. ^ 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp]. 薬剤仕分け区画で作業をする隊員については、これまでサージカルマスクと手袋を着用し作業に当たっていましたが、感染リスクを局限するため、本日からガウン、ヘアキャップを追加で着用しています。#防衛省・自衛隊 #新型コロナウイルス感染症 (推文). 2020-2-19 [2020-2-20] –通过Twitter. 
  59. ^ 59.0 59.1 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp]. 昨日、自衛隊は、陸上の宿泊施設における生活支援や健康相談等の活動を終了いたしました。自衛隊は、今後も、自衛隊病院等においてPCR検査陽性者の対応を行ってまいります。#防衛省・自衛隊 (推文). 2020-3-9 [2020-3-14] –通过Twitter. 
  60. ^ 60.0 60.1 60.2 新型コロナウイルス感染症に対する水際対策強化に係る災害派遣の実施について - 防衛省(2020年3月28日)
  61. ^ 61.0 61.1 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp]. 本日(6日)から、帰国者等の検査結果が判明する間の一時滞在場所として、防衛省共済組合が運営する「ホテルグランドヒル市ヶ谷」でも受け入れることとしました。ホテル従業員等の健康管理と安全を十分に確保した上で、滞在される帰国者等が快適に過ごしていただけるよう対応させていただきます。 (推文). 2020-4-6 [2020-4-7] –通过Twitter. 
  62. ^ 62.0 62.1 防衛省統合幕僚監部 [@jointstaffpa]. 自衛隊は、3月28日から実施していた、新型コロナウイルス感染症に対する水際対策強化に係る災害派遣を、本日(5月31日)19時00分をもって終了しました。自衛隊は引き続き市中感染について、都道府県からの要請にしっかりと対応して参ります。#新型コロナウイルス #災害派遣 (推文). 2020-5-31 [2020-6-4] –通过Twitter. 
  63. ^ 63.0 63.1 北部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月17日)
  64. ^ 64.0 64.1 北部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月28日)
  65. ^ 65.0 65.1 北部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月8日)
  66. ^ 66.0 66.1 東北方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年6月4日)
  67. ^ 67.0 67.1 東北方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月3日)
  68. ^ 68.0 68.1 東北方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月12日)
  69. ^ 69.0 69.1 第6師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月20日)
  70. ^ 70.0 70.1 第6師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月22日)
  71. ^ 71.0 71.1 第12旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月1日)
  72. ^ 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月28日)
  73. ^ 73.0 73.1 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月13日)(埼玉県)
  74. ^ 74.0 74.1 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月19日)(神奈川県)
  75. ^ 75.0 75.1 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月17日)(千葉県)
  76. ^ 76.0 76.1 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月6日)(東京都)
  77. ^ 77.0 77.1 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月28日)
  78. ^ 78.0 78.1 第10師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年6月16日)
  79. ^ 79.0 79.1 第10師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月13日)
  80. ^ 80.0 80.1 第10師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月19日)
  81. ^ 81.0 81.1 第10師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月21日)
  82. ^ 82.0 82.1 防衛省統合幕僚監部 [@jointstaffpa]. #岐阜県 知事から新型コロナウイルス市中感染拡大防止に係る#災害派遣 要請を受けた陸上自衛隊 #第10師団は、本日(11日)、県職員等8名に対し、感染防護等に関する教育支援を実施しました。引き続き、感染防止活動の輪を広げていきたいと思います。 (推文). 2020-6-11 [2020-6-17] –通过Twitter. 
  83. ^ 83.0 83.1 第10師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月29日)
  84. ^ 84.0 84.1 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月27日)
  85. ^ 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣のお知らせの内容の追加について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月2日)
  86. ^ 86.0 86.1 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月22日)
  87. ^ 87.0 87.1 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月24日)
  88. ^ 88.0 88.1 第3師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月13日)
  89. ^ 89.0 89.1 第13旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年6月9日)
  90. ^ 90.0 90.1 第13旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月2日)
  91. ^ 91.0 91.1 第14旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月20日)
  92. ^ 92.0 92.1 第14旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月10日)
  93. ^ 93.0 93.1 第4師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月18日)
  94. ^ 94.0 94.1 西部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月24日)
  95. ^ 95.0 95.1 新型コロナウイルス患者の海自UH-60による後送について - 防衛省 統合幕僚監部(2020年4月3日)
  96. ^ 96.0 96.1 第4師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月22日)
  97. ^ 97.0 97.1 第4師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月25日)
  98. ^ 98.0 98.1 第4師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月30日)
  99. ^ 99.0 99.1 第8師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月23日)
  100. ^ 100.0 100.1 第8師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年5月25日)
  101. ^ 101.0 101.1 第12普通科連隊による新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣 の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年7月5日)
  102. ^ 102.0 102.1 第15旅団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月23日)
  103. ^ 新型コロナウイルス感染症に対する水際対策強化に係る災害派遣(2020年5月27日現在、2020年7月5日閲覧) - 防衛省・統合幕僚監部
  104. ^ 国家安全保障会議 開催状況. [2020-03-16]. 
