軍事參議院 (日本)

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

军事参议院日语:軍事参議院,ぐんじさんぎいん)是指在大日本帝国军中回复天皇重要军务咨询的国家机关。1903年设立,1945年被废止。

简介[编辑]

军事参议院就是等到天皇举行军事咨询时,召开参议会并将意見上奏给天皇,但不允许独自上奏。另外,当有海陆军不相互干涉的军务时可只由陆军海军的参议官参与参议会。

构成[编辑]

军事参议院主要由军事参议官构成。

议长 
军事参议官中一般由军事元老担任。当发生紧急事件时议长可以绕过议院回应天皇咨询。
军事参议官 
元帅陆军大臣海军大臣参谋总长军令部总长及特别的亲任官陆海军将官。特别是亲任官作为军事参议官副官只由佐尉官1人担任。
干事长 
侍从武官长或其他将官担任,负责整理军事参议会的庶务。
干事 
侍从武官中的陆海军佐官各1人担任,负责辅助干事长的职务。

另外在必要的场合中,担任要职的将官可以作为临时参议官参加参议会。但是,参议会结束后将会解任临时参议官。

沿革[编辑]

军事参议院是1903年(明治36年)勅令第294号为基础设立的。目的是为了准备日俄战争而调整海陆军。

1936年(昭和11年)发生二二六事件之际、当时的军事参议官之中的野中四郎大尉等同情反乱军,以结束当前事态为目举行了由军事参议官参加的非正式会议。之后又陆军大臣发表告示(昭和11年2月26日)。

1945年(昭和20年)11月30日、元帥府条例等废止文件发布(昭和20年勅令第669号)。

特殊陆海军将官亲任军事参议官[编辑]

当被任命某种职务时的军衔会有特别表明。

陆军[编辑]

