勳一等旭日大綬章

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日語寫法
日語原文 勲一等旭日大綬章
假名 くんいっとうきょくじつだいじゅしょう
平文式罗马字 kuniidou-kyokujitsu-daijushiou

勳一等旭日大綬章日本國勳章。依據1875年(明治8年)4月10日勳章制定文件(明治8年太政官布告第54號)為基礎而制定。大綬從右肩到左脇披垂,副章(勳二等旭日重光章之正章相同)佩帶在左胸。2003年(平成15年)11月3日改為旭日大綬章

受章者合計有1220名(戰前810名、戰後410名)。

受勳人士列表[编辑]

戰前舊法[编辑]

明治時代[编辑]

受勳者 主要官職 受勳日期 備註
有栖川宮幟仁親王 皇典講究所總裁 1875年(明治8年)12月31日
有栖川宮威仁親王 元帥海軍大將、軍事參議官 1875年(明治8年)12月31日
有栖川宮熾仁親王 陸軍大將、參謀總長 1875年(明治8年)12月31日
華頂宮博經親王 海軍少將 1875年(明治8年)12月31日
北白川宮能久親王 陸軍大將、近衛師團長 1875年(明治8年)12月31日
久邇宮朝彥親王 神宮祭主 1875年(明治8年)12月31日
小松宮彰仁親王 元帥陸軍大將、參謀總長 1875年(明治8年)12月31日
梨本宮守脩親王 上野太守 1875年(明治8年)12月31日
伏見宮貞愛親王 元帥陸軍大將、第1師團 1875年(明治8年)12月31日
山階宮晃親王 議定、治部卿 1875年(明治8年)12月31日
西鄉從道 侯爵、元帥海軍大將、海軍大臣 1876年(明治9年)9月23日
岩倉具視 右大臣 1876年(明治9年)12月29日
三條實美 公爵太政大臣 1876年(明治9年)12月29日
木戶孝允 參議 1877年(明治10年)5月24日
伊藤博文 公爵、首任內閣總理大臣 1877年(明治10年)11月2日
大木喬任 伯爵樞密院議長 1877年(明治10年)11月2日
大久保利通 內務卿、贈右大臣 1877年(明治10年)11月2日
大隈重信 侯爵、第8、17任內閣總理大臣 1877年(明治10年)11月2日
川村純義 伯爵、海軍大將 1877年(明治10年)11月2日
黑田清隆 伯爵、海軍中將、第2任內閣總理大臣 1877年(明治10年)11月2日
寺島宗則 伯爵、參議、外務卿 1877年(明治10年)11月2日
山縣有朋 公爵、元帥陸軍大將、第3、9任內閣總理大臣 1877年(明治10年)11月2日
德大寺實則 公爵、內大臣 1877年(明治10年)11月22日
井上馨 侯爵、外務大臣 1879年(明治12年)2月10日
山田顯義 伯爵、陸軍中將、司法大臣 1879年(明治12年)11月1日
嵯峨實愛 議定刑部卿教部卿大納言 1880年(明治13年)11月2日
中御門經之 侯爵、大納言 1880年(明治13年)11月2日
中山忠能 侯爵、權大納言 1880年(明治13年)11月2日
伊地知正治 伯爵、參議 1881年(明治14年)7月15日
島津久光 公爵、左大臣 1881年(明治14年)7月15日
九條道孝 公爵、左大臣 1881年(明治14年)7月22日
副島種臣 伯爵、內務大臣 1881年(明治14年)7月22日
松方正義 公爵、第4、6代內閣總理大臣 1881年(明治14年)7月22日
大山巖 公爵、元帥陸軍大將、陸軍大臣 1882年(明治15年)11月1日
佐佐木高行 侯爵、參議、工部卿 1882年(明治15年)11月1日
佐野常民 伯爵、農商務大臣 1882年(明治15年)11月1日
福岡孝弟 子爵、文部卿 1882年(明治15年)11月1日
近衛忠熙 左大臣、關白 1885年(明治18年)4月2日
榎本武揚 子爵、海軍中將、外務大臣 1886年(明治19年)3月11日
谷干城 子爵、陸軍中將、農商務大臣 1886年(明治19年)3月11日
森有禮 子爵、文部大臣 1886年(明治19年)3月11日
土方久元 伯爵、宮內大臣 1887年(明治20年)10月25日
伊東祐麿 子爵、海軍中將、海軍兵學校 1887年(明治20年)11月2日
高島鞆之助 子爵、陸軍中將、陸軍大臣 1887年(明治20年)11月2日
三好重臣 子爵、陸軍中將、樞密顧問官 1887年(明治20年)11月2日
赤松則良 男爵、海軍中將、橫須賀鎮守府司令 1889年(明治22年)5月29日
中牟田倉之助 子爵、海軍中將、海軍軍令部長 1889年(明治22年)5月29日
柳原前光 伯爵、元老院議長 1889年(明治22年)5月29日
松平慶永 福井藩主、民部卿、大藏卿 1889年(明治22年)5月29日
後藤象二郎 伯爵、農商務大臣 1889年(明治22年)12月27日
淺野長勳 侯爵、舊廣島藩 1890年(明治23年)10月21日
島津忠義 公爵、舊鹿兒島藩主、參議 1890年(明治23年)10月21日
伊達宗城 宇和島藩主、大藏卿 1890年(明治23年)10月21日
毛利元德 公爵、舊山口藩主、參議 1890年(明治23年)10月21日
青木周藏 子爵、外務大臣 1894年(明治27年)8月29日
伊東祐亨 伯爵、元帥海軍大將、聯合艦隊總司令 1895年(明治28年)8月5日
樺山資紀 伯爵、海軍大將、海軍大臣 1895年(明治28年)8月5日
川上操六 陸軍大將、參謀總長 1895年(明治28年)8月5日
野津道貫 侯爵、元帥陸軍大將 1895年(明治28年)8月5日
佐久間左馬太 伯爵、陸軍大將、台灣總督 1895年(明治28年)8月20日