  105. ^ 入国拒否、感染者の人口比で判断 出入国管理法も適用. 日本経済新聞. 2020-02-27 [2020-03-16]. 
  106. ^ 【独自】習主席 訪日延期 日中両政府が発表へ “環境整っていない”. FNN. 2020-03-05 [2020-03-16]. (原始内容存档于2020-03-06). 
  107. ^ 中韓からの来日自粛を要請へ 政府方針、観光目的対象 [新型肺炎・コロナウイルス]. 朝日新聞. 2020-03-05 [2020-03-16]. 
  108. ^ <新型コロナ>中韓からの入国規制 首相表明 ビザも停止 指定場所で2週間待機へ. 東京新聞. 2020-03-06 [2020-03-16]. 
  109. ^ イタリアの一部も入国拒否対象に. 日本経済新聞. 2020-03-11 [2020-03-16]. 
  110. ^ 日本、中韓に保健相電話会合提案 入国制限強化うけて. 朝日新聞. 2020-03-12 [2020-03-16]. 
  111. ^ 新型コロナ「連絡会議」概要も公表に後ろ向き 菅長官「国会の要求には適切に対応」. 毎日新聞. [2020-06-13] (日语). 
  112. ^ 112.0 112.1 新型コロナ 「歴史的緊急事態」初指定 連絡会議、議事録なし 作成義務対象外. 毎日新聞. [2020-06-13] (日语). 
  113. ^ 113.0 113.1 コロナ連絡会議 議事概要に首相の発言記載なし 各回わずか6~19行 検証困難. 毎日新聞. [2020-06-13] (日语). 
  114. ^ 官報、2020年4月7日、特別号外第44号、p.1. [2020年6月10日]. (原始内容存档于2020年4月8日). 
  115. ^ 首相、緊急事態宣言を発令 8日午前0時に効力発生 7都府県対象に 毎日新聞 (2020年4月7日) 、2020年4月9日閲覧。
  116. ^ 官報、2020年4月16日、特別号外第50号、p.1. [2020年6月10日]. (原始内容存档于2020年4月16日). 
  117. ^ 117.0 117.1 「緊急事態宣言」全国に拡大 効力発生 新型コロナウイルス. NHKニュース. 2020-04-16 [2020-04-16]. (原始内容存档于2020-04-16). 
  118. ^ 官報、2020年5月4日、特別号外第58号、p.1. [2020年6月10日]. (原始内容存档于2020年5月4日). 
  119. ^ 緊急事態、31日まで延長決定 首相「期限前の解除も」. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2020-05-04 [2020-05-04]. 
  120. ^ 緊急事態宣言 39県を解除 首相「県境越える移動自粛を」. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2020-05-14 [2020-05-5]. 
  121. ^ 官報、2020年5月21日、特別号外第66号、p.1. [2020年6月10日]. (原始内容存档于2020年5月21日). 
  122. ^ 官報、2020年5月25日、特別号外第68号、p.1. [2020年6月10日]. (原始内容存档于2020年5月21日). 
  123. ^ 都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ Coronavirus COVID-19 Japan Case (2019-nCoV). 
  124. ^ 北海道知事が「緊急事態宣言」、週末の外出自粛を要請日本経済新聞2020/2/28 17:42 (2020/2/28 18:14更新
  125. ^ 札幌市の小中高校など臨時休校に”. NHK NEWS WEB (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  126. ^ 新型コロナ 県立校7日に再開へ 県教委「休校延長の状況にない」 /青森. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2020-05-01 [2020-05-04]. 