  • 野津道貫大将(1904年1月14日 - 1906年1月31日):萨摩藩
  • 黑木為楨大将(1904年1月14日 - 1909年3月16日):萨摩藩
  • 奧保鞏大将(1904年1月14日 - 1906年7月30日):小仓藩
  • 山口素臣大将(1904年3月17日 - 8月7日):长州藩
  • 伏見宮貞愛親王・大将(1905年1月19日 - 1915年1月9日)
  • 桂太郎大将(1906年1月7日 - 1908年7月14日):长州藩
  • 乃木希典大将(1906年1月26日 - 1912年9月13日):长州藩
  • 川村景明大将(1906年1月26日 - 8月30日、1908年12月21日 - 1915年1月9日):萨摩藩
  • 长谷川好道大将(1908年12月21日 - 1912年1月20日):岩国藩
  • 西寛二郎大将(1908年12月21日 - 1911年3月10日):萨摩藩
  • 大島久直大将(1911年9月6日 - 1913年9月5日):秋田藩
  • 寺内正毅大将(1911年9月6日 - 1916年10月9日):长州藩
  • 大島義昌大将(1912年4月26日 - 1915年8月15日):长州藩
  • 閑院宮載仁親王・大将:(1912年11月27日 - 1919年12月12日)
  • 浅田信興大将(1914年4月22日 - 1916年10月12日):川越藩
  • 上原勇作大将(1915年2月15日 - 12月17日):陆士旧3期
  • 一戸兵衛中将(1915年2月15日 - 12月17日、1919年8月26日- 1920年6月20日):津轻藩
  • 大迫尚道中将(1915年2月15日 - 1919年7月25日):陆士旧2期
  • 井口省吾中将(1916年8月18日 - 1920年8月10日):陆士旧2期
  • 中村覚大将(1917年7月31日 - 1919年2月20日):彦根藩
  • 大谷喜久蔵大将(1917年8月6日 - 1920年12月28日):陆士旧2期
  • 秋山好古大将(1917年8月6日 - 1923年3月17日):陆士旧3期
  • 仁田原重行大将(1918年7月2日 - 1921年7月15日):陆士旧6期
  • 松川敏胤大将(1918年7月24日 - 1922年11月24日):陆士旧5期
  • 本郷房太郎大将(1918年10月10日 - 1921年6月25日):陆士旧3期
  • 久邇宮邦彦王中将(1919年11月25日 - 1929年1月27日):陆士7期
  • 梨本宮守正王中将(1919年11月25日 - 1932年8月8日):陆士7期
  • 大庭二郎中将(1919年11月25日 - 1920年8月16日、1922年11月24日 - 1926年3月2日):陆士旧8期
  • 宇都宮太郎大将(1920年8月16日 - 1922年2月15日):陆士旧7期
  • 大井成元大将(1921年1月6日 - 1923年3月17日):陆士旧6期
  • 柴五郎大将(1921年5月5日 - 1922年11月24日):陆士旧3期
  • 田中義一大将(1921年8月30日 - 1923年9月2日、1924年1月7日 - 1925年4月9日):陆士旧8期
  • 河合操大将(1922年5月10日 - 1923年3月17日):陆士旧8期
  • 立花小一郎大将(1922年11月6日 - 1923年3月17日):陆士旧6期
  • 由比光衛大将(1922年12月15日 - 1923年1月20日):陆士旧5期
  • 町田経宇大将(1923年4月1日 - 1925年5月1日):陆士旧9期
  • 福田雅太郎大将(1923年8月6日 - 1925年5月1日):陆士旧9期
  • 山梨半造大将(1923年9月6日 - 1923年9月20日、1924年8月20日 - 1925年5月1日):陆士旧8期
  • 尾野実信大将(1923年10月10日 - 1925年5月1日):陆士旧10期
  • 菊池慎之助大将(1924年8月20日 - 1927年8月22日):陆士旧11期
  • 森岡守成中将(1925年5月1日 - 1926年3月2日、大将:1927年3月5日 - 7月26日):陆士2期
  • 武藤信義中将(1925年5月1日 - 1926年7月28日、1932年5月26日 - 8月8日):陆士3期
  • 白川義則大将(1926年7月28日 - 1927年4月20日、1929年7月2日 - 1932年2月25日):陆士1期
  • 菅野尚一大将(1926年7月28日 - 1927年12月16日):陆士2期
  • 井上幾太郎中将(1926年7月28日 - 1933年3月18日):陆士4期
  • 鈴木孝雄中将(1926年7月28日 - 1933年3月18日):陆士2期
  • 宇垣一成大将(1927年4月20日 - 1929年7月2日、1931年4月14日 - 6月17日):陆士1期