陸奥宗光 伯爵、外務大臣 1895年(明治28年)8月20日
山地元治 子爵、陸軍中將、西部都督 1895年(明治28年)8月20日
大鳥圭介 男爵、樞密顧問官 1895年(明治28年)10月31日
香川敬三 伯爵、皇太后宮大夫 1895年(明治28年)10月31日
西園寺公望 公爵、第12、14任內閣總理大臣 1896年(明治29年)6月5日
大給恒 伯爵、舊奥殿藩主、賞勳局總裁 1896年(明治29年)6月30日
板垣退助 伯爵、內務大臣 1896年(明治29年)9月29日
廣幡忠禮 侯爵、內大臣 1897年(明治30年)2月18日
鍋島直大 侯爵、舊佐賀藩 1897年(明治30年)6月30日
黑川通軌 男爵、陸軍中將 1897年(明治30年)10月20日
山尾庸三 子爵、法制局長官 1898年(明治31年)1月31日
渡邊昇 子爵、會計檢查院長 1898年(明治31年)12月28日
尾崎忠治 男爵、大審院長 1898年(明治31年)12月28日
勝安房 伯爵、海軍卿 1898年(明治31年)12月28日
田中不二麿 子爵、司法大臣 1898年(明治31年)12月28日
花房義質 子爵、樞密顧問官 1898年(明治31年)12月28日
東久世通禧 伯爵、貴族院副議長、樞密院副議長 1898年(明治31年)12月28日
西德二郎 男爵、外務大臣 1899年(明治32年)12月27日
林董 伯爵、外務大臣 1899年(明治32年)12月27日
品川彌二郎 子爵、內務大臣 1900年(明治33年)2月26日 追頒
山田信道 男爵、農商務大臣 1900年(明治33年)3月11日 追頒
田中光顯 伯爵、陸軍少將、宮內大臣 1900年(明治33年)5月10日
仁禮景範 子爵、海軍中將、海軍大臣 1900年(明治33年)11月21日
東鄉平八郎 侯爵、元帥海軍大將、聯合艦隊總司令 1901年(明治34年)7月19日
山口素臣 子爵、陸軍大將 1901年(明治34年)7月19日
宍戶璣 子爵、駐清公使 1901年(明治34年)9月30日
桂太郎 公爵、陸軍大將、第11、13、15任內閣總理大臣 1901年(明治34年)12月27日
河瀨真孝 子爵、侍從長 1901年(明治34年)12月27日
鮫島員規 男爵、海軍大將 1901年(明治34年)12月27日
寺內正毅 伯爵、元帥陸軍大將、第18任內閣總理大臣 1901年(明治34年)12月27日
楠本正隆 男爵、眾議院議長 1902年(明治35年)2月27日
內海忠勝 男爵、內務大臣 1902年(明治35年)2月27日
兒玉源太郎 伯爵、陸軍大將、陸軍大臣 1902年(明治35年)2月27日
小村壽太郎 公爵、外務大臣 1902年(明治35年)2月27日
芳川顯正 伯爵、內務大臣 1902年(明治35年)2月27日
鳥尾小彌太 子爵、陸軍中將、近衛都督 1902年(明治35年)6月30日
岡澤精 子爵、陸軍大將、侍從武官長 1902年(明治35年)12月3日
海江田信義 子爵、樞密顧問官 1902年(明治35年)12月27日
九鬼隆一 男爵、樞密顧問官 1902年(明治35年)12月27日
細川潤次郎 男爵、樞密顧問官 1902年(明治35年)12月27日
久我建通 內大臣 1903年(明治36年)9月26日
伊東巳代治 伯爵、農商務大臣 1903年(明治36年)12月26日
三宮義胤 男爵、式部長官 1903年(明治36年)12月26日
蜂須賀茂韶 侯爵、舊德島藩主、貴族院議長 1903年(明治36年)12月26日
永山武四郎 男爵、陸軍中將 1904年(明治37年)5月27日
岩村通俊 男爵、農商務大臣 1904年(明治37年)6月23日
渡邊千秋 子爵、宮內大臣 1904年(明治37年)6月28日
岩倉具定 公爵、宮內大臣 1904年(明治37年)12月27日
杉孫七郎 子爵、樞密顧問官 1904年(明治37年)12月27日
松本務本 陸軍中將 1905年(明治38年)2月4日
奧保鞏 伯爵、元帥陸軍大將、參謀總長 1905年(明治38年)5月30日
黑木為禎 伯爵、陸軍大將 1905年(明治38年)5月30日
長谷川好道 伯爵、元帥陸軍大將、參謀總長 1905年(明治38年)5月30日
林友幸 伯爵、樞密顧問官 1905年(明治38年)6月24日
佐雙左仲 海軍造船總監 1905年(明治38年)10月9日
井上良馨 子爵、元帥海軍大將、聯合艦隊總司令 1905年(明治38年)11月30日
角田秀松 海軍中將 1905年(明治38年)12月13日
高崎正風 男爵、樞密顧問官 1905年(明治38年)12月22日
野崎貞澄 男爵、陸軍中將 1906年(明治39年)1月8日
淺田信興 男爵、陸軍大將、教育總監 1906年(明治39年)4月1日
伊集院五郎 男爵、元帥海軍大將 1906年(明治39年)4月1日
內田康哉 男爵、海軍大將 1906年(明治39年)4月1日
金子堅太郎 伯爵、司法大臣 1906年(明治39年)4月1日
清浦奎吾 伯爵、第23任內閣總理大臣 1906年(明治39年)4月1日
齋藤實 子爵、海軍大將、第30任內閣總理大臣 1906年(明治39年)4月1日
德川家達 公爵、貴族院議長、德川家第16代当主 1906年(明治39年)4月1日
牧野伸顕 伯爵、內大臣 1906年(明治39年)4月1日
後藤新平 伯爵、內務大臣 1906年(明治39年)11月13日
德川慶喜 公爵、第15任征夷大將軍 1908年(明治41年)4月30日
由利公正 子爵、東京府知事 1909年(明治42年)4月28日 追頒
加藤高明 伯爵、第24任內閣總理大臣 1911年(明治44年)8月24日