  127. ^ 「休業要請、パチンコ店除外を」栃木県遊技業組合が全国初の要望. 毎日新聞. 2020-05-01 [2020-05-02]. 
  128. ^ 新型コロナ:埼玉、軽症者ホテル療養へ 知事「責任重い」. 日本経済新聞. 2020-04-24 [2020-05-01]. 
  129. ^ 東京 外出自粛を要請. 朝日新聞. 2020-03-26: 1. 
  130. ^ 小池都知事「重大な岐路」 外出自粛、来週以降も―新型コロナ時事ドットコム2020年3月27日12時46分
  131. ^ 東京都、上野公園など82公園・河川敷での花見宴会の自粛要請Newsweekjapan2020年3月5日(木)10時06分
  132. ^ 小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年4月10日). 東京都. 2020-04-10 [2020-05-01]. 
  133. ^ ◆◆◆東京アラート発動中◆◆◆|東京都防災ホームページ. web.archive.org. 2020-06-02 [2020-06-28]. 
  134. ^ 134.0 134.1 「東京アラート」生活への影響は? 解除はいつ?. 日本経済新聞 電子版. [2020-06-28] (日语). 
  135. ^ 「東京アラート」初の発令 都内、新たに34人感染:東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-06-28] (日语). 
  136. ^ 小池知事「東京アラート」が抱える矛盾 レインボーブリッジが緑色になる日. デイリー新潮. [2020-06-28] (日语). 
  137. ^ わかりにくい「東京アラート」~発動されるとどうなるのか. ニッポン放送 NEWS ONLINE. [2020-06-28]. 
  138. ^ 「テレビ映え」の東京アラートは大阪のマネ? 基準なき警戒警報の迷走(全4ページ). ダイヤモンド編集部. 2020-07-04 [2020-07-04]. 
  139. ^ 139.0 139.1 東京アラートって、いったい何? 再び感染増でも発令せず “旧”基準2指標上回る. 毎日新聞. [2020-06-28] (日语). 
  140. ^ 日本东京都解除“东京警报”. 
  141. ^ 「何の意味があったのか」都民に困惑、第2波不安 東京アラート終了:東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-06-28] (日语). 
  142. ^ 感染者増、東京アラート出さない都庁 逆に指標を見直す:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-06-28] (日语). 
  143. ^ 解除後に増え続ける感染者、その感染時期は…「東京アラート」効果に疑問の声:東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-06-28] (日语). 
  144. ^ 新型コロナ軽症者受け入れる横浜のホテル 報道陣に公開. NHKニュース. 2020-04-19 [2020-05-01]. (原始内容存档于2020-05-19). 
  145. ^ パチンコ店に休業指示 特措法に基づき全国初―兵庫、神奈川県. 時事ドットコム. 時事通信社. 2020-05-01 [2020-05-02]. 
  146. ^ https://www.asahi.com/articles/ASN4B7J9QN4BPISC023.html
  147. ^ 石川県が独自の緊急事態宣言 外出自粛を改めて要請. 日本経済新聞. 2020-04-13 [2020-05-02]. 
  148. ^ 福井県も独自の緊急事態宣言 企業に出勤削減求める. 日本経済新聞. 2020-04-14 [2020-05-02]. 
  149. ^ 149.0 149.1 149.2 野村阿悠子; 黒詰拓也; 森田采花. 愛知、岐阜、三重が独自に緊急事態宣言 法的根拠なし、5月6日まで. 毎日新聞. 2020-04-10 [2020-05-02]. 
  150. ^ 京都「休業要請、現在考えず」 一問一答・府知事と京都市長 新型コロナ「緊急事態」要請と現状認識とは. 京都新聞. 2020-04-10 [2020-05-02]. 
  151. ^ 京都新聞2020年5月8日朝刊p5
  152. ^ 152.0 152.1 大阪-兵庫間の行き来、3連休中の自粛要請 大阪府知事. 朝日新聞デジタル. [2020-03-22] (日语). 
  153. ^ 「追えぬ感染」警戒強まる、大阪で50人超 新型コロナ. 日本経済新聞. 2020-03-23 [2020-03-28] (日语). 
  154. ^ 感染者激増、そして医療崩壊…大阪ー兵庫往来自粛の根拠となったシビアな試算の意味. 毎日新聞. [2020-03-28] (日语). 