  • 田中国重大将(1928年8月10日 - 1929年8月1日):陆士4期
  • 金谷範三大将(1929年8月1日 - 1930年2月19日、1931年12月23日 - 1933年6月6日):陆士5期
  • 南次郎大将(1930年12月22日 - 1931年4月14日、1931年12月13日 - 1934年12月10日):陆士6期
  • 菱刈隆大将(1931年8月1日 - 1933年7月29日、1934年12月10日- 1935年8月1日):陆士5期
  • 渡辺錠太郎大将(1931年8月1日 - 1936年2月26日):陆士8期
  • 林銑十郎大将(1932年5月26日 - 1934年1月23日、1935年9月5日- 1936年3月6日):陆士8期
  • 本庄繁中将(1932年8月8日 - 1933年4月6日):陆士9期
  • 真崎甚三郎中将(1932年8月8日- 1936年3月6日、1935年7月16日- 1936年3月6日):陆士9期
  • 松井石根中将(1933年3月18日- 8月1日、大将:1934年8月1日 - 1935年8月1日):陆士9期
  • 阿部信行大将(1933年8月1日- 1936年3月6日):陆士9期
  • 荒木貞夫大将(1934年1月23日- 1936年3月6日):陆士9期
  • 川島義之大将(1934年8月1日- 1935年9月5日):陆士10期
  • 西義一大将(1935年12月2日- 1936年3月5日):陆士10期
  • 植田謙吉大将(1935年12月2日- 1936年3月6日):陆士10期
  • 寺内寿一大将(1935年12月2日- 1936年3月9日、1937年2月2日- 8月26日、1938年12月9日- 1941年11月6日):陆士11期
  • 朝香宮鳩彦王・中将(1935年12月2日- 1937年12月2日、1938年3月14日- 1945年11月30日):陆士20期
  • 東久邇宮稔彦王・中将(1935年12月2日- 1938年4月30日、1939年1月13日 -1945年8月17日、1945年4月15日 - 9月20日):陆士20期
  • 杉山元中将(1936年8月1日- 1937年2月9日、1938年6月3日- 12月9日、1939年9月12日- 1940年10月3日):陆士12期
  • 中村孝太郎中将(1937年3月1日- 1938年7月15日、大将:1941年7月7日- 12月24日):陆士13期
  • 畑俊六大将(1937年8月2日- 1938年2月14日、1938年12月15日- 1939年5月25日、1940年7月22日- 1941年3月1日):陆士12期
  • 古荘幹郎大将(1939年5月19日- 1940年7月21日):陆士14期
  • 宇佐美興屋中将(1939年5月25日- 1940年1月23日):陆士14期
  • 山田乙三中将(1939年10月14日- 1944年7月18日)::陆士14期
  • 東條英機中将(1940年2月24日 - 2月26日,临时军事参议官):陆士17期
  • 岡村寧次中将(1940年3月9日- 1941年7月7日):陆士16期
  • 土肥原賢二中将(1940年9月28日- 1944年3月22日、1945年5月5日 - 11月30日):陆士16期
  • 西尾寿造大将(1941年3月1日- 1943年5月1日):陆士14期
  • 尾高亀蔵中将(1941年3月1日- 6月21日):陆士16期
  • 園部和一郎中将(1941年4月10日- 6月20日):陆士16期
  • 山下奉文中将(1941年6月9日- 7月17日):陆士18期
  • 篠塚義男中将(1941年6月20日- 1942年6月2日):陆士17期
  • 多田駿大将(1941年7月7日- 9月2日):陆士15期
  • 安藤三郎中将(1941年12月1日- 1942年8月2日):陆士18期
  • 岩松義雄中将(1942年8月1日 - 12月27日):陆士17期
  • 岡部直三郎中将(1942年10月8日 - 1943年10月29日):陆士18期
  • 木村兵太郎中将(1943年3月11日 - 1944年8月30日):陆士20期
  • 後宮淳大将(1944年2月11日 - 8月25日):陆士17期
  • 安田武雄中将(1944年3月28日 - 1945年4月1日):陆士21期
  • 田中静壱大将(1944年8月3日 - 1945年3月9日):陆士19期
  • 阿南惟幾大将(1944年12月26日 - 1945年4月7日):陆士18期
  • 李王垠中将(1945年4月1日 -):陆士29期
  • 賀陽宮恒憲王・中将(1945年9月16日 - 11月16日):陆士32期
  • 梅津美治郎大将(1945年10月15日 - 11月30日):陆士15期

