允恭天皇

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
允恭天皇
北朝第代天皇
在位期間
412年12月 - 453年1月14日

崩御 453年
陵墓 河內長野原陵
御名 雄朝津間稚子宿禰尊
諡号 雄朝津間稚子宿禰天皇
別名 倭王濟
父親 仁德天皇
母親 磐之媛命
皇后 忍坂大中姬
木梨輕皇子
境黑彥皇子
穴穗皇子(安康天皇
八釣白彥皇子
大泊瀨稚武皇子(雄略天皇
名形大娘皇女
輕大娘皇女
但馬橘大娘皇女
酒見皇女
皇居 遠飛鳥宮

允恭天皇日语允恭天皇いんぎょうてんのう Ingyō Tennō;?-453年1月14日)是日本第19代天皇(在位412年12月 - 453年1月14日),名為雄朝津間稚子宿禰尊日语雄朝津間稚子宿禰尊おあさずまわくごのすくねのみこと Oasazumawakugonosukune no mikoto),屬古墳時代的天皇。

系譜[编辑]

他是仁德天皇的第四皇子,母親是磐之媛命(いわのひめのみこと)。他也是履中天皇反正天皇的同母弟,以下是其后妃和子嗣列表:

  • 皇后:忍坂大中姬おしさかのおおなかつのひめ
    • 第一皇子 木梨輕皇子きなしのかるのみこ
    • 第一皇女 名形大娘皇女(ながたのおおいらつめのみこ
    • 第二皇子 境黒彦皇子(さかいのくろひこのみこ
    • 第三皇子 穴穗皇子(あなほのみこ,後為安康天皇
    • 第二皇女 輕大娘皇女かるのおおいらつめのみこ
    • 第四皇子 八釣白彦皇子(やつりのしらひこのみこ
    • 第五皇子 大泊瀨稚武皇子(おおはつせわかたけるのみこ,後為雄略天皇
    • 第三皇女 但馬橘大娘皇女(たじまのたちばなのおおいらつめのみこ
    • 第四皇女 酒見皇女(さかみのひめみこ

略歷[编辑]

反正5年(410年)1月,反正天皇在未立皇太子的情況下駕崩。群臣商討後欲推舉雄朝津間稚子宿禰尊為天皇,不過本人以健康理由辭退,皇位維持空位。允恭元年(412年)12月,雄朝津間稚子宿禰尊忍坂大中姬的強烈請求下即位。

允恭天皇三年,自新羅請來醫者為天皇治病。四年(415年)9月,因氏族故意假借貴族之姓,特以飛鳥甘樫丘盟神探湯(古傳之占卜法,或手入沸水沸泥、或置燒斧于掌,皆見其手有否潰傷之狀,用以占凶吉、辨是非)以辨真偽,於是將諸氏族的撥亂反正。

雖於允恭天皇廿二年(433年)立木梨輕皇子皇太子,但允恭天皇廿四年(435年)卻與同母妹輕大娘皇女通姦。以占卜判明後,輕大娘皇女被流放到伊豫(參看衣通姫傳説)。

四十二年(453年)1月駕崩,新羅王派遣八十樂人為使者致祭。《古事記》記載崩年78歳,另《日本書紀》北野本卻有一說為81歳。

諡號、追號、異名[编辑]

雄朝津間稚子宿禰天皇(おあさずまわくごのすくねのすめらみこと)。

中國的《宋書》、《梁書》稱為倭五王中的倭王濟。

[编辑]

都城的遠飛鳥宮(とおつあすかのみや,現在的奈良縣高市郡明日香村飛鳥か)。

陵墓・靈廟[编辑]

葬於河內長野原陵(えがのながののきたのみささぎ)。埋葬於大阪府藤井寺市国府1丁目国府市野山古墳(前方後圓墳・全長228m)

外部連結[编辑]

前任:
反正天皇
日本天皇 繼任:
安康天皇