  155. ^ 軽症者向け施設に2万室超の応募 大阪府が募集、3000室確保へ. 東京新聞. 2020-04-08 [2020-05-01]. [永久失效連結]
  156. ^ 新型コロナウイルス軽症者等の宿泊療養にかかる宿泊施設について. 大阪府. 2020-04-13 [2020-05-01]. 
  157. ^ 吉村知事怒り「本来ならば国に」大阪モデル出口戦略 - 社会 : 日刊スポーツ. nikkansports.com (日语). 
  158. ^ 府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』. 大阪府 (日语). 
  159. ^ INC, SANKEI DIGITAL. 西村担当相、吉村大阪府知事に不快感 「強い違和感感じる」. 産経ニュース. 2020-05-06 [2020-05-16] (日语). 
  160. ^ パチンコ店に休業指示 特措法に基づき全国初―兵庫、神奈川県. 時事ドットコム. 時事通信社. 2020-05-01 [2020-05-02]. 
  161. ^ 兵庫のパチンコ3店舗 休業指示後の2日も営業継続 - 産経ニュース. 産経新聞社. 2020-05-02 [2020-05-02]. 
  162. ^ 京都新聞2020年4月22日朝刊p5
  163. ^ 京都新聞2020年4月23日朝刊p22
  164. ^ 香川県が独自の緊急事態宣言 新型コロナ、急速な感染拡大受け. 山陽新聞. 2020-04-14 [2020-05-02]. 
  165. ^ 泉修平. 福岡市が100億円規模の独自支援策 50万円上限に店舗賃料の8割補助. 西日本新聞. 2020-04-14 [2020-05-02]. 
  166. ^ 北九州市長「第2波のまっただ中にいる」 施設の休止拡大など指示. 読売新聞. 2020-05-29 [2020-05-29]. 
  167. ^ 沖縄県、独自の緊急事態宣言発令 特定警戒へ指定も要請. 琉球新報. 2020-04-20 [2020-05-02]. 
  168. ^ 168.00 168.01 168.02 168.03 168.04 168.05 168.06 168.07 168.08 168.09 168.10 第二回対策本部
  169. ^ 《補正予算案の実質的審議》【国会中継】衆議院 予算委員会 ~令和2年 1月27日~ - ニコニコ生放送アーカイブ
  170. ^ 日本放送協会(NHK NEWS WEB). 新型肺炎を「指定感染症」に 閣議決定. NHKニュース. 2020-1-28 [2020-1-28]. (原始内容存档于2020-1-28). 
  171. ^ 検疫法施行令の一部を改正する政令(令和二年政令第十二号)、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第三条の規定により感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の規定を準用する場合の読替えに関する省令(令和二年厚生労働省令第九号)、検疫法施行規則の一部を改正する省令(令和二年厚生労働省令第十号). インターネット版官報(特別号外第4号). 国立印刷局. 2020-1-28 [2020-1-28]. (原始内容 (PDF)存档于2020-1-28). 
  172. ^ 【国会中継】衆議院 予算委員会 ~令和2年 1月31日~ - ニコニコ生放送アーカイブ
  173. ^ 令和2年1月31日(金)持ち回り閣議案件. 首相官邸. [2020-3-13]. 
  174. ^ 新型肺炎「指定感染症」2月1日施行 WHO緊急事態宣言. 日本経済新聞. 日本経済新聞. 2020-1-31 [2020-1-31]. 
  175. ^ 日本放送協会(NHK NEWS WEB). 新型肺炎「指定感染症」政令 施行日をあすに前倒し 閣議決定. NHKニュース. 2020-1-31 [2020-1-31]. (原始内容存档于2020-1-31). 
  176. ^ 新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令の一部を改正する政令(令和二年政令第二二号)、検疫法施行令の一部を改正する政令の一部を改正する政令(令和二年政令第二三号). インターネット版官報(特別号外第5号). 国立印刷局. 2020-1-31 [2020-1-31]. (原始内容 (PDF)存档于2020-1-31). 
  177. ^ 新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第三条の規定により感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の規定を準用する場合の読替えに関する省令の一部を改正する省令(令和二年厚生労働省令第二二号)、検疫法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令(令和二年厚生労働省令第二三号). インターネット版官報(特別号外第5号). 国立印刷局. 2020-1-31 [2020-1-31]. (原始内容 (PDF)存档于2020-1-31). 