大正時代[编辑]

受勳者 主要官職 受勳日期 備註
原敬 第19代內閣總理大臣 1914年(大正3年)4月4日
戶田氏共 伯爵、舊大垣藩主、式部長官 1914年(大正3年)12月23日
上原勇作 子爵、元帥陸軍大將、陸軍大臣 1915年(大正4年)9月29日
島村速雄 男爵、元帥海軍大將 1915年(大正4年)11月7日
森林太郎 陸軍軍醫總監、小説家 1915年(大正4年)11月7日
澀澤榮一 子爵、貴族院議員 1915年(大正4年)11月10日
鈴木貫太郎 男爵、海軍大將、第42任內閣總理大臣 1916年(大正5年)4月1日
石井菊次郎 子爵、外務大臣 1916年(大正5年)7月14日
尾崎行雄 司法大臣 1916年(大正5年)7月14日
加藤友三郎 子爵、元帥海軍大將、第21任內閣總理大臣 1916年(大正5年)7月14日
若槻禮次郎 男爵、第25、28任內閣總理大臣 1916年(大正5年)7月14日
平沼騏一郎 男爵、第35任內閣總理大臣 1919年(大正8年)9月29日
高木兼寛 男爵、海軍軍醫總監、醫學博士 1920年(大正9年)4月13日 追頒
犬養毅 第29任內閣總理大臣 1920年(大正9年)9月7日
幣原喜重郎 男爵、第44任內閣總理大臣 1920年(大正9年)9月7日
高橋是清 第20任內閣總理大臣 1920年(大正9年)9月7日
田中義一 男爵、海軍大將、第26任內閣總理大臣 1920年(大正9年)9月7日
岡田啓介 海軍大將、第31任內閣總理大臣 1920年(大正9年)11月1日
白川義則 男爵、陸軍大將、陸軍大臣 1922年(大正11年)11月1日
岡部長職 子爵、舊岸和田藩主、司法大臣 1925年(大正14年)12月27日 追頒