海军[编辑]

  • 有栖川宮威仁親王・大将(1905年1月19日 - 1913年7月7日)
  • 伊東祐亨大将(1905年12月19日 - 1806年1月31日):萨摩藩
  • 井上良馨大将(1905年12月19日 - 1911年10月31日):萨摩藩
  • 山本權兵衛大将(1906年1月7日 - 1913年2月20日):海兵2期
  • 東郷平八郎大将(1909年12月1日 - 1913年4月21日):萨摩藩
  • 片岡七郎大将(1909年12月1日 - 1917年4月26日):海兵3期
  • 上村彦之丞大将(1909年12月1日 - 1914年5月1日):海兵4期
  • 出羽重遠大将(1913年12月1日 - 1920年12月15日):海兵5期
  • 伊集院五郎大将(1914年4月22日 - 1917年5月26日):海兵5期
  • 藤井較一大将(1916年12月1日 - 1919年11月25日):海兵7期
  • 吉松茂太郎大将(1917年12月1日 - 1919年11月25日):海兵7期
  • 東伏見宮依仁親王・大将(1918年7月2日 - 1922年6月27日)
  • 八代六郎大将(1918年12月1日 - 1919年11月25日):海兵8期
  • 加藤定吉大将(1919年12月1日 - 1922年12月10日):海兵10期
  • 山下源太郎大将(1919年12月1日 - 1920年12月1日、1925年4月15日 - 1928年7月1日):海兵10期
  • 名和又八郎大将(1920年8月24日 - 1922年12月10日):海兵10期
  • 島村速雄大将(1920年12月1日 - 1923年1月8日):海兵7期
  • 伏見宮博恭王・中将(1920年12月1日 - 1924年2月5日、大将:1925年4月15日 - 1932年2月2日):海兵16期
  • 村上格一大将(1922年7月27日 - 1924年1月7日、1924年6月11日 - 12月10日):海兵11期
  • 山屋他人大将(1922年7月27日 - 1922年12月10日):海兵12期
  • 野間口兼雄大将(1923年4月1日 - 1923年5月15日、1924年2月5日 - 3月10日):海兵13期
  • 栃内曽次郎大将(1923年6月1日 - 1923年12月1日):海兵13期
  • 財部彪大将(1924年1月7日 - 1924年6月11日、1927年4月20日 - 1929年7月2日、1930年10月3日 - 1932年4月6日):海兵15期
  • 岡田啓介大将(1924年6月11日 - 12月1日):海兵15期
  • 井出謙治大将(1924年6月11日 - 1925年12月5日):海兵16期
  • 鈴木貫太郎大将(1924年12月1日 - 1925年4月15日):海兵14期
  • 竹下勇大将(1925年4月15日 - 1929年11月11日):海兵15期
  • 安保清種中将(1926年12月10日 - 1927年4月20日、大将:1928年5月16日 - 1930年10月3日、1931年12月13日 - 1933年6月1日):海兵18期
  • 百武三郎中将(1926年12月10日 - 1928年5月16日):海兵19期
  • 加藤寛治大将(1928年12月10日 - 1929年1月22日、1930年6月11日 - 1935年11月1日):海兵18期
  • 山本英輔大将(1931年12月1日 - 1932年2月2日、1932年10月10日 - 1936年3月28日):海兵24期
  • 谷口尚真大将(1932年2月2日 - 1933年9月1日):海兵19期
  • 大角岑生大将(1932年5月26日 - 1933年1月9日、1936年3月9日 - 1941年2月5日):海兵24期
  • 山梨勝之進大将(1932年12月1日 - 1933年3月6日):海兵25期
  • 小林躋造大将(1933年11月15日 - 1936年3月16日):海兵26期
  • 野村吉三郎大将(1933年11月15日 - 1937年3月30日):海兵26期
  • 中村良三大将(1934年5月10日 - 1936年3月16日):海兵27期
  • 永野修身大将(1934年11月15日 - 1936年3月9日、1937年12月1日 - 1941年4月9日):海兵28期
  • 末次信正大将(1935年12月2日 - 1937年10月15日):海兵27期
  • 高橋三吉大将(1936年12月1日 - 1939年4月1日):海兵29期
  • 藤田尚徳大将(1936年12月1日 - 1939年4月1日):海兵29期
  • 百武源吾大将(1938年4月25日 - 1942年7月13日):海兵30期
  • 加藤隆義中将(1938年11月15日 - 1945年6月1日):海兵31期
  • 米内光政大将(1939年8月30日 - 1940年1月16日):海兵29期
  • 塩澤幸一中将(1939年8月30日 - 1940年9月5日、1941年9月10日 - 1943年11月17日):海兵32期
  • 吉田善吾大将(1940年11月15日 - 1942年11月10日、1943年12月1日 - 1944年5月3日、1944年8月2日 - 1945年6月1日):海兵32期
  • 日比野正治中将(1941年9月18日 - 1942年1月5日):海兵34期
  • 及川古志郎大将(1941年10月18日 - 1943年11月15日):海兵31期
  • 住山德太郎中将(1941年11月20日 - 1942年3月14日):海兵34期
  • 豐田副武大将(1942年11月10日 - 1943年5月21日):海兵33期
  • 平田昇中将(1942年11月10日 - 1943年3月15日):海兵34期
  • 片桐英吉中将(1942年12月1日 - 1943年3月15日):海兵34期
  • 近藤信竹中将(1943年8月9日 - 12月1日、大将:1945年5月15日 - 9月5日):海兵35期
  • 野村直邦中将(1943年8月9日 - 10月20日、1944年7月22日 - 8月2日、大将:1945年5月1日 - 10月15日):海兵35期
  • 澤本頼雄大将(1944年3月1日 - 7月17日、1945年5月1日 - 9月5日):海兵36期
  • 高須四郎大将(1944年6月18日 - 9月2日):海兵35期
  • 嶋田繁太郎大将(1944年8月2日 - 1945年1月20日):海兵32期
  • 長谷川清大将(1944年12月30日 - 1945年11月30日):海兵31期
  • 塚原二四三大将(1945年5月1日 - 10月15日):海兵36期
  • 井上成美大将(1945年5月15日 - 10月10日):海兵37期

相关资料[编辑]

军事参议官条例(明治20年6月2日勅令第20号)[编辑]

军事参议官条例(明治20年6月2日勅令第20号)による军事参议官制度的概要由以下组成。

  • 军事参议官设立在军中,审议与军事有关的利害关系。
  • 军事参议官由以下组成。
    • 陆军大臣
    • 海军大臣
    • 参謀本部长
    • 监军
  • 与陆军有关的军务由陆军大臣、参谋本部长及监军审议。与海军有关的军务由海军大臣及参谋本部长审议。
  • 与陆海两军有关的军务则有各军参议官审议。

军事参议官条例(明治26年5月20日勅令第35号)[编辑]

军事参议官条例(明治26年5月20日勅令第35号)による、军事参议官制度的概要由以下以下组成(明治33年勅令第212号改正前制定的概要)。

  • 军事参议官设立在军中,参议与军事有关的机务。
  • 军事参议官由以下组成。
    • 陆军大臣
    • 海军大臣
    • 参谋总长
    • 监军
    • 海军军令部长
  • 与陆海两军有关的军务则由各军参议官参会审议,与陆军有关的由陆军大臣、参谋总长及监军参会审议,与海军有关的由海军大臣及海军军令部长参会审议。