  178. ^ 首相官邸ホームページにて「新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~」を公開
  179. ^ 新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について
  180. ^ 180.0 180.1 中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症について、日本政府の発表によれば、2月1日午前0時から当面の間、新型コロナウイルス感染症の患者、又は疑似症患者、並びに過去14日以内に中国湖北省への滞在歴がある、又は中国湖北省発行の中国旅券を所持する外国人については、特段の事情がない限り、日本に上陸することができませんので、お知らせいたします。(本文抜粋) - 海上保安庁本庁. 【緊急情報】新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ. 沿岸域情報提供システム日语沿岸域情報提供システム. 海上保安庁. 2020年1月31日 20時45分 [2020-2-1]. (原始内容存档于2020年2月1日). 
  181. ^ 181.0 181.1 "FROM 1ST FEB 2020, THE FOLLOWING PEOPLE ARE NOT PERMITTED TO ENTER JAPAN FOR THE TIME BEING UNLESS THERE ARE EXCEPTIONAL CIRCUMSTANCES. -FOREIGNERS WHO HAVE TRAVELLED TO HUBEI PROVINCE IN THE PEOPLES REPUBLIC OF CHINA WITHIN 14 DAYS BEFORE ARRIVING JAPAN. -FOREIGNERS WHO HAVE CHINESE PASSPORTS ISSUED BY HUBEI PROVINCE IN THE PEOPLES REPUBLIC OF CHINA." - 航空交通管理センター日语航空交通管理センター(RJJJ)2019年1月31日15時55分(日本時間2月1日0時55分)発出NOTAMより抜粋。AIS JAPAN(国土交通省:要会員登録・英語)NOTAM番号「1858/20」およびDefense internet NOTAM Service(米軍:英語)NOTAM番号「Q0051/20」にて確認。
  182. ^ 2月5日、第三管区海上保安本部新型コロナウイルス対策本部設置。
  183. ^ 日本放送協会. 新型肺炎 湖北省の滞在歴がある外国人は入国拒否に 安倍首相. NHKニュース. 2020/01/31 [2020-01-31]. (原始内容存档于2020-03-02). 
  184. ^ 新型肺炎、首相「感染者の入国拒否」 政令施行日前倒し:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. 2020/01/31 [2020-01-31] (日语). 
  185. ^ 中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症に関する政府の取組について (PDF). 内閣官房新型インフルエンザ等対策室. 2020年1月31日 [2020年2月1日]. 
  186. ^ 新型コロナウイルスの感染症危険情報. 2020年1月31日 [2020-01-31]. 
  187. ^ 検疫従事者を「ばい菌扱い」職場で不当扱い抗議声明 - 社会 : 日刊スポーツ. nikkansports.com. 2020/02/22 [2020-02-23] (日语). 
  188. ^ 日本放送協会. 帰国者受け入れ施設で内閣官房の男性職員 自殺か. NHKニュース. 2020-02-01 [2020-03-17]. (原始内容存档于2020-02-01). 
  189. ^ 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月7日版). 厚生労働省. 2020-02-07 [2020-05-04]. 
  190. ^ 政府がPCR「陽性率」を正確に把握できない事情 12都県は厚労省の報告要求に応じず. 毎日新聞. 2020-05-03 [2020-05-04]. 
  191. ^ 中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症に関する政府の取組について2月12日、法務省
  192. ^ 新型コロナウイルス感染症に関する取組について令和2年2月12日出入国在留管理庁
  193. ^ 新型ウイルス 医療支援で予備自衛官招集 最大50人程度 防衛省 页面存档备份,存于互联网档案馆 - NHK
  194. ^ 元厚労相・舛添要一「安倍首相の新型コロナ対策は後手後手」対策会議はたった8分、会食は3時間. J-CASTニュース. 2020年2月18日 [2020-03-05] (日语). 
  195. ^ 全国民困惑の休校要請、場当たり的で五月雨式の極み. JBpress. 2020年2月28日 [2020-03-05] (日语). 
  196. ^ 新型ウイルス 感染拡大を前提にした対策必要 加藤厚労相[永久失效連結] - NHK
  197. ^ 皇居での一般参賀は中止、新型コロナ感染拡大で. TBS. [2020年2月17日]. (原始内容存档于2020年2月17日). 
  198. ^ 確定申告、4月16日まで延長 新型コロナ拡大で国税庁. 日本経済新聞. [2020年2月28日]. 