昭和時代[编辑]

受勳者 主要官職 受勳日期 備註
宇垣一成 陸軍大將、陸軍大臣 1927年(昭和2年)4月19日
濱口雄幸 第27代內閣總理大臣 1927年(昭和2年)4月19日
大倉喜八郎 男爵 1928年(昭和3年)1月20日
北里柴三郎 男爵、日本醫師會長 1931年(昭和6年)6月13日 追頒
南次郎 陸軍大將、陸軍大臣 1934年(昭和9年)2月7日
渡邊錠太郎 陸軍大將、教育總監 1934年(昭和9年)2月7日
野村吉三郎 海軍大將 1934年(昭和9年)2月7日
安達謙藏 內務大臣 1934年(昭和9年)4月29日
阿部信行 陸軍大將、第36任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
荒木貞夫 男爵、陸軍大將、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日
小磯國昭 陸軍大將、第41任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
永野修身 元帥海軍大將 1934年(昭和9年)4月29日
畑俊六 元帥陸軍大將、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日
鳩山一郎 第52、53、54任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
林銑十郎 陸軍大將、第33任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
廣田弘毅 第32任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
松井石根 陸軍大將 1934年(昭和9年)4月29日
米內光政 海軍大將、第37任內閣總理大臣 1934年(昭和9年)4月29日
板垣征四郎 陸軍大將、陸軍大臣 1937年(昭和12年)7月7日
嘉納治五郎 東京高等師範學校 1938年(昭和13年)5月4日 追頒
近衛文麿 公爵、第34、38、39任內閣總理大臣 1939年(昭和14年)5月19日
梅津美治郎 陸軍大將、參謀總長 1939年(昭和14年)7月11日
土肥原賢二 陸軍大將、教育總監 1940年(昭和15年)4月18日
木村兵太郎 陸軍大將 1940年(昭和15年)4月29日
重光葵 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
東鄉茂德 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
東條英機 陸軍大將、第40任內閣總理大臣 1940年(昭和15年)4月29日
德川好敏 男爵、陸軍中將 1940年(昭和15年)4月29日
松岡洋右 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
山本五十六 元帥海軍大將 1940年(昭和15年)4月29日
吉田茂 第45、48、49、50、51任內閣總理大臣 1940年(昭和15年)4月29日
高須四郎 海軍中將 1940年(昭和15年)4月29日
前田利為 侯爵、陸軍大將 1942年(昭和17年)9月5日 追頒
平賀讓 男爵、海軍造船中將、東京帝國大學總長 1943年(昭和18年)2月17日 追頒
松平賴壽 伯爵、貴族院議長 1944年(昭和19年)9月13日 追頒
渡邊正夫 陸軍中將 1945年(昭和20年)7月25日

戰後新法[编辑]

昭和時代[编辑]