  199. ^ 横須賀地方総監部【公式】 [@jmsdf_yrh]. 新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐ観点から、防衛省・自衛隊が主催する3月末までの行事等について、原則として中止、延期されることとなりました。このため、横須賀地方隊が主催する3月末までの各種行事(定期演奏会、一般公開(艦艇見学、基地見学等)等)についても中止させていただきます。 (推文). 2020-2-17 [2020-3-16] –通过Twitter. 
  200. ^ 200.0 200.1 イベント中止・出社禁止 新型コロナ、首相が自粛要請 日本経済新聞 2020年2月26日
  201. ^ 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針 (PDF). [2020-05-17]. 
  202. ^ 首相 大規模なスポーツやイベント 中止か延期など求める考え NHKニュース (2020年2月26日)、2020年3月1日閲覧。
  203. ^ 全国すべての公立小中高休校へ 安倍首相が表明、新型肺炎で3月2日から(産経ニュース 2020年2月27日)
  204. ^ 日本放送協会. 休校要請 専門家「評価難しい」|NHK 首都圏のニュース. NHK NEWS WEB. [2020-03-03]. (原始内容存档于2020-02-29). 
  205. ^ 【臨時休校要請の経緯などを説明へ】安倍晋三 内閣総理大臣 記者会見 生中継 - ニコニコニュース日语ニコニコニュース 2020年2月29日
  206. ^ 新型肺炎 首相「肺炎緊急対策10日で」 一斉休校を釈明 第2弾表明. 毎日新聞. [2020-03-04] (日语). 
  207. ^ 東日本震災追悼式、中止に 新型コロナ感染拡大で―政府. 時事通信(2020年3月6日作成). [2020年3月6日]. 
  208. ^ 新型肺炎で揺れる震災追悼 大槌町長「対応協議すべき」. 朝日新聞(2020年2月29日作成). [2020年3月3日]. 
  209. ^ 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等(新型コロナウイルス感染症). www.mhlw.go.jp. [2020-03-10] (日语). 
  210. ^ <新型コロナ>自粛 19日まで継続を 専門家会議「警戒緩められず」. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-03-10] (日语). 
  211. ^ 211.0 211.1 首相「私権制約に考慮」 新型コロナ 「歴史的緊急事態」指定. 東京新聞. 2020-03-09 [2020-03-10]. (原始内容存档于2020-03-10). 
  212. ^ 212.0 212.1 首相、新型コロナ「歴史的緊急事態」…議事録作成など義務づけへ. 読売新聞. 2020-03-09 [2020-03-10]. 
  213. ^ 新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品の表示に関する改善要請等及び一般消費者への注意喚起について2020年03月10日
  214. ^ 国民生活安定緊急措置法施行令
  215. ^ 3月10日閣議後大臣会見における衛藤内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)発言 (HTML) (新闻稿). 消費者庁. 2020-03-10 [2020-03-10] (日语). 
  216. ^ 「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました (HTML) (新闻稿). 経済産業省. 2020-03-10 [2020-03-10] (日语). 
  217. ^ 「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令(令和2年政令第42号)」令和2年3月11日付官報号外特第42号、官報号外特第42号. 国立印刷局. 2020-03-11 [2020-03-11]. (原始内容 (HTML)存档于2020-03-22) (日语). 
  218. ^ 国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令附則第1項
  219. ^ 新型コロナで改正特措法が成立 「緊急事態宣言」可能に朝日新聞2020-03-13
  220. ^ 首相「東京五輪を完全な形で実現。G7の支持得た」 共同声明には記述なし. 毎日新聞. [2020-03-18] (日语). 
  221. ^ 外務省. 外務省 海外安全ホームページ. 外務省 海外安全ホームページ. [2020-03-24] (日语). 
  222. ^ 首相、全世界への渡航に注意喚起 欧州など38カ国から入国制限. 東京新聞 TOKYO Web. [2020-03-24]. (原始内容存档于2020-03-19) (日语). 