受勳者 主要官職 受勳日期 備註
美濃部達吉 樞密顧問官 1948年(昭和23年)5月23日
長岡半太郎 帝國學士院會員 1950年(昭和25年)12月11日 歿後追贈
穗積重遠 最高裁判所判事 1951年(昭和26年)7月29日 歿後追贈
田中館愛橘 東京帝國大學名譽教授 1952年(昭和27年)5月21日 歿後追贈
本多光太郎 東北帝國大學總長 1954年(昭和29年)2月12日 歿後追贈
緒方竹虎 國務大臣 1956年(昭和31年)1月28日 歿後追贈
三木武吉 衆議院議長 1956年(昭和31年)7月4日 歿後追贈
川合芳三郎 帝國藝術院會員 1957年(昭和32年)6月30日 歿後追贈
横山秀麿 帝國美術院會員 1958年(昭和33年)2月26日 歿後追贈
阿利·伯克 美國海軍作戰部長 1961年(昭和36年)
柳田國男 樞密顧問官 1962年(昭和37年)8月8日 歿後追贈
石橋湛山 第55任內閣總理大臣 1964年(昭和39年)4月29日
片山哲 第46任內閣總理大臣 1964年(昭和39年)4月29日
霜山精一 最高裁判所判事 1964年(昭和39年)4月29日
田中耕太郎 第2任最高裁判所長官 1964年(昭和39年)4月29日
柯蒂斯·李梅 美國空軍參謀長 1964年(昭和39年)12月4日
横田喜三郎 第3任最高裁判所長官 1965年(昭和40年)11月3日
高木武雄 海軍大將 1967年(昭和42年)8月30日 戰歿者殊勲
遠藤喜一 海軍大將 1967年(昭和42年)10月28日 戰歿者殊勲
橫田正俊 第4任最高裁判所長官 1969年(昭和44年)4月29日
奥野健一 最高裁判所判事 1969年(昭和44年)4月29日
鈴木宗作 陸軍大將 1969年(昭和44年)9月27日 戰歿者殊勲
松本正雄 最高裁判所判事 1972年(昭和47年)4月29日
中安閑一 宇部興産會長 1972年(昭和47年)4月29日
真野毅 最高裁判所判事 1973年(昭和48年)4月29日
天野貞祐 文部大臣 1973年(昭和48年)11月3日
石田和外 第5任最高裁判所長官 1973年(昭和48年)11月3日
伊藤整一 海軍大將 1974年(昭和49年)6月26日 戰歿者殊勲
富永信政 陸軍大將 1974年(昭和49年)9月28日 戰歿者殊勲
朝永振一郎 東京教育大學學長 1975年(昭和50年)4月29日
下田武三 外務事務次官・美國大使・最高裁判所判事 1977年(昭和52年)4月29日
藤林益三 第7任最高裁判所長官 1977年(昭和52年)11月3日
永野重雄 日本商工會議所會頭、富士製鐵社長 1978年(昭和53年)4月29日
岡原昌男 第8任最高裁判所長官 1979年(昭和54年)4月29日
高辻正己 最高裁判所判事 1980年(昭和55年)11月3日
松下幸之助 松下電器産業會長 1981年(昭和56年)4月29日
稻山嘉寬 經濟團體連合會會長、新日本製鐵行政總裁 1982年(昭和57年)4月29日
松前重義 日本東海大學總長 1982年(昭和57年)11月3日
服部高顯 第9任最高裁判所長官 1985年(昭和60年)4月29日
井深大 索尼公司會長 1986年(昭和61年)4月29日
團藤重光 最高裁判所判事、東京大學教授 1987年(昭和62年)11月3日
寺田治郎 第10任最高裁判所長官 1987年(昭和62年)11月3日
林敬三 防衛廳第一任統合幕僚會議議長日语統合幕僚長總參謀長 1987年(昭和62年)11月3日

平成時代(2003年前)[编辑]

受勳者 主要官職 受勳日期 備註
澄田智 日本銀行總裁 1990年(平成2年)4月29日
齋藤英四郎 經濟團體連合會會長、新日本製鐵總裁 1990年(平成2年)4月29日
本田宗一郎 本田技研工業總裁 1991年(平成2年)11月3日
伊藤正己 最高裁判所判事 1993年(平成5年)4月29日
角田禮次郎 最高裁判所判事 1993年(平成5年)4月29日
龜井正夫 住友電氣工業董事長 1994年(平成6年)11月3日
味村治 最高裁判所判事 1996年(平成8年)11月3日
坂本三十次 勞動大臣內閣官房長官 1996年(平成8年)11月3日
河本敏夫 國務大臣、經濟企劃廳長官、三光汽船總裁 1996年(平成8年)11月6日
後藤田正晴 內閣官房長官 1998年(平成10年)4月29日
江崎玲於奈 物理學者、筑波大學校長 1998年(平成10年)4月29日
三好達 第13任最高裁判所長官 1999年(平成11年)11月3日
鹽川正十郎 自治大臣 2000年(平成12年)11月3日
豐田章一郎 豐田汽車總裁 2002年(平成14年)4月29日
野呂田芳成 農林水産大臣 2002年(平成14年)4月29日
原田昇左右 建設大臣 2002年(平成14年)4月29日
平井卓志 勞動大臣 2002年(平成14年)4月29日
宮下創平 厚生大臣 2002年(平成14年)4月29日
上原康助 原沖繩開發廳長官 2002年(平成14年)11月3日
中山正暉 建設大臣 2002年(平成14年)11月3日
西田司 自治大臣 2002年(平成14年)11月3日
野中廣務 國務大臣內閣官房長官 2002年(平成14年)11月3日
稻葉興作 日本商工會議所會長 2003年(平成15年)4月29日
佐藤信二 運輸大臣 2003年(平成15年)4月29日
小柴昌俊 東京大學榮譽教授 2003年(平成15年)4月29日
堀內光雄 通商産業大臣 2003年(平成15年)4月29日
渡部恒三 眾議院副議長、自治大臣厚生大臣 2003年(平成15年)4月29日

平成時代(2003年後)[编辑]

相關條目[编辑]