  223. ^ 京都新聞2020年3月23日朝刊p13
  224. ^ 224.0 224.1 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(2020年3月19日) 」掲載ウェブサイトは、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省
  225. ^ 京都新聞2020年3月23日朝刊p13
  226. ^ 集団感染緊急時は建物封鎖可能に。NHK NEWS WEB。2020年3月27日閲覧。
  227. ^ 生活困難世帯に現金給付 経済対策、リーマン超え 学校再開、見直す可能性も 首相会見”. 朝日新聞. 2020年3月29日閲覧。
  228. ^ 令和2年3月28日付け官報特別号外第35号
  229. ^ 緊急事態宣言 あすにも宣言へ 7都府県1か月程度で 安倍首相、NHK.2020年4月6日閲覧。
  230. ^ 首相、緊急事態宣言を発令 8日午前0時に効力発生 7都府県対象に 毎日新聞 (2020年4月7日) 、2020年4月7日閲覧。
  231. ^ 「立皇嗣の礼」延期含め再調整へ 政府. NHK WEB NEWS. [2020年4月10日]. (原始内容存档于2020年4月9日). 
  232. ^ 特定警戒都道府県とは 接触8割・出勤7割減が目標. 日本経済新聞. [2020-05-28]. 
  233. ^ 京都新聞2020年4月22日朝刊p4
  234. ^ 京都新聞2020年4月24日朝刊p4
  235. ^ 第1師団の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月28日)
  236. ^ 京都新聞2020年4月29日朝刊p1
  237. ^ 外出自粛、当面維持を 新型コロナ専門家会議が提言. 日本経済新聞 電子版. [2020-05-01] (日语). 
  238. ^ 238.0 238.1 緊急事態31日まで、決定 全国対象 34県、経済活動の容認も 早期解除、14日めど検討:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-05-06] (日语). 
  239. ^ 「あえて避けた」数字の提示 板挟みの政権、批判を意識:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-05-06] (日语). 
  240. ^ PCR検査拡充されず「フラストレーションあった」 専門家会議(THE PAGE). Yahoo!ニュース. [2020-05-06] (日语). 
  241. ^ 新型コロナ 真正面での会話、避けて トイレ、フタ閉め流して 「新しい生活様式」の実践例. 毎日新聞. [2020-05-16] (日语). 
  242. ^ 「新しい生活様式」実践例 専門家会議が示す 経済活動との両立図る. 毎日新聞. [2020-05-16] (日语). 
  243. ^ 緊急事態宣言、39県で解除。「新たな日常のスタート」、ImpressWatch.2020年5月18日閲覧。
  244. ^ 関西3府県の緊急事態宣言解除を了承 今夜、正式決定へ、朝日新聞デジタル.2020年5月23日閲覧
  245. ^ 245.0 245.1 首相、記者会見せず 緊急事態解除の節目で:時事ドットコム. 時事ドットコム. [2020-06-01] (日语). 
  246. ^ 緊急事態宣言、関東1都3県と北海道 25日に解除判断、TBS NEWS.2020年5月23日閲覧
  247. ^ 光回線整備で500億円 コロナ対策、テレワーク促進―政府:時事ドットコム. 時事ドットコム. [2020-05-27] (日语). 
  248. ^ 東京上空に「ブルーインパルス」、 医療従事者に“不死鳥”の隊形で. TBS NEWS. [2020-05-29]. (原始内容存档于2020-05-29). 
  249. ^ ブルーインパルスが東京上空を飛行 医療従事者に感謝. www.afpbb.com. [2020-05-29] (日语). 
  250. ^ 250.0 250.1 「コロナ収束の定義困難」閣議決定 首相は「ほぼ収束」:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-06-15] (日语). 
  251. ^ 令和二年五月二十五日の総理の記者会見で述べた新型コロナウイルス感染症対策の政府の認識に関する質問主意書. www.shugiin.go.jp. [2020-06-15]. 
  252. ^ 252.0 252.1 連日「100人超」でも経済活動緩和了承? 新「分科会」、存在意義問われる初仕事. 毎日新聞. [2020-07-11] (日语). 
  253. ^ GoToトラベル東京外し 国が一転「キャンセル料補償」 大手旅行会社の対応は. 毎日新聞. [2020-07-22] (日语). 
  254. ^ イベント緩和 先送り. 日本経済新聞 電子版. [2020-07-23] (日语). 
  255. ^ イベント規制緩和延期と「Go To」開始、矛盾はない=官房長官 - ロイターニュース - 国際:朝日新聞デジタル. 朝日新聞デジタル. [2020-07-23] (日语). 

參見[编辑]

外部連結[编